11月11日「人生を変える断食」講座を開催します!

スピリチュアル心霊相談

月讀宮
(月讀宮[つきよみのみや]。隣の伊勢神宮より好きかも。参拝客も少ないのでオススメ)

はじめに

このメニューは、タイトルの通り「主にスピリチュアルな事柄に関するご相談」をお受けするものです。

「波動調整(浄霊)」のご相談についてもここで承ります。波動調整(浄霊)に関しては「波動調整シリーズ」の各ページをご参考にしてください。

また、私が考える「スピリチュアルの基本」については、「霊的世界入門」をご覧いただければと思います。

「日々の現実」に役立つことを

一応「スピリチュアル心霊相談」というタイトルではありますが、基本的には「日々の現実に役立つ範囲でお伝えする」ということを、最初にご理解いただければ幸いです。

「不思議な話」というのは、それに興味がある人にとっては、とても面白く感じるものです。私も職業柄、普通の人よりは好きだと思います。

このサイトではここで初めて言いますが、いわゆる「UFO」を肉眼で見たこともあります。別に見たいと思ったからではなく、たまたま見る機会に恵まれました。別に不思議とは思わず、「そりゃ存在するやろうな」というぐらいの感想です。ただ、一般的には「不思議体験」になるのでしょうね。

だから、このサイトではさんざん「日々の現実が大事です」と言っていますが、かといって「不思議な話をしたら即退場やで!」というカタい考えではありません。「雑談レベル」なら良いと思っています。

ただし、あまり「宇宙人」とか「ナントカ星団」とか話をしたところで、知的好奇心は満たされても「日々の現実」を生きる力にはなりにくいですね。その意味で、一貫して「現実を重視する」のです。

もちろん、その「現実」というのは、大ざっぱに言えば、「目に見える部分」と「目に見えない部分」とに分けることができます。いわば「カードの裏表」のようなものです。したがって、「現実を見つめる」という目的において、「目に見えない部分」に着目することは必要なことだと考えています。

中には「インチキ霊能者にご用心」で述べたような「不可解な現象」に見舞われることもあるでしょう。この種の「深刻なご相談」については、たとえ常識では考えられない「非現実的な内容」であろうとも、真摯にお受けするつもりです。困っていることそのものは、「モロに現実的なこと」だからです。

ぶっちゃけ「不思議な話」というのは、わかりやすい「奇跡」や「神秘性」を謳ったり、あるいは「恐怖心」や「不安」を煽ったりした方が注目は集まります。ビジネスにもなるでしょう。ただ、そうやって活動している方々の「波動(オーラ)」の多くは、正直あまりクリアだとは感じないのです。

別にその「反動」ではないのですが、私の場合は、「地味だけど、無理なくコツコツ実践できる(ガッポリは儲からないが 笑)」スピリチュアルを求めていきたいと思っています。

「ブッ飛んだご相談」もどうぞ

「不思議な話」や「目に見えない事柄」というのは、ある意味「何でもアリ」なところがあります。例えば「光の玉を見た」「手から金粉が出た」「写真に変な人影が見える」「お墓の近くで幽霊を見た」「神仏の声が聞こえてくる」「夢で前世を見た」「宇宙人に出会った」など、さまざまなご相談のケースがあります。

たとえそれが「カン違い」や「精神異常」によるものだとしても、その人にとっては「リアルなもの」なのです。なので、完全に肯定することもできないけれど、「そんなの、ただの妄想だよ」と否定することもできません。

たとえ他の人々からすれば「あり得ない」「異常」「ブッ飛んでいる」ことだとしても、少なくとも私は真摯にお聞きしようという姿勢でいます。

お話を聞きながら、例えば「光の玉らしきもの」や「幽霊らしきもの」の波動を観ていくのです。そうすることで、「あ、この波動ですと、ソレってこういうことですね」というような説明が可能になります。

もちろん、すべてが解明されるわけではありません。ただ、少なくともそれがご相談者さんにとって「プラス」なのか「マイナス」なのか、それとも「プラスマイナスゼロ」なのかは指摘することができるでしょう。

ご相談例(以下に限りません)

亡くなったご家族やご友人に関して

・(いわゆる「あの世」で)いまどんな状態なのでしょうか?元気に生きていますか?

・生前、●●のことで悔い/悲しみ/怒り/心残りがあったように感じるのですが、いまもそれを引きずっているでしょうか?

死者に「元気に生きていますか?」と問うことは奇異に感じるでしょうが、私の立場からすれば「肉体があるかないか」だけの違いであり、そこに大差は感じません。

 

なお、観るのは「この世で生きている人間」と同様、現在の感情や気持ちの「大枠」です。あまり細かいことまではわかりません。例えば「この方は『タンスの上から二番目の引き出しの裏側にヘソクリを隠しているから取っておけ』と言ってますよ」なんてね(笑)


その他

・ときおり家の中から「変な音」が聞こえてくるような気がするのですが、これはどういうことでしょうか?

・「光の玉」or「妖精」or「小人」のようなものが視える(気がする)のですが、これはどういうことでしょうか?(もし存在するとしたら)それは安心できる存在でしょうか?

・写真に「変なモノ」が写っている(ように視える)のですが、これはどういうことでしょうか?

・ある場所を通ったときに何となく「寒気」を感じるのですが、その場所には「何か」があるのでしょうか?

・すでに述べましたが、「憑依」や「霊障」が疑われる物事のご相談をお受けします。


では、ご相談をご希望であれば、「【重要】料金・注意事項」をご確認の後、「お問い合わせフォーム」からお申し込みください。


他のメニューをご覧になる場合は「セッションメニュー」へお進みください。


2018/08/13 更新