禅タロットリーディング講座、格安で個人セッション付きの体験会を行っています。

ヒーリングQ&A

このページは修正中ですが、前に掲載していた文章なので読むことは可能です(2024-06-10 記)

Q:この個別ヒーリングって「レイキ」ですか?

「レイキ」とは、スピリチュアル業界内で最もポピュラーでベーシックなヒーリング技法のこと。

 

詳しくは別メニューの「レイキヒーラー養成講座」をご覧ください。

レイキを意識するときもありますが、お相手によってはほとんど意識しないこともあります。

私はレイキを本格的に学ぶ前からヒーリングを行っていたので、「ヒーリングはレイキだけじゃない」ことを知っているんですね。

それに、同じレイキヒーラーでも、ドラクエのゲームキャラのように「レベル1から99まで」能力値はさまざまな違いがあります。

なので私がレイキ使いなのか他のヒーリング使いなのかはあまり関係なく、大切なのは私が「どのレベルか」なんです。

どんなにスゴそうなヒーリング技を持ってようが、オーラのショボいヤツは何をやってもショボいです(汗)

目に見えない世界なのでわかりにくいものの、どうぞそこを見極める問題意識を持ってください。

Q:どういったヒーリングをされるんですか?

一般公開している「グループヒーリング」のページをご覧ください。

ここでかなり詳しく説明していますよ。

よろしければ下から無料メルマガにご登録いただき、実際に「グループヒーリング」にご参加ください。

考えるな感じろ、体験が一番ですね。

無料メルマガ 登録フォーム

Q:どれぐらい受ける必要がありますか?

かなり個人差があるので「ケースバイケース」としか言えないですね。

「概要」でもお伝えした通り、

【1日30分のヒーリング】を【2日間】行うこと

この流れを一応の基本としています。

ただし、場合によってはこれより短いこともあるし、もっと続ける場合もあります(大事なのは時間の長短でなく満足度や充実度です)。

実際に「1日10分のヒーリング」をしばらく継続して行うケースもありました(今は行っていません)。

なので、ヒーリングの前にカウンセリングを受けていただき、ご相談者さんが一番やりやすい方法をご提案しているわけです。

Q:ヒーリングで恋愛運や金運はアップしないんですか?

たまにいただくご質問なんですが・・・

 

ヒーリングだけじゃ絶対無理です・・・

というか、依存しか生まないので百害あって一利なし。

そんな「寝言」をのたまう自称ヒーラーは断固として拒絶しましょう。

 

冒頭の【概要】では

「現世利益はヒーリングの副産物」

と述べたわけです。

これはヒーリングがきっかけで、人生の課題に対する自分の気付きや学びが深まり、その結果として運命が拓けてくる、ということなんですね。

「ヒーリングを受けるだけですべてが自動的に良くなる」というのは、ずいぶんムシの良い話ですな。

ただ、スピリチュアル業界の中には

「このヒーリングや気功を受けただけで、恋愛運や金運がアップして、素敵なパートナーや金回りの良い仕事に巡り会えますよ」

と宣伝している人もいるんですよね。

そんなことは絶対にあり得ないですけど。

・・・百歩譲って、それで運気がアップするとしましょう。

でも、それって実は「運の借金」なんですよ。。。(´゚д゚`)ガーン

最初は本当に調子が良くなった気がしてテンションが上がる場合もあるんですが、本当は「借金の前借り」で見かけ上はリッチになっているようなもんです。

当たり前ですけど「借金」ばっかりしていたら、「返済額」も「利子」もどんどん大きくなってきますよ。

それをまた「借金」して返済するとしたら、まるで「闇金」と同じ。

それでホンマにええんか? って言いたくなります。

そして、ハッキリ言いますが、そういった「まやかし」のヒーリングやエネルギーワークを行う専門家で、本当に波動(オーラ)の清らかな人物は、ただの一人も観たことがありません。

ただ、本当は波動を観るまでもない話ですよね。

Q:「病気直し」もできるんですか?

うーん・・・できるかできないかは、やってみないとわかりませんね。

過去のヒーリングで不思議と体調が急激に回復した事例はあるものの、これは私の中では「かなり特殊なケース」だと捉えています。

100パーセント良くなることは、残念ながら、一切お約束できません。

そもそも、日本じゃ法律で「医者でない人間は医療行為も診断もできない」って決まってますし。

その難しい背景を説明しましょう。

「病というのは、今までの生き方や考え方の間違いを教えてくれるもの」

と私は考えているんです。

もちろん肉体が衰えてくる高齢者ほど病のリスクは高まって当然ですが、それでもなお生き方や考え方の見直しが問われているわけです(それが「死と向き合う」きっかけになることもあるでしょう)。

たとえ

「自分が間違った生き方なんてしていないのに・・・」

「こんなにいい人がなんで大病に・・・」

と、人情としては受け入れられないケースだったとしても、必ず何かが問われている。

これがスピリチュアル的な物の見方です。

だから病が癒えるためには、医学的・生理学的なアプローチとは別に、これまでの自分のあり方を見つめ直す必要があるんですね。

なので、もしヒーリングによって病が癒えたとしても、それによってせっかくの「内省の機会」を失うとしたら、それって本当に「良いこと」なんでしょうか?

何が言いたいかというと、

病気直しを目的にヒーリングを申し込んでいただいても結構ですが、それには先ほどお伝えした「成長」と「学び」を真剣に求めているかどうかが問われている

わけなんです。

もちろん、医学的・生理的なアプローチも、できる限りおやりになること。

私は個人的にクスリに頼らない生き方をしていますが、とはいえ西洋医学を完全に否定はしているわけではありません。

一部のスピリチュアル屋はクスリを完全否定していますが、私はそのメリット・デメリットをよく調べた上で必要だと感じたら利用したら良いのでは、と思っています。

(とはいえ、クスリにべったり依存するやり方は、さすがに間違いだという考えです)

あわせて、これまでの生き方、考え方を真剣に見つめ直すこと。

あと、当たり前ですが、衣食住をはじめとした生活習慣も、できるだけ健康的なものにすることです。

「暴飲暴食しても、胃薬を飲めば大丈夫」なんて、愚かな考えですからね。

これまでの生き方の内省と生活習慣の改善によって「深い気づき」が生まれ、波動(オーラ)が高まれば、ヒーリングが功を奏する可能性も高まります。

ただし、それでも100パーセント良くなることはお約束できません。

たとえ人事を尽くしても、それが寿命であるならば、まだ時が至らないならば、いくらヒーリングを行っても難しいでしょう。

「”時”っていつだよ?」って聞かれても、「人間の分際」では知る由もないでしょうね。

よって、最終的には

「天命を待つ」

「天にゆだねる」

ことが求められます。

「生かされている」私たちは、ただ人事を尽くすしかありません。

これもまた【マジスピ】、つまり「真のスピリチュアル」としての厳しさ。

少なくとも私たちは、悔いの残らないように、いまやれることをやり切るしかありません。

ま、「ハッキリ言ってくれよ」と思われるでしょうけど、「ヒーリングで病気直しができますよ!」とハッキリ言う方が、この世の法的にも、そしてスピリチュアル的にも「罪」なのであります。

その意味では、まず常識的にできる治療法を試みて、それでもなお改善が見込めないなら、そのときはじめてヒーリングを検討された方が現実的・常識的ではないでしょうか。

私は無理にヒーリングをセールスするつもりはありません。

ヒーリングはお互いの信頼関係がとっても大事です。

その意味で、私は私のスタンスや考え方に深く共感いただいている方にだけ、ヒーリングを行いたいと考えています。

※「ヒーリングで病気が治るのか?」については以下のブログが参考になります。

スピリチュアルヒーリングで病気は治せるか レイキで病気は治せるか? 末期ガン治療にスピリチュアルヒーリングが後押しした事例。なかなか治りにくい人の心理。

認知症や意識不明などの場合

なお、ときおり「認知症」や「意識不明の重体」などが原因で、ご本人と直接コンタクトが取れない場合があります。

 

ヒーリングは原則、ご本人の許可をいただいて行っているものの、こういった場合はご家族など周囲の方々のご許可をいただいて行うことがあります。

Q:「カルマ」もヒーリングで解消できますか?

「カルマ」を簡単に言えば、過去に積み重ねてきた想いや行いの集積で、特に「悪い因縁」や「悪い運命」というネガティブな意味で使われることが多い言葉です。

で、カルマをこのヒーリングで解消できますか? っていうご質問ですが・・・

 

絶対できません。

 

わかりやすく言えば「自分のケツは自分で拭け」ってことです。

無条件で他人に自分のケツを拭いてもらえるのは「幼い子供」だけですよ。

よく電話占いなんかで

・「あなたの因縁を解消します」とか

・「あなたの悪縁を断ち切ります」とか

アピールしている占い師がいますよね。

それは「あなたのケツをワタシが拭いてあげるわよ~」って言っているようなもの。

これって冷静に考えたら、めっちゃキモい。。。

自分で生み出したカルマは、自分で責任を取るのが、ダイヤモンドよりも固いオキテ。

たとえそれを知らなくたって、自分のことは自分でやった上で誰かに依頼するのは、自立した大人として当たり前のこと。

その大前提が守れないなら、どれほど素晴らしいヒーリングを受けようが意味がありません。

「たとえ理不尽に思える出来事であっても、ぜんぶ自分に原因があるんだ」

この認識が、カルマ解消への「はじめの一歩」なんです。

ヒーリングは、あくまであなたの歩みの伴走者、つまり学びや気づきのサポートに過ぎません。

ケツを拭くのはあなた自身、道を歩むのはあなた自身。

私には「いい年こいた他人のケツを拭く」なんてアブノーマルな趣味は1ミリもありませぬ(汗)

たとえ途中で痛みがあったとしても「自分で自分のケツを拭く」勇気を持つことができたら、カルマなんて半分消えたようなもんです。

 

そして、内省や内観を通じて「人生の学び」や「人間としての成長」が得られたとき、その深さに応じてカルマは消えてゆくんですよ。

さっきも言いましたが「このヒーリングを受けただけで、みるみる開運できた~!!」なんて宣伝は、まやかしに過ぎませんからね。

そうやって「現世利益」につけ込んで商売する業者の波動(オーラ)は、別に私みたいに観えなくたって「すごく重たいだろうな~」って想像がつきますよね?

結局、自分を癒すのは、どこかの偉いセンセーではなくって、どこまで行っても自分なんです。

だ不思議なことに、健全な自己責任感が持てる人は、ヒーリングを受けていただくことがきっかけで「何かが変わる可能性」はあります。

あくまで「可能性」ですが、過去にそう感じざるを得ないケースもあったことは補足としてお伝えしておきますね。