メルマガにご登録いただいた方に「3つのプレゼント」があります!

【ブログ】「引き寄せの法則」はスピリチュアルじゃない?

磁石

「引き寄せ」は自己啓発の一種である

こんにちは。

スピリチュアリスト / 波動カウンセラーの林 昭裕です。

 

前回は「思い通りの人生を生きること」について、少し考えてみました。

スピリチュアル業界でよく言われる「引き寄せの法則」というのもまた「思い通りの人生を生きる」ということのバリエーションの一つだと言えるでしょう。

「引き寄せ」というのは、もともとスピリチュアルではなく「自己啓発」や「成功哲学」のカテゴリーである、というのが私の見解です。

「引き寄せブーム」に火をつけた本は『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』または『ザ・シークレット』でしょう。

そもそも『引き寄せの法則』の著者のご夫婦は、成功哲学の元祖『思考は現実化する』のナポレオン・ヒルが開発した成功プログラムを売っておられたようです。

そして、あの本の内容は著者が「エイブラハム」という地球外の存在から受け取った(らしい)メッセージがベースになっています。

それは厳密に言えば「スピリチュアル」ではなく「スピリチュアルテイスト」「スピリチュアル仕立て」なのです。

そのことからも、ああいった本を通じて語られる「引き寄せ」は、もともと「自己啓発」や「成功哲学」のカテゴリーだと理解しています。

この本の内容の是非はまた別の機会に述べるとして、新たなスピリチュアル市場を開拓したという意味では、画期的な本ではなかったでしょうか。

「引き寄せ」はマイルドな自己啓発

ゴリゴリの自己啓発はイヤ。

あからさまな「成功」とか「お金」とか、そんなんじゃない。

いまの自分は「本当の自分」を生きられていない。

もっと私らしく、ミラクルにハッピーを起こしたいのよ。

・・・そういった「マイルドな自己啓発的ニーズ」には「引き寄せ」がピッタリでしょうね。

ただし「自己啓発」や「成功哲学」と同様、今もなお次々と「引き寄せ本」が出ているということは「本当に引き寄せが実現できている人はあまりいない」ということを示しています。

これを冷静に理解しないと、あれやこれやと繰り出される「引き寄せノウハウ」に翻弄されることになるでしょう。

ただ、いつの時代も人の心の中から「思い通りの人生を生きたい」「欲しいものを引き寄せたい」という願望が消えることはないので、今後も様々なアレンジを加えて「引き寄せ本」は出続けます。

そのうちネタ切れのため意味不明なアレンジが増えていき、例えば「『7次元波動』で引き寄せはさらに加速する!」みたいなやつが出てくるんじゃないですかね(笑)

だいたいそういったコンテンツの「波動」はめちゃくちゃですけど。

あっ、もしかしてそれが「7次元波動」ってことなのかな・・・

本当に「引き寄せ」が必要なんですか?

このサイトをある程度ご覧の方なら想像がつくでしょうが、私はあまり「引き寄せ」には関心はありません。

しかし「引き寄せを考えること」にはかなり関心はあります。

それで「引き寄せ “ない” 法則」を唱えているわけです。

「・・・っていうか、引き寄せってホンマに必要なん?」という問題意識があるのです。

別に「引き寄せ」や「引き寄せ屋さん」にケンカ売りたいわけじゃないんですよ(笑)

ただ深い意図もなく「世の中の流れ」とはついつい逆の方向を見てしまう困った性分なのです。