【メルマガBN】「本当の自分」を思い出す1(2018年9月30日発行)

メルマガのバックナンバー」は「本文のみ」です。フルバージョンでお読みになりたけれは「無料メルマガ登録」からお手続きください。

自分探しの旅の1日目
(画像は「ボケて」から。ドンピシャの画像です 笑)

今回からの新テーマ
かなり抽象的な話になりますが、今回からしばらく「本当の自分を思い出す」というテーマでメルマガを発行していきます。

「自分の役割」を思い出したとき

こんにちは。

スピリチュアリスト / 波動カウンセラーの林 昭裕です。

 

先日、久々に先生にお会いしました。

ホームページ内の「自己紹介」のページに書いているように、いまの自分が在るのはこの方のおかげです。

まだサラリーマンだった自分に、起業願望もさほどなかった時分に、「林さんは将来スピリチュアルな仕事をしているでしょう」と言ってくださったのはこの方です。

もう10年以上も前のこと。

先日、改めて先生とその話をしたとき、

「あれは林さんに思い出させてあげただけですよ」

とおっしゃっていたことが印象的でした。

「自分探しの旅」からは戻れない

思い出す。

本当にやりたいことを、本当にやるべきことを、思い出す。

「本当の自分を思い出す」というのは、スピリチュアルの中でも重要なテーマです。

ただ、「本当の自分を思い出す」というのは「自分探し」とは似て非なるものです。

現に「自分」は「いま・ここ」に在るわけです。

他のどこでもなく、「自分」は確かに、ここに在るではないですか。

ここに在るというのに「自分を探す」というのは、いったい「何を」探すということになるのでしょうか。

よーく考えてみると、きっとよくわからなくなるはずです。

だって、すでに自分は「在る」のに「無い」ものとして、ここではないどこかに「自分探し」に行くわけですから。

ここに往々にして「自分探し」が徒労に終わる理由があるように思います。

だから私は半ば冗談で「自分探しの旅に出て、戻ってきたヤツは一人もおらへん」と言うのです。

「自己受容」としての自己探求

もちろん自己探求のスタイルは人それぞれなので、中には「自分探しができたぞ! ついに突き止めたぞ!」と快哉を叫ぶ方もいるかもしれません。

それをスピリチュアル業界では「覚醒体験」とか「ワンネス感覚」とか言いますね。

この境地は今の私には理解できませんが・・・。

いずれにしても、それは「自分を探せた」というよりは「本当の自分を思い出せた」というのが、より正確な表現ではないでしょうか。

つまり、「外に在る自分の理想像」をくっつけたのではなく、「すでにここに在る自分」に対する認識がグッと深くなったということだと思うのです。

まぁ前者をもって良しとする方もおられるでしょうが、それが外からくっつけられたものである限り、いずれは崩れ去っていきます。

個人差はあるでしょうが、「自分探し」は自己否定的な側面が強い一方、「本当の自分を思い出す」というのは自己受容的な側面が強いのです。

そんな「本当の自分」とはいったい何なのかということを、今回からしばらく考えてみようと思います。

あくまで「深く考えるためのメルマガ」です

先にお断りしておきますが、このメルマガを読んだだけでは「本当の自分」は思い出せないですよ。

だって、そんなん、私も知りまへんがな(笑)

それに、これは「永遠のテーマ」なのですから。

改めてお伝えしておきますが、メルマガは何らかの答えを提示するというより、深く考えるためのテーマを提供するという趣旨です。

「お手軽なスピリチュアル」ではないのできっと万人ウケしないでしょう。

それでもなおこの趣旨に共感していただける方は、どうぞじっくりお付き合いいただければ幸いです。

 

(このメルマガは2018年9月30日発行分を加筆修正したものです)

 

この文章は過去のメルマガのバックナンバーです。バックナンバーは「本文のみ」で「前置き」「告知」「コラム」「編集後記」はカットしています。また、バックナンバーはメルマガ発行から少し後になります。

 

個人的には「本文以外」の方が楽しいですね。いち早く「フルバージョン」でお読みになりたければ「メルマガ登録フォーム」からご登録ください。無料ですし登録解除も簡単にできるので、お気軽にどうぞ。

 

ご登録後、数分以内に自動返信メールが届けばOKです。もし自動返信メールがなければ、「『メルマガが届かない』対策」をご確認ください。