裏メニュー「波動調整」を公開しました

「思い通りの人生」を生きたいですか?

思い通りの人物

前回は「『計画しない』という生き方」というタイトルでした。今回はそれに関連することです。

(なんとかブログの続きを書くことができました。どこまで続くかわかりませんが、まぁ適当に更新していければと思います。前回の最後に申したように、結局はその方が長続きしそうですから)

世の中には、私とは逆に、「計画通りに生きる」タイプの人もいます。それこそ、そういう人は前回申した「フランクリン・プランナー」などのシステム手帳を持ち歩いているのでしょう。いわゆる成功哲学の本が語る通りに、その手帳の中に「なりたい自分」の写真を常にしのばせ、しょっちゅう眺めているのでしょう。昨今では「タスク管理アプリ」なるものをスマホに入れ、文字通りスマートに進捗管理をしているのかもしれません。

大した志もなく飽きっぽい私には到底できることではありませんが、これは性格や価値観の違いによるものなので、そこに良い悪いはありません。

ただ、少し気になることはあります。

その「計画タイプ」で社会的に成功した人が、雑誌やウェブ等のインタビュー記事で、ときおりこういうことを語っているのを目にします。

「自分は過去に考えたことはすべて叶った。思い通りの人生を生きている。やればできる。夢は叶うのだ」と。

私「うーむ・・・それは素晴らしい。誰もが真似できることじゃないし。自分なんか、絶対に無理だろうな」

しかし、ここで天邪鬼かつ極端に考える私は、同時にこうも思います。

「でも・・・本当にこの人は、すべてが思い通りになっていると本気で考えているのかな?」

「その『思い通り』というのは、いったいどの『思い』のことを言っているんだろう?」

いきなり話が飛躍するようですが、いのちの活動時間の範囲は、現象に限って言えば、「生まれること」から「死ぬこと」までです。もし「すべてが思い通り」なら、生まれることも死ぬことも、すべて「思い通り」でなければおかしい。しかし、そんなことはあり得ません。誰もが「明日死ぬかもしれない」可能性を持っています。いつ生まれ、いつ死ぬかは、思い通りになるものではありません(自殺は例外ですが)。

さらには、いつの時代に、どこの星に、どの親の下で、どの性別に生まれてくるかもまた、思い通りにはなりません。気がついたら、人間としての生を享けていたというのが、厳然たる事実ではないでしょうか(あくまで現実に立脚するため、「親を選んで生まれてきた」というスピリチュアルな説はここでは考えません)。

「生死」は思い通りにならない。したがって、その生と死の狭間に起こる、老いること、病むことも同じ。つまり「生老病死」は、人間の思い通りにはならない。かの釈尊は、若き日に人生の生老病死に苦悩し、そこから解脱することを求め、出家されました。「人生とは苦である」という言葉も残されているようです。「思い通りにならないことを、思い通りにしたいと思ってしまうことが、苦の根源である」と喝破されています。

極端であることは承知の上で、私はこのように原理的に考えることを好みます。その地点から先ほどの「すべて思い通りになる」という言葉を聞くと、脳内で黄信号が点滅するとともに、「それ、本気で言ってますか?」と聞き返したくなるのです。おそらくご本人は、本当はすべて思い通りにならないとわかった上で、それでも「信じればできることもあるはずだ」と思い定め生きてきたのでしょう。あるいは「だから夢を諦めるな」という、後進への励ましも込めているのかもしれません。なぜなら、少し考えれば、原点であるところの「生死」は、小さな頭脳の計画など遥かに超越した「大いなる計画」であることは、容易にわかることだからです。

ただ、そういう人が「憧れの人物」「ロールモデル」とされるような風潮があるので、「計画通りの人生」「思い通りに生きられる人生」というのは、魅力があるのでしょう。実際、そういう人の波動を見ていると、勢いがあったり、大きかったりします(その波動がクリアかどうかは別ですが・・・)。そこにニーズがあることは、例えば書店の特に自己啓発のコーナーには、「夢を実現する」「必ず目標を達成する」等のタイトルの本が所狭しと並んでいることからも理解できます。

しかし、その背景にはやはり、「人生は思うようにならないものだ、ままならないものだ」という冷徹かつ動かしがたい現実認識が横たわっているのではないでしょうか。しかし同時に「このままではダメだ」「自分を変えなければ」という不安と向上心の織りなす思いがある。どこかでその現実を認められず、抗ってしまいたい気持ちもある。でも、どうすれば良いのか・・・。

そんな折、偶然ネットの記事や書店で見つけた・・・万難を打ち破り、「すべて思い通りになる」という人生を生きている人物を!

まだ成功の可能性が大きく残されている若い世代であるほど、「すべて思い通りになる人生」に惹かれるように感じます。ただ、年齢を重ねるにつれ、やはり人生はままならぬものだという実存に直面する。そうなると「夢を諦めないこと」ではなく、「夢は破れることもある。しかしその中で何を掴み取っていくか。いかに失敗や挫折から学んでゆくか」という成熟さが求められてくるのではないでしょうか。

・・・こういうことは、実は学生時代からときおり考えていることなのです。先にも言った通り、「思い通りになる人生」にも惹かれましたが、それは本当なのだろうかという問いもずっと抱いていました。変わった人間ですが、だからこそいまこういう仕事をしているのでしょうし、私よりずっと年上の方とも「人生の成功とは何か?」というような話ができるのでしょう。

関連することは、また稿を改めて述べてみたいと思います。