11月11日「人生を変える断食」講座を開催します!

第7回メルマガ:「天災」に対する霊的な考え方3

賭博は日本の勤労観に反する

【メルマガ本文】

前回のメルマガでは、近年頻繁に起こるようになった天災について「地球の波動」を観察したところ、特に「天罰を与えてやる」という意思はなく、淡々と「波動調整(浄化)」をなさっているようだ、というお話をしました。

ただ、日本は「八百万の神々の国」なので、実はいろんなお役割の神様がおられます。

その中には、お怒りの神様もおられます。波動を拝見すると、「お怒りの念」をひしひしと感じます。

ただ「人間の怒り」と違うのは、怒ってはいてもその背景に「厳しい愛」があるのです。

単に怒りをブチまけている、というヒステリックなものではありません。そこには憂いというか一種の「かなしみ」を感じる怒りなのです。

________________________

先日の地震や水害、また酷暑についての報道の中で、「これは天の怒りではないか」と指摘する方が何人かおられました。

これは科学的には証明できないことですが、真っ向から否定できるものではありません。

そういう側面もあるということは、「感性」で感じ取れるものでしょう。

天は、いかなる警告を発しているのか。

________________________

これだけ国際関係が緊張している中で、前回指摘したように、我が国では安全保障の根幹であるインフラに投資をしない。

さすがにあの豪雨水害の影響で予算配分を見直すのは必至でしょうが、さてどこまで未来への投資が実現するものでしょうか。

________________________

最近可決されたIR(統合型リゾート)法案は、経済活性化とかインバウンドとかキレイゴトを言っていますが、結局のところは日本人をさらにギャンブル依存にさせるわけです。

すでにパチンコで十分すぎると思いますが。

賭博によって得た利益を、経済活性化に充てるという発想は、そもそも日本人の「勤労観」に合わないものです。

神道の「高天原(たかまがはら)の神様」は、みな偉くてもお働きになっておられるのです。額に汗をして得た富を分かち合うというのが、日本人の本来の「勤労観」なのです。

いや、経済活性化に充てられればまだ良いのですが、実際は外資系(グローバリスト)に多く吸い上げられたり、裏組織のマネーロンダリングとして利用されてしまったりするだけではないかと懸念しています。

「IR法案の波動(オーラ)」は重たいのです。法整備を厳格にしない限り、うまくいくとは思えないですね。まぁ厳格にすると依存者が減るので、たぶんそれはないでしょうが。

________________________

日本の國體(国体)に合わないことを続け、神道で言うところの弥栄(いやさか=ますますの繁栄)を妨げることばかりしてしまっている。

そりゃ、日本を守っておられる神様の中にめちゃくちゃお怒りの方がおられるのは当然のことです。

________________________

つい先日の台風12号は奇妙な動きでした。日本列島を東から西に横断する台風なんてすごく珍しい。

台風もまた「波動調整」として起こるので、実は多くの台風の波動は悪いものではないのです。

でも「台風12号の波動」は何だか迷っているようなエネルギーなのです。実際の進路も酔っ払いみたいにフラフラしています。

まるで「世界の混乱」や「やり場のない空気感」を反映している気がしています。

どうしてスピリチュアル系のメルマガなのに現実の話が多いかというと、すべての現象は私たちの意識とつながっているからです。

日本で地震が多いのは、科学的には日本列島が太平洋プレート、北アメリカプレート、ユーラシアプレート、フィリピン海プレートの四つの大陸プレートが交差する真上にあるから、という説明ができるようです。

ただ、霊的には私たち一人ひとりの意識が関わっています。

たとえ科学的には自然災害が頻発する条件が整っているといっても、「日本の集合意識」が調和が取れたものであれば、大難は小難で済むのです。

これは個人も同じです。いくら良くない「カルマ」を背負っているとしても、「調和ある生き方」ができていれば、やはり大難は小難で済むのです。

※カルマの説明は「霊的世界入門」をご覧ください。

________________________

なので、異常気象による厳しさを五感で受け止め、「これは天の怒りかもしれない」という感性をも働かせ、その上で「いま自分にできる善きことは何だろう?」と自問自答することが大切です。

この態度が「天命を生きる」土台となります。

「天命」とは天職というより「あり方」なのです。

こちらは過去メルマガのバックナンバー(一覧へジャンプ)です。バックナンバーは本文のみで(文章は一部修正)、「前置き」「編集後記」「告知」はカットしています。また、バックナンバー配信はメルマガ発行から少し後になります。

 

個人的には「前置き」「編集後記」が本文以上に楽しいですね。いち早く「フルバージョン」をお読みになりたければ、「メルマガ登録フォーム」からご登録ください。無料ですし、登録解除も簡単にできますので、お気軽にどうぞ。

 

ご登録後、数分以内に自動返信メールが届けばOKです。もし自動返信メールがなければ、「『メルマガが届かない』対策」をご確認ください。

 

なお、ラーメンではありませんが、メルマガは「理念的」「見えない世界の話」など【かため】or【こってり】の内容が多く、ブログ等の記事は「具体的」「身近な話題」など【やわらかめ】or【あっさり】の内容が多いです。厳密に分けているわけではありませんが、そのようにご理解いただければと思います。