裏メニュー「波動調整」を公開しました

土地やモノを見極める

 

開運グッズ

「見た目の良さ」だけで判断しないこと

モノについては、「波動(エネルギー)が高いかどうか・本物か偽物か・プラスの働きをするかどうか」などを観ます。「愛」や「調和」を欠いているものほど「波動レベル」は下がります。

この地球世界の良い点でもあり困った点でもあるのは、「ある程度までは見た目でごまかせる」ということです。

例えば服を「プチプラ」で買ったとしても、モノの選び方と着こなし次第ではそれなりにサマになります。これは良い点でしょう。あまりお金をかけずにオシャレを楽しむことができるわけですから。これは腕時計やアクセサリーでもそうですね。1万円でも出せばそれなりにキレイなものが買えます。

ただ、「見た目だけでなく、本質もちゃんと見極めないと痛い失敗に遭う」場合があります。後にも述べるように、いくら見た目が美しい「宝石」や「絵画」であっても、波動(エネルギー)がショボいことは往々にしてあります。

そういうものの大半は高額なので、いわば「カス」を掴まされたときの損失は大きいわけです。また、一度購入や契約を済ませた土地や物件は気軽に手放すことができないので、これまた大きな損失です。

「グレードが高い」「めっちゃレア」「有名人御用達」という宣伝を信じて高額を投じる。「世界に一つだけのアイテム」そして「他人との圧倒的な差別化」に悦に入る。しかし、もしそれがパチモン(=偽物)だったら?

厄介なのは、そういったシロモノでも世間的には評価されていることがあることです。

マーケティングの世界では「良いものが売れるのではなく、売れるものが良いものである」という言葉があります。私も含めて「売れている=良い」と考えるのが大衆の心理でしょう。もちろんそれが正しい場合もあるでしょうが、そうでないこともあります。

テレビ、雑誌、クチコミサイトを見て「良さそうだな」と思って行ったお店やサービスが、実際は大したことがなかったという経験はあなたにもあるでしょう。そのレビューには「広告料」か「特定の立場を利する意図」が働いていたのかもしれません。

過去に某芸能人が自分で立ち上げたブランドを、自分で立ち上げたという事実は言わずテレビで高評価していることがありました。バレた後はかなりバッシングされましたが、それがなければ「あの芸能人がオススメしているから良さそうだな」という印象操作は、今も続いているのかもしれません。

ただし、他のページで繰り返している通り、「波動(オーラ/エネルギー)だけは絶対にごまかせない」のです。それは人間であってもモノであっても同じです。だから、いくら世間的な評価とズレがあろうとも、私は感ずるままに、波動の良し悪しをお答えいたします。

というわけで、特に以下に取り上げる事柄は、特に「見極め」が必要なものです。もし必要であればご相談いただければと思います。

  • 土地
  • 物件
  • パワーストーン、宝石
  • 寺社仏閣、パワースポット
  • 絵画、芸術品
  • 食品、サプリメント
  • 音楽、ヒーリングミュージック
  • マニアックな家電
  • ビジネス商材、書籍
  • スピリチュアルグッズ

セッションでご準備いただくこと

「現品」を持ってきていただくのが一番良いですが、「写真」や「ネットの画像」でも結構です。

 

土地や物件の場合は、ネットの画像(写真やストリートビュー)またはご住所を教えてください。

 

「パンフレット」でも結構です。とにかく、観察するものが特定できさえすれば、手段は問いません。

波動のワンポイントアドバイス

せっかくなので、上記でリスト化した事柄についてそれぞれ簡単に解説していきましょう。

土地・物件

例えば、繁華街でしょっちゅうお店が変わる物件があります。まるで「呪われているのだろうか」と疑うほどに。経営の手腕を横に置けば、そういう「物件の波動」はマイナスであることが大半です。賃料の安さや人通りの良さに惹かれて契約してしまうと、思わぬ損失を受けることになります。

例えば、飲食店を営むある会社さんから継続的に物件相談を承っているのですが、売上があまり良くない店舗は不思議と物件の波動も良くありませんでした。

また、ある経営者の方からは「恵比寿から六本木に移転してから、なぜか業績が落ちてしまった」というご相談がありました。「物件の波動」を観てみると、恵比寿は比較的良い一方、六本木はかなり良くないものでした。

もちろん「物件の波動」だけが不振の原因ではないでしょう。いくら波動的に良い場所としても、運営がまずければダメになるに決まっています。かといって「物件の波動」はナメたらあかんものがあるのです。


また、個人においても、引っ越し先の物件の波動が良くないと、調子が上がらないことがあります。これまでのご相談からすると、「明らかな病気や事故に遭うわけではないけど、なんとなくしんどい、なんか知らんけどモヤっとする」という個人の感想が比較的多いようです。

前の使用者の波動が良くない場合、あるいはその土地にマイナスの波動が残っている場合が考えられます。ある程度は「部屋のクリーニング」によって改善できますが、できることなら事前に避けたいものです。

なお、土地や物件の場合、方位や方角を気にする方もおられます。私は「方位学」はわかりませんが「波動の流れとしての方位の良し悪し」は観ることができます。いわば「幸せな未来を選び取る」の方位バージョンですね。もし気になるようであれば、あわせてご相談ください。

ま・・・率直に言って、方位方角はそれほど気にする必要はないと思います。最も大切なのはご自身の波動が安定していることですから。

パワーストーン・宝石

パワーストーンの見た目は綺麗でも、着色や熱処理など機械的な加工が施されていると、波動レベルは落ちます。また宝石などは「業界随一の加工技術・カット技術」などを謳い、たとえ有名店で高額で販売されているものでも、中には質の良くないものが混じっており、「ボッタクリ」と思わざるを得ない場合があります。

たとえたくさんの芸能人、有名人が「素晴らしい」と推薦、絶賛していたとしても、波動がダメなものは「これはアカンやつです!」とハッキリ回答いたします。「嫌われる覚悟」「(周囲と違うこと言うから)あいつアホちゃうかと言われる覚悟」を持って言いますからね(^_^)

なお、波動の良いパワーストーンの購入に関しては、「波動グッズ購買同行」でお手伝いをしています。

寺社仏閣・パワースポット

雑誌やネットの記事で「おすすめのパワースポット」として紹介されていても、波動的には大したことのない場所は少なくありません(伊勢神宮や出雲大社など、波動が別格・別次元の場所は全く問題ありません)。

例えば、このサイトにしては珍しく実名を出しますが、京都の「地主神社(じしゅじんじゃ)」は「縁結び」としてたいてい紹介されていて観光客でかなりにぎわっていますが、波動はずいぶん汚れています。

元来は良い場所だったのですが、人々の身勝手なお願い事=エゴのエネルギーによって、波動的に重たくなってしまったのでしょう。過去に近くを観光したことがありますが、「まぁ別に行く必要ないかな。人ごみもイヤやしな~」と、ついに参拝しませんでした。こういう場所では、あまり期待して祈願しない方が良いです。

逆に、全部を知っているわけではありませんが、名が知れていなくとも素晴らしい神社はあります。そういう場所はあまり人が訪れないため、かえって清浄さが保たれています。タイミングが良いと「ほぼ貸し切り状態」なので、存分に「静けさ」にひたることができるでしょう。

もちろん、お好みの神社を観光や記念で参拝するのは良いのですが、本当に「パワー」をいただきたければ、参拝場所をよくよく吟味する必要があります。

絵画・芸術作品

例えば「部屋の気が上がる絵やアート」や「幸福を呼ぶ七福神像や観音像」を観ます。「風水的に良さそう」「何となく有り難い感じがする」などの理由で部屋に置いたりするのですが、中には大して良くないどころか、マイナスの場合もあるのです。「良さそうに見えること」と「本当に良いかどうか」とは別です。

ただ、アートに対する好みや価値観は人さまざまです。たとえ波動の良くないものであっても「それが好き」という場合はあるでしょう。また、有名な美術館で個展が開催されるほど世間的に評価を受けているものもあるでしょう(以前、都内の有名美術館で鑑賞した「某書家」の作品の波動は重たかったなぁ・・・)。

ここで観るのはあくまで「波動」であり、人の「好み」や「価値観」までは問わないことをご理解ください。

なお、「波動調整(浄霊)の現場」というページの最後の方で、波動の良くない「龍の絵」について解説しています。よければご覧ください。

食品・サプリメント

食を考えるトピックとして、「おすすめの食」という記事をアップしています。ここでは食品を波動的な観点から述べています。見た目は健康に良さそうに見えても、実際はそうでないケースは山ほどあります。文章は例によって長いですが、ご参考になれば幸いです。

サプリメントについては、広告は巧みだけども、実際はあまり効果のないものが少なくありません。特に日本は欧米と比べ、サプリメントの基準がかなり甘いようです。「おすすめの食」でも少し触れていますが、国が認めた「トクホ」の中には、むしろ害のあるものまであるようです。

グレードを大きく分けると【本当に良いレベルの商品】>【ネットワークビジネスで扱うレベルの商品】>【市販レベルの製品】の3段階です。ただし、ネットワーク系のものは宣伝が派手な割には、市販レベル並みのものも含まれているので注意が必要です(なおネットワークビジネスについて、私は中立の立場です。実際に使っていたこともあります)。

波動の良いサプリの一例は「おすすめのモノ・コト」の中で少しだけご紹介しているので、よろしければご覧ください。

音楽・ヒーリングミュージック

たとえヒーリングミュージックでも、作曲者が「これで癒してやろう」という操作的な意識や、不調和な精神状態で作曲していると、それだけ波動は濁ります。中には覚醒剤や麻薬を隠れて使っているアーティストもいるようです。そういう人による作品は、やはり不調和な波動が混入してしまうのです。

余談ですが、たとえ私生活はハチャメチャなアーティストでも、ステージの上では「神がかって、波動が変わる」ことがあります。これはまさに「天才」と呼べる能力です。「人格」と「作品」は切り離せないことが原則ですが、どうやら例外はあるようです。この世はなかなか面白いですね。

ビジネス商材・書籍

ビジネス商材は、社会にとって価値のあるコンテンツやサービスであるほど、波動が輝いています。サプリメントのように、広告は巧みでも実際はあまり価値のないものもあります。特に「成功を煽っているもの」や「過大評価しているもの」は注意です。

私も一応は事業を営んでいるので、ときどきビジネス系の情報に触れることがあります。その際、真っ先にすることは、その情報発信者の波動を観ることです。波動の良くないものにはできるだけ触れないように心がけています。

ただし、たとえ波動が良くないとしても「有益な情報」はあります。要はその情報や知識の活かし方が大切なのです。「包丁」を料理に使うか人を傷つけるかでは、全く価値が変わるように。

なので、「波動が悪い=ダメ」と単純化し過ぎないことです。「すべてのことには、何らかのプラスの意味がある」と、柔軟に考えていくことです。

なお、「おすすめの本」という記事ではスピリチュアル系が中心ですが、価値も波動も高いと感じる本を紹介しています。よろしければご覧ください。

スピリチュアルグッズ

スピリチュアルグッズ(波動グッズ)のレベルはピンからキリまであります。古典的な「壺」をはじめ、「宇宙究極エネルギー入り護符」「5次元エネルギー波動加速器」「意識覚醒を促すアセンションペンダント」「ムー・アトランティスの叡智を結集したピラミッドパワー」など、素人には意味不明な宣伝文句のオンパレードです(笑)

これらが本当に役立つものかどうかを見極めます。まぁ、ぶっちゃけそれらの多くは大してエネルギーはありません。率直に言って大半がゴミです。

なお、波動的に間違いないグッズを手に入れたい方は「波動グッズ購買同行」もご参照いただければと思います。


では、ご相談をご希望であれば、「【重要】料金・注意事項」をご確認の後、「お問い合わせフォーム」からお申し込みください。


他のメニューをご覧になる場合は「セッションメニュー」へお進みください。


2018/08/13 更新