11月11日「人生を変える断食」講座を開催します!

レイキヒーラー養成講座

手のひらの癒し

こういう方のお役に立てます

この「レイキヒーラー養成講座」は、以下のいずれかに当てはまる方が対象です。

  • 「スピリチュアルヒーリング」の中で最もポピュラーである「レイキ」を学び、自己研鑽を深めていきたい。
  • 自分も「レイキヒーラー」として「癒しの道」を歩んでいきたい。
  • ヒーリングを通じて「セルフケアの技法」を学びたい。
  • カウンセラー・セラピスト・エステティシャン・美容師・看護師・介護士・接客業などの対人援助職の「癒しのプラスアルファ」としていきたい。
  • レイキの愛と調和の波動を活かし、人間関係の改善、本心からの願望実現、真の自己実現を加速させていきたい。
  • スピリチュアルの基本・哲学・実践方法を、体系的に効率良く学習していきたい。
  • レイキの学びを通じて、霊的な感性を高めていきたい(レイキはハンドヒーリングなので「手」の感覚が鋭くなる)

いずれの動機も「学びたい」「成長したい」「何かを改善したい」という意欲は共通です。

学ぶより受けたい方は
なお「ヒーリングを受けたい方」は「波動調整シリーズ」をご参考にしてください。いくつか条件はありますが「ご自身で決めた金額」で受けることができます(予告なく変更することがあります)。

レイキについては書籍でもネットでも、玉石混交ながら多くの情報が出ています。なので関心のある方は、このページだけでなく他も参考にされることです。

せっかくお時間を割いてご覧いただいているので、読んでいただくだけでも何か得ていただければと願っています。このページは当サイトの中でも文章量が多いですが、それは「ちゃんと説明したい」という思いからです。それをご理解いただければ幸いです。

「レイキ」とは何か?

臼井甕男先生
(レイキ創始者の臼井甕男先生・Wikipediaより)

レイキとは「氣」や「プラーナ」などの名前で呼ばれる、宇宙に満ちている「生命エネルギー」の一つです。レイキヒーリングとは、ヒーラーがレイキエネルギーをより多く受け取り、それを「手のひら」を通してクライアントと分かち合うことにより、心身を調和へと導く行為のことです(ただし医療行為ではありません)。

スピリチュアル業界には多くの「●●ヒーリング」がありますが、その中でレイキは最も有名です。そのため「レイキ」で検索をかければ、多くのレイキスクールの情報が出てきます。

特に「波動調整(浄霊)の基本」のページで述べているように、この宇宙にはいろんな波動が電波のように飛び交っています。その中に「癒しの波動」や「ヒーリングエネルギー」は存在します。

スピリチュアル業界、セラピー業界に多くあるエネルギー的な「●●ヒーリング」というのは、それが本物であるなら、その創始者がその波動(エネルギー)を極めて繊細な感覚でキャッチすることで生まれます。

レイキであれば創始者の臼井甕男(うすいみかお)先生が、後にレイキと名付ける「癒しの波動」を感得されたわけです。

どうやって感得されたのかは私たち凡人の理解を超えているので、ここでは「まぁそういうものかな」とそのまま理解されると良いでしょう。

それよりも「心身の調和や健康に役立つかどうか」と、実用的かつ合理的に考えた方が賢明ではないかと思います。

これまたメカニズムは詳しくわかりませんが、そういった創始者が受け取った癒しの波動を、私たちはいわば「のれん分け」のような形で受け取ることができるのです。

これは宗教的にいえば、物質を超えた「神の愛」ともいえるでしょう。「万人が等しく受け取れること」そして「分かち合えば増えてゆくこと」が「神の愛」と言える理由です。

したがって「ヒーリングとは愛の実践である」ともいえます。

「波動を観ること」が仕事の私からすれば、レイキの波動は「とても穏やか」に観えます。やさしくて、ふんわりしているようなエネルギーなのです。

小春日和の陽光」のような感じでしょうか。「真夏のギラついた太陽」のような強さはありません。

一部の人にしか扱えない特殊なエネルギーではないからこそ、研鑽を積みさえすれば誰でも取り扱うことができるのです。

宇宙に満ちるレイキエネルギー

肉体活動を維持するには、さまざまなエネルギーが必要です。その中で最も大切なものは空気の中にあります。これは誰も異論はないですね(違うと思うなら1分間息を止めてみましょう!)。

科学的に見れば、空気の成分は多い順に窒素、酸素、アルゴン、二酸化炭素、その他です。

この「その他」の中に科学的には未解明ですが「目に見えない生命エネルギー」が充満しており、私たちはそれを呼吸とともに取り込んでいます。

現段階の科学では「酸素」が最も大切なのは言うまでもありません。しかし実は「目に見えない生命エネルギー」を欠くと、肉体の維持は困難になるのです。

レイキは宇宙に満ちているエネルギーなので、当然ながら空気の中にも存在しています。私たちはレイキの存在を知っていると知らざるとに関わらず、呼吸とともにレイキを吸収しています。

たとえ知らなくともレイキは吸収できますが、レイキを積極的に意識することにより、その何十倍、何百倍ものレイキを取り込むことが可能になるのです。

この「レイキヒーラー養成講座」では、その方法を学ぶわけです。

レイキは旧漢字では「靈氣」(今の書き方だと「霊気」)と書いていました。この旧漢字の形からは、厳かな雰囲気を感じます。おそらく「靈妙な(人知を超えた)」「氣(エネルギー)」という意味が込められているのでしょう。

レイキはそもそも大正時代、先ほどお名前が出た臼井甕男先生が創始されたものです。それがある事情で途中から日本でなく海外で発展を遂げ、「REIKI」として逆輸入されました。

「REIKI」は日本では「西洋式レイキ」と呼んでおり、この方法論が現在のレイキヒーリングの多くの基礎を占めています。

ちなみに、日本人のレイキヒーラーは海外の方から一目置かれるようですね。「本家本元のジャパニーズヒーラー!」と。太極拳でも中国人が行うと「本場感」が出るようなものでしょうか。

「レイキは誰でもできる」のは本当か?

レイキ関連の書籍やレイキスクールの広告には、例外なく「レイキは誰にもできる」「才能、努力、修行は必要ない」等の表現がされていることでしょう。これらは「マーケティング的な甘い誘い文句」なのでしょうか。

「甘い誘い文句」は注意深く観察する私でも、これは間違っていないかなと思います。私も「レイキはとてもやさしくできるもの」だと考えています。

しかし一方で「レイキは決して安易なものではない」とも考えているのです。

安易な道はない
というのは「心身の調和・癒し」という、これだけで人生の最も深いテーマになり得るような事柄に、安易な道などないに決まっているからです。

 

「チョコッと学んで、他人をサクッと癒せる人間になろう」と簡単に考えていては、ほとんど何もできません。確実に言えることは「レイキ屋」の預金口座が増えることでしょうか。

 

常識的に考えて「人を支える」「人を助ける」というのは、それが専門的になればなるほど簡単なものではありません。「ヒーリングの世界」もまたそうです。後にも詳しく述べますが、まずは「自己研鑽」「自己浄化」に徹する時期が必要なのです。

 

「スピリチュアル研修ビジネス」は全般的に「安易さ」が混じりやすいものです。イージーでキラキラした方が集客しやすいからです。その結果、波動のショボい「なんちゃってヒーラー」が出てきてしまうわけです。

 

あなたはカッコだけの「なんちゃってヒーラー」からヒーリングを受けたいとは思いませんよね? だからもしレイキを学びたいなら「安易な道はない」という真っ当な心構えを強く持っていただきたいと願っています。

でも「滝行」や「断食」のように、肉体に大きな負担がかかる「厳しい修行」は必要ありません。

求められるのは「誰でもできるやさしい方法」を、継続して実践してゆく「小さな意志」です。

方法そのものは難しくないし、多忙であればより簡潔に行うこともできます。ただ、奥はとても深いのです。

いま上の段落で「小さな意志」と述べたのは理由があります。普通は何かを学ぶことにおいて「強い意欲」はあった方が良いでしょう。

しかし、皮肉なことにヒーリングの世界は「ほどよく力が抜けている状態」の方がプラスに働くのです。

自力で頑張っている状態というのは、逆に他力としてのヒーリングエネルギーを拒んでしまうからです。それが「修行」や「努力」は不要ということのもう一つの意味です。

だから、むしろ「小さな意志」を抱き、少しでも実践を積み重ねることが大切です。

「名人」になれずとも「上手」にはなれる

水上のダンス

レイキは「誰にもできる」かつ「やり方がとてもシンプル」であるため、レイキを学びたい「需要」とレイキを教えるスクールの「供給」はまだまだ多くあるように感じます。

ただレイキ修得後の自己研鑽への取り組み度合いは、個人差がかなりあります。「資格だけ取って終わってしまいがち」なのはレイキも例外ではありません。

またレイキスクールの「指導の質」にもかなりの差があります。いろんなスクールの波動(※)を観ていますと、残念ながら「安かろう悪かろう」の場所は少なからず存在しています。

カタチだけ真似してもそれなりに教えられてしまうことが主な理由でしょう。レイキは目に見えないエネルギーだけに、いくらでもゴマカシがきいてしまうのです。

もちろん、これは私も自戒すべきものです。

※人間と同様、組織や集団にも「波動(オーラ)」があります。例えばネットでレイキスクールのサイトを眺めていると、そこの波動(全体の雰囲気や調和度)がわかるのです。中には「不穏な空気」に満ちたスクールも存在するので選ぶには注意が必要です(まぁ自分のことは棚に上げて述べていますが・・・)。

レイキヒーラーの実力の差は、ちょうど「車の普通免許」のようなものです。普通の判断力や健康、学習意欲があれば誰でも普通免許は取得できます。

でも取得後は「ペーパードライバー」もいる一方、F1のレーシングカーを乗りこなすまで極める「プロドライバー」もいます。一口に「車の免許を持っている」といっても両者の実力は天地の差です。

当然、後者の道に近づけば近づくほど才能も努力も必要なので「誰にもできる」わけではありません。

ただ、私たちは続ける意欲さえあれば、「名人」にはなれなくとも「上手」の域には到達できると思うのです。レイキも少なくとも上手の域であれば「誰にもできる」可能性は十分にあります。

ここで「ヒーリング能力=素質×心のキレイさ×意識の持ち方×練習量」という公式を考えてみました。

「素質」は変えることができません。「心のキレイさ」はかなり時間をかけて目指すものです。その意味でこの2つの向上が難しいでしょう。

しかし後半の「意識の持ち方」と「練習量」の2つは、やる気次第でいくらでも積み重ねることができます。そしてこの2点を高めていくに伴い、自然に「心のキレイさ」も高まっていきます。

こう述べる私自身、どこまで心がキレイかはあなたのご判断に委ねるしかありません。ただ少なくともヒーリングの実践をやめない限り、よりキレイになるプロセスを歩んでいることになります。

「合理性」と「探究心」とのバランス

先ほど述べた「西洋式レイキ」の学習は(指導者養成コースを除くと)レベル1から3まであります。この3つのレベルを1日で修了するスクールは少なくありません。

この「スピードマスター感」は、良くも悪くも西洋特有の「合理化」「効率化」の考え方から来ています。

一方レイキ創始者である臼井甕男先生がご存命の頃は「レベル1」で数年、「レベル2」でも数年の研鑽が課せられていたようです。さらにその中で素質と意志を見込まれた一握りの人材のみ「レベル3」まで学ぶことを許されたようです。

昔の武道を思わせる、いかにも日本的な「道」の厳しさですね。元々のレイキ修得はそれほど厳格なものだったことだけは、同じ日本人の私たちは知っておいた方が良いでしょう。

「安易な癒し」を求めない
というのも、レイキは単なる「ヒーリングのお勉強」ではなく「限りない自己成長」を大切な目的とするからです。

 

そもそも臼井先生ご本人は最初から癒しの技法を得ることが目的ではなく、「真理とは何か?」「人間はいかに生きるべきか?」と道を求めておられました。その途中で行き詰まりを感じ、やむなく断食瞑想にすべてを投げ棄てた結果、いわば「副産物」としてレイキのエネルギーを掴まれたのです。

 

「あくまで『副産物』としてレイキのエネルギーを掴んだ」という師のエピソードからわかることは、レイキを深く学ぶためには「自己研鑽」「自己成長」を第一の目的する心構えが必要だということです。

 

その自己成長に伴い、自然とレイキエネルギーを受け取る量が増え、ヒーリングの力も増してゆくわけです。

師の道を求める厳格さには敬意を表しつつも、当時の修練方法は相当な時間がかかります。当時より変化が激しく複雑な現代においては、継続的な実践を大前提とした上で効率良く学ぶことも必要かと思います。

幸い「西洋式」にはレイキの学び方が合理的かつ効率良くまとまっています。しかも先ほども述べた通り「修行」という重たいものではなく、やる気さえあれば「誰にもできる」内容です。

なのでせっかく学ぶのなら、手応えを感じるまで続けていきましょう。

レイキとの出会い

梅田ヘップファイブ
(HEP FIVE公式HPから拝借)

ここで、私がレイキと出会ったきっかけを述べたいと思います。少し脱線になりますが「どんな人物から学ぶか」ということも大切ですから、私を知っていただくエピソードとして誇張や虚飾をできるだけ避けて述べてみます。

※自分のことを中心に述べている部分なので、読みたい方だけクリック(タップ)してください。

スピリチュアル的な事柄に興味を持ち始めたのは大学時代です。その時期に書店(たいてい大阪・梅田の紀伊國屋書店)に行けばたいていレイキの関連書が置いていました。特に癒しを必要としていたわけではありませんが、純粋な興味として学びたいと考えていました。

そのころ学んでいた「数秘学」(今はセッションで使っていません)の某先生のお弟子さんが梅田でレイキアチューメント(レイキ伝授)をされているのを知り、そこで「レベル1~3」を受けました。当時はまだ小さい場所だったため、かなりアットホームな雰囲気の中で学ぶことができました。

(なお今はすっかり繁盛されていて、その先生の波動は当時よりますますクリアです。その頃の私はまだ波動が観れなかったものの、そういう良いスクールとご縁をいただいたのは有り難いことです)

ちなみにそのサロンのBGMとしてかかっていた音楽が非常に心地良かったので音源を尋ねたところ、フランク・ローレンツェンの『クリスタルボウルの響き』というCDでした。今でもときどきセッションルームで使っているぐらい好きな音源です。

また今は興味がなくなり手放していますが、その場にはスピリチュアル業界で有名なドリーン・バーチュー女史の「エンジェルオラクルカード」も置いてありました。これが「カードリーディング」に興味を持つきっかけにもなりました(現在カードリーディングは行っていません)。

他にはその先生が「神社好き」ということもあり、おすすめの神社をいくつか教えていただきました。学び始めのこの時期、レイキ以外にもいろいろと収穫がありました。

レイキを修得してからは、特に食品に対してヒーリングの実験を楽しく行っていました。面白いことに、水にレイキすると味がなんとなくマイルドになるのです。

また当時はタバコを吸っていたのですが(今は禁煙して10年近く)、タバコにレイキしてみると、不思議とタールやニコチンの毒素が軽減されて味がスカスカになるのです。レイキしていないタバコとしているタバコとを吸い比べ、レイキの効果を感覚を通じて確かめていました。

タバコの他に、牛乳やポテトチップスやカップラーメンにレイキをしたらどうなるか・・・等、かなり楽しんで練習していたことを覚えています。

本来は空間や遠隔地、自分の過去や未来にもヒーリングできるのですが、当時はそういった「時空間」に対する関心が薄かったため、偏った好みでレイキを使っていました。

なお、もしあなたがヒーリングを志すなら、身体に良くないタバコは吸わないことを強くおすすめいたします。過去に教えをいただいた先生の中には「タバコを吸う人はヒーラーを名乗る資格などない!」と言う厳しい方までおられたぐらいです。

 

もちろん「一服の気分転換」はなかなか良いものであるのは経験者として知っていますが、現代は「喫煙=不健康」というイメージは払拭できず、ヒーラーとしては致命傷です。本当にヒーラーなら気分転換はタバコよりレイキで行うことです。

アバンダンスなエクスカリバー!!

しかし、私はもともと飽きっぽい性格です。そのうち他のさまざまなヒーリングやエネルギーワークに関心が向かったことで、レイキからはだんだん遠くなりました。

他に興味を持ったのは「心霊(神霊)系のヒーリング」です。例えば「セント・ジャーメイン・バイオレット・エクスカリバー」とか「アバンダンティア・アバンダンス・レイ」とか「宇宙連合●●のヒーリングエネルギー」とか「●●星団の守護の波動とつながる●●プログラム」とか・・・

こういうものを初めて見聞きすると、きっと「なんじゃそりゃあ?」と怪しく感じてしまうでしょうね。積極的にご紹介するつもりがないのでリンクは貼りません。興味のある方は検索してみてください(多くの人はムダに検索したくなるはずです 笑)。

まーこういう一般的にはよくわからないシロモノが、この業界にはたっっっっくさんあるんですよね・・・。

このサイトでは「興味本位のスピリチュアル」はなるべく避けていますが、学び始めの時代は「何でも見てみたい」と、マニアックな事柄にも少し手を出していました。

ただ、そこでの収穫は正直少なかったからこそ、「あまり興味本位に偏るのは良くない」と現在は考えているわけです。

その数年後、「自己紹介のページ」でも述べた通り今の師匠に出会い、自分に霊的能力があることを知りました。そして師匠を通じて「波動調整(浄霊)」を学ぶことになってからは、レイキは参考文献を本棚に残すだけで日常で実践するということはなくなりました。

「他のヒーリングは必要ないかもな。波動調整さえできたら十分やな」という考えだったのです。

まさかそれから約10年後、一応捨てずに保管しておいた参考文献が役に立つとは思いませんでしたが・・・。

「夫婦ゲンカ」でレイキに目覚める?

夫婦喧嘩のときに現れる正体不明のヒーロー
(画像は「ボケて」より)

そんな私がレイキの価値を再確認するきっかけを作っていただいたのは、親しくしている「あるお客さん」からのご要望でした。

個人セッションの中でいろんな方と話をしていると、ときどき「ヒーリングってどうやって学ぶんですか?」「何がおすすめのヒーリングはありますか?」というご質問をいただきます。その都度「レイキは基本なのでおすすめですよ~」とだけお答えしてきました。

具体的に「●●のスクールがおすすめ」ということは調べていなかったのでわからず、「ネットにいくらでも情報がありますから、あとはご自分でお調べになってくださいね」と言うだけでした。

せいぜい「このレイキのスクールは信頼できそうですか?」とご質問いただいたときに、そのスクールの波動(集合意識)を観ることぐらいでした。

その中で、前からレイキにご興味をお持ちだった方から「レイキを林さんから学びたい!」という強いご要望をいただいたのです。ネットでいろんなスクールを調べたけれど、どれもあまりピンと来なかった、と。

ただ、私はレイキは「レベル3」までは修得しているのですが、最後の「レベル4」である「指導者養成コース」までは受けていなかったのです。教えることにはまだ興味がなかったからです。

そのときは「私はティーチャーの資格を持ってないんですよね・・・ごめんなさい」と丁重にお断りした上で、いろいろ波動を観た中で一番良いと感じた某スクール(利害関係は一切ありません)をしばらくおすすめしていました。


しかし、あるとき改めてそのスクールを観てみると、どうも波動が以前より重たくなっているのでした。

「あらら? なんかあったんかな?」と疑問に思ったのですが、それから近いうちに、なんと先ほどの方とは何の面識もない他のお客さんから、そのスクールのことでご相談があったのです(不思議ですよね~)。

ご相談内容を簡単に言うと、「そこの先生の夫婦関係(夫婦で一緒に仕事をされているようです)が悪化して、それが原因かはわかりませんけど、私はその先生から性的な関心を持たれているようなんですね・・・その先生は私のことをどう思ってるんですか?」と・・・。

なんてこった・・・そんなことが!!

特に夫婦で一緒に事業をされている場合、「夫婦関係の悪化」は事業の波動にも悪影響を及ぼします。これは波動が観えなくたって、感覚的にわかりますよね。「なるほど・・・だから波動が悪化したわけやな(オレも気をつけんとアカンな・・・)」と納得しました。

その結果、自信を持っておすすめできる場所がなくなりました。もちろんちゃんと探せばあるに違いありませんが、そこまで調べる意欲はありませんでした。

実は「林さんから受けたい」と何度かご要望をいただいたときから、なんとなく「やっぱりやった方がええかな・・・」という感覚はありました。だから過去におすすめしたスクールではもう難しいとわかったとき「じゃあ自分がやるしかないな」とやっと決意したわけです。

まぁ「過剰な意味付け」をしたいわけではありませんが、やっぱり人生には「流れ」というものがあるなぁ・・・と感じるのです(それをメニュー化したのが「幸せな未来を選び取る」です)。


それ後、いろいろなスクールを意識的に調べ「この方は良い波動をお持ちだな」と感じた先生からレベル4(ティーチャーコース)を受けることにしたのです(「波動を観る」のはこういうときに便利ですね)。

レイキはかなりブランクがあったので「レベル1」からすべて学び直すことにしました。本当は「レイキは一度修得したら一生そのエネルギーは失われない」のですが、これからいろんな方々に教えて差し上げるわけなので、教え方を学ぶという意味からも最初から学び直そうと思ったのです。

そのおかげでこれから述べる通り、改めてレイキの良さを再認識することができました。

十数年ぶりにレイキを学び直して感じたことは、先にも述べましたが、「レイキはシンプルで奥が深かったんやな」「やっぱレイキはスピリチュアルな学びの基本やな」ということでした。最初に学んだのはスピリチュアルに関心を持ち始めた頃だったので、まだその価値をあまりわかっていませんでした。

ただそれから十数年経ち、すべてではないもののスピリチュアルをいろいろ体験してきました。その上で改めてレイキの良さを感じたのです。

ティーチャーコースまで学んだ後は、先ほどのお客さんをはじめ、ホームページで告知はせずクローズな場でレイキ伝授を行っていました。

なぜ一般公開しなかったかというと、もはやレイキはスピリチュアル市場にたくさんあふれており、別に自分が強く推進してゆく必要はないかなぁ、と考えていたからです。すでに述べた通り「波動調整だけで十分やん」と思っていたわけですね。

ただいろんなお客さんと接する中で、他にもたくさんのレイキスクールがあるにも関わらず、有り難いことに「林さんからヒーリングを学びたい」というお声が少しずつ増えてきました。

そのお声を受け、一般メニューとして公開することにしたのです。

レイキは地味ながら100年の歴史

地獄のミサワ・惚れさせ871
(「地獄のミサワ」惚れさせ871より。ウザいですね 笑)

世の中には「ヒーリング」がたくさんあります。検索しても書店に行っても「●●ヒーリング」がたくさん出てきます。情報があふれかえっていて一般の方にはよくわからない。これが正直な実感ではないでしょうか。

それらの中には「高い効力」「奇跡」「神秘性」を謳っているものもあります。

例えば「次世代の●次元波動の●●ヒーリング」「アセンディッドマスター●●とつながるスピリチュアルヒーリング」「幸福を引き寄せるオーラアクティベーション」や「アバンダンスエナジーシャワーで金運アップ」「運命の人と出会うハートチャクラヒーリング」等です。

現代は「多く検索され注目を集めること」が大事なので、「神秘」「奇跡」「この世的なメリット」を強調する傾向が強くなるのです(初めてこの種のカタカナ語に触れる方は意味わからんでしょうが 笑)。

ただ偉そうなことを言えば、それらの中で本当に良いと感じるものは少ないのです。ヒーリングに関して情報発信している人の多くは、その波動をチラッと観ると不調和であることが少なくありません。

これは残念ながら「スピリチュアル業界あるある」なのです。

それらの「スゴそうに見えるヒーリング」に比べ、レイキは全般的に地味です。

レイキは最も有名かつ歴史もあるため、ちょっとこの業界を知っていれば『ちびまる子ちゃん』の花輪君みたく「今どきレイキなんて古いぜベイビ~( ̄ー ̄)フッ…」と感じる人もいるかもしれません。

もっとも最近ではレイキ自体も、人の目を引きやすい「引き寄せの法則」や「願望実現」などのキーワードを組み合わせたものが出ています。とはいえそれらの波動を観ても派手さや露骨さはさほど感じません。それはやはり「レイキの地味さ」が背景にあるのでしょう。

ただ、地味とはいえレイキは「ロングセラー」です。創始者の臼井甕男先生がレイキを感得されたのが1922年なので、もうすぐ「100年」になろうとしています。これは注目に値することです。

ベストセラーのような爆発力や瞬発力はないけれど、地道に愛され続けている。先ほど「レイキは穏やかでふんわりした波動」と述べましたが、まさにこの性質の通りに展開しているのが興味深いところです。

もちろん「レイキはヒーリング最強」と断言はいたしません。自分が知らないだけで、他に探せば優れたヒーリングはあるでしょう。

でもなんだかんだ言ったって、長く残っているものには「理由」があるはずです。なので何を選べばいいか迷ったら「歴史」から判断することは最も手堅い基準だろうと思います。

「スピリチュアルの基本」を感性で学ぶ

新緑のイメージ

では、ここからレイキの学びについて具体的に述べていきます。まずは全体像です。

レベル1:レイキの基本的な考え方と「物質」へのヒーリングを学ぶ
・・
レベル2:「物質へのヒーリング力アップ」および「感情」「遠隔地」「過去/未来」へのヒーリングを学ぶ
・・
レベル3:「レベル1・2の強化」および「霊的な哲学」「霊的成長の方法」「高次元世界との関わり方」を学ぶ

 

※「レベル4」は指導者養成のティーチャーコースです。現時点ではメニューとしては行っていません(特にご要望があれば一度ご相談ください)。

レベル1は「基本知識の習得」と「ヒーリングの基本を学ぶ」ことがメインです。

レベル2の「感情のヒーリング」は基本的なものですが、その後の「遠隔地へのヒーリング」と「過去/未来へのヒーリング」関しては少し不思議な印象を受けるかもしれません。

レベル3は上の字面を見れば感じるように、なかなかスピリチュアル度が高い内容を含んでいます。

最後の「高次元世界との関わり方を学ぶ」ことについて少し補足しておきましょう。

これは「波動が観えるようになる」とか「神仏と会話ができる」とか「ブッ飛んだ能力」を磨くことではありません。わかりやすく言うと、自分が何かに「生かされている」「導かれている」ということを、日常においてより深く自覚してゆくための考え方、物の見方を学ぶということです。

ヒーリングを学ぶだけならレベル2までで良いでしょう。ただレベル3まで学んだ上で実践を重ねるとヒーリング力も高まりますので、この講座はレベル3まで学んでいただくことを前提にしています。

レベル1から3まで学ぶことによって、スピリチュアルの基本や哲学を一通り抑えることができる。これがレイキの良い点です。

書店の本棚でタイトルを見ればわかることは、スピリチュアル業界では「引き寄せ」「ソウルメイト」「オーラ」「過去世」「守護霊」などのキーワードが断片的に語られることが多いということです。

一方レイキは「ヒーリング」というメインの軸はあるものの、マニアックになることなくスピリチュアルの基本を抑えることができます。

また単なるお勉強の知識ではなく「癒しの波動を体で感じることができる」のもレイキの良い点です。

たとえ「レイキの波動ってこうなんですよ」と言葉で百万回説明しても、一回のレイキ体験には勝てません。その体験があればこそ、知識も理屈抜きで受け入れることができるものです。

普通の人はオーラも過去世も守護霊もなかなか感じられません。けれど、癒しの波動は個人差はあるものの五感で感じることができるはずです。この点においてもやはりレイキは優れた学習ツールだと思うのです。

「アチューメント」でレイキ伝授

このレイキ講座では各レベルごとに「アチューンメント」(レイキ伝授)と呼ばれるイベントがあります。

「アチューメント」というのは「波長を合わせる」という意味です。語源が同じである「チューニング」と表現した方がわかりやすいかもしれません。

つまり指導者(のレイキ受信アンテナ)を通じ、あなたにレイキをつなぎ合わせるということです。このアチューンメントは「ちょっとした儀式」で、いかにもスピリチュアルっぽい印象を受けるかもしれません。

痛みを覚えたりすることはありませんのでご安心を。ただ「頭がなんとなくジリジリする」「全身にあたたかさを感じる」「リラックスのあまり眠くなる」ことはあるかもしれません(前日はできるだけ睡眠を取っておくことです)。

一度アチューンメントを受けると、たとえその後ブランクがあろうとも、一生レイキの波動とつながることができます。

例えば「東京FMの電波は80.0メガヘルツだな」と一度でもわかれば、しばらくラジオを使わない時期があっても、アンテナを80.0メガヘルツに合わせれば受信できますよね。それと同じです。

ただし不使用のまま放置した「レイキの受信アンテナ」は鈍くなったりサビついたりしているでしょうから、感度を戻すためにレイキの実践を再開する必要があります。

レイキだけでは面白くない

アチューンメントの前後では、全50ページ程度の「専用テキスト」を用いて講義を行います。

ときどき見られる「改行しまくりのスカスカ文章」ではなくかなり情報量があるので、主要なポイントに絞り込んで説明いたします(テキストは差し上げます)。

「読めばわかること」はご自宅で自習していただければ済む話です。なのでこの講義ではあなたのご関心に応じ、テキストに書いていないこともお伝えします。

スピリチュアル的な事柄にかなり詳しい方であれば、このサイトではあまり触れないマニアックな領域まで踏み込むかもしれません。逆にスピリチュアルは今までそれほど関心がなかったという方には、基本的な事柄を徹底的に説明するかもしれません。

レイキ専門家ではないので
このように、講座を通じ「スピリチュアルの基本」を学んでいただくという前提の上、レイキに限らない解説も行います。

 

そもそも私は「レイキヒーラー」「レイキティーチャー」というより、実際に霊的な能力で仕事をしている「スピリチュアリスト」ですから。

 

私は「波動調整(浄霊)」というレイキとは直接関係のないヒーリングも行っています。その意味でレイキにこだわり過ぎず講義を進めた方が個人的には意義深いし、おそらくあなたにとってもよりプラスではないでしょうか。

 

レイキは誰が教えても基本的な事柄は共通しています。なので私はその上に「リアルな現場感」や「自分の個性」を上乗せしていけたらと思います。

講座のスケジュール

講座には「2日間コース」「1日集中コース」があります。

いずれもマンツーマンによる講座です。

2日間コースが圧倒的におすすめ
「2日間コース」は、1日目の2日目の間に「自己学習の期間」があります。この期間に実践してはじめてわかることや、それに伴う疑問点も出てくるはずです。

 

この期間中に出てきた疑問はご質問いただければお答えします。このフォロー体制を背景に安心して自己学習に取り組んでください。

 

そうして積み上げた実践体験をもとに2日目に臨むので、「1日集中コース」より深い理解が得られやすいのです。

 

その意味で、よほどのご事情がなければ「2日間コース」をおすすめいたします。決して費用面のみでお考えにならない方が良いでしょう。

 

ただし、遠方にお住まいの方・時間の確保がとても難しい方・レイキを学び直したい方は「1日集中コース」もお考えいただければと思います。

2日間コース

【1日目】

2日間コース・1日目
・時間:10:00~17:00(ランチ休憩と小休憩あり/終了時間は多少延びる可能性があります)

 

・内容:レベル1・2

 

・場所:当セッションルーム

無農薬・無肥料の玄米菜食ランチ付きです(玄米ご飯・お味噌汁・小鉢1~2品)。「波動が良い食べ物」「”氣”が多い食べ物」をいただきましょう。「おすすめの食」でご紹介している厳選した食材をお召し上がりいただきます。一般的なスーパーの食材とは質が全く違います。見た目はかなり質素ですが、召し上がった方は異口同音に「ある意味すごく贅沢ですね!」とおっしゃいます。どうぞお楽しみに!

玄米菜食ランチ例
(左上はリンゴではなくナシウリ。軽く塩を振ってあります)

上の写真は玄米菜食ランチの一例です(小鉢の中身はその時期の旬の野菜です)。

1日目と2日目の間は「最低21日間」開けます(実際に開けるのは約1ヶ月、長くとも3ヶ月程度です)。

この最低21日間の期間はレベル1・2で学んだ内容の「自己学習」として必要な期間です。

この期間は「セルフヒーリング」を実践していただきます。もし疑問点があれば「3回までを目安に」ご質問できます。

メールか電話でご回答いたします(ご質問は1回につき、主要な1~2点に絞り込んでください)

【2日目】

2日間コース・2日目
・時間:13:00~17:00(小休憩あり/終了時間は多少延びる可能性があります)

 

・内容:レベル3

 

・場所:当セッションルーム

講座終了から3ヶ月以内に限り、何か不明点があれば「3回までを目安に」ご質問できます。

メールか電話で回答いたします(ご質問は1回につき、主要な1~2点に絞り込んでください)。

1日集中コース

1日間集中コース
・時間:10:00~18:00(ランチ休憩と小休憩あり/終了時間は多少延びる可能性があります)

 

・内容:レベル1・2・3

 

・場所:当セッションルーム

「2日間コース」より、要点を絞り込んだ内容となります。また、時間の制約上、レイキ以外の内容にはあまり触れられないものと思います。

こちらも「無肥料無農薬の玄米菜食ランチ付き」です。

1日集中コースもまた、講座終了後3ヶ月以内に限り「3回までを目安に」ご質問できます。

メールか電話で回答いたします(ご質問は1回につき、主要な1~2点に絞り込んでください)。

事前にご準備いただくもの

事前の準備
・筆記用具(専用テキストは当日お渡しいたします)

 

・十分な睡眠(レイキの波動を受けるとリラックスして眠くなる可能性がありますので、できれば前日はゆっくりお休みになってください)

 

・当日はリラックスできる服装でお越しください(タイトな格好ではリラックスしにくいので)。

 

・アチューメント時はアクセサリー類は外していただきますので、指輪、イヤリング、ブレスレット等はあまり多くない方が良いでしょう。

 

・予習としてこのページを一通り読んでいただくと、講座内容の理解はよりスムーズです。

 

・「目に見えない世界」「頭では理解できない世界」をとりあえず受け入れてみる心構えが大事です。

水やお茶等の飲み物はこちらで十分に用意いたします。

特に受講後は波動(エネルギー)の新陳代謝が高くなっているため、水をたくさん飲むことをおすすめしています(私もレイキ研修後は水をたくさん飲みます)。

ちなみにご提供する水は「おすすめのモノ・コト」でご紹介している「パイウォーター」に、さらに「氣」を入れたものです(どうやって氣を入れるかは講座でご説明しましょう)。またお茶も無肥料無農薬ですので、楽しみにしておいてくださいね。

料金・注意事項

2日間コース】150,000円(税込)

 

【1日集中コース】120,000円(税込)

 

※他のスクールでレベル3まで修了されている方の「再学習」は、上記から22,000円割引いたします(レベル2までの方は適用外)。

 

※過去に当方で受講された方の「再受講」は60,000円(税込)です。再受講は「1日集中コース」のみといたします。

 

※料金は事前に一括でお振込みいただきます。振り込み先は「よくある質問」の中に記載しています。お手数ですが、文字リンクからご確認願います。

 

※キャンセル規定

 

・「開催日から7日間前までのキャンセル」は全額返金いたします(例:15日開催なら、7日の23時59分までの申し出)。
・「1週間前から2日前までのキャンセル」は20%返金(8日0時から13日の23時59分までの申し出)
・「前日キャンセル」は50%返金(14日0時から23時59分までの申し出)。
・「当日キャンセル」は返金できませんのでご容赦ください。

 

もしご都合が合わなくなった場合、当日体調が優れない場合等は、別日程に振り替えることで対応いたします。

 

※価格や講座内容は予告なく変更する場合があります。

7つの特典

レイキ専用テキスト

専用テキスト付き

上の写真。全50ページ少し。最近はキングジムの「テフレーヌ」という薄くて便利なA4バインダーを使用しています。

玄米菜食ランチ付き

※2日間コースの2日目は除きます。

修了証付き

文字通り「修了した事実」を証明するだけであり、実力を保証するものではありません。

無料相談付き

【2日間コース】は、「1日目終了後~2日目開催まで」に3回まで、そして「講座終了後から3ヶ月以内」に3回まで。

【1日集中コース】は、「講座終了後から3ヶ月以内」に3回まで。

※ご質問は1回につき、主要な1~2点に絞り込んでください。メールか電話で回答いたします。

フォローセッション

「講座終了後から6ヶ月以内」であれば、30分間電話でセッションを行います(レイキ以外のご相談はお受けできません)。

不定期ヒーリング

すべての受講者の方に対し不定期で「レイキヒーリング」をいたします。事前告知はいたしませんし何らかの効果もお約束できかねますので「おまけ」ぐらいのご理解に留めていただければ幸いです。

再受講可能

「1日集中コース」を通常料金の半額である6万円(税込)で受けていただくことができます。

質疑応答

「どのようなレイキスクールがおすすめですか?」

根本的には波動(オーラ)の良いレイキティーチャーを選ぶことです。良い人柄であることはもちろん、スピリチュアルな実践と見識を兼ね備えた方が望ましいのは言うまでもありません。

失礼ながら、見た目は良さげでも波動が良くない方は少なくないので、よくよく吟味する必要があります(当然これは私にも問われることですが)。

ただそれをホームページの文章や写真だけで見極めるのはかなり難しいでしょう。もし気になる方がおられたら、手前味噌ですが「占い師霊能者を見抜く!」というメニューで波動を拝見することもできます。

「絶対ウチで受けたほうがええで!」なんて勧誘はいたしませんのでご安心を。


事後学習ができる「充実したテキスト」があるかどうか確認しましょう。どうやらテキストのないスクールもあるようなので注意です。

料金の安いスクールは、学習のトータル時間が短かったり、複数人で受けたりする傾向があります。この点をしっかり確認しましょう。

複数人の場合、アチューメントの時間が短くなったり、理解の一番ゆっくりな方に進行を合わせたりするので、より深い学びを望んでいる場合は、多少なりとも不満が残るかもしれません。


フォローアップ体制がしっかりしているか確認しましょう。講座終了後の質問の可否、レイキの練習会の有無、再受講制度の有無などがあるかどうかチェックされることです。

当方では過去の受講者さん同士が集まってレイキの練習をする、というような場はご用意していません。これはマンツーマンを重視しているためです。ただ、人によってはご不満かもしれませんね。


「レイキを学びさえすれば、すべての物事がうまくいく!」と、メリットをあまりに強調するスクールに対しては、疑ってかかるぐらいがちょうど良いでしょう。また、霊的な能力の覚醒を強く謳うスクールも注意が必要です。

レイキをただ学んだだけでは、一般的な資格と同じで何の役にも立ちません。レイキは継続的に実践してナンボです。

「レイキヒーリングと波動調整との違いは何ですか?」

レイキも波動調整も同じ「ヒーリング」ではありますが、内容はかなり異なります。

特に「波動調整の応用」などや「波動調整の現場」を読んでいただければお分かりと思いますが、波動調整は主にスピリチュアルなお困り事に対して行うものです。

レイキも修練を積んでいけばスピリチュアルな問題にも対応できるでしょうが、その前に自己成長や自分のリラクゼーションなど「まず自分を癒すこと・軽くすること」のがメインです。

またレイキヒーリングは文字通り「レイキ」という波動を使いますが、波動調整ではどんな波動を使うかはご相談内容によって変わります。

その意味では難易度が高いものなので、現時点では波動調整をレイキのように体系的にお伝えすることはできません。

「出張は可能ですか?」

「往復の交通費」+「出張費」+「当日入りや日帰りが難しい場合は宿泊費(ビジネスホテル程度)」をいただければご訪問いたします。

「出張費」は東京、千葉、神奈川、埼玉は「1万円」です。この一都三県を除く関東圏、中部、関西は「2.5万円」です。それ以外の地域は「4万円」です。これは1日当たりの金額です。【2日間コース】は以上の2倍になりますのでご注意ください。

場所については「ご自宅」や「事務所の会議室」などの「完全個室の静かなスペース」でお願いいたします。

「レイキにはいろんな種類があるようで、どれを選んでいいのかわからないのですが?」

姓名判断や占星術のように、レイキにも様々な流派があるようです。

もともと日本発祥の「靈氣」が海外で「REIKI」として展開されるにつれ、もっと自由にレイキを解釈しようという動きが出てきたようです。

中には「一通り学んだ後は自由にアレンジしていいよ」と教える団体もあるようです。それが現在様々な「●●レイキ」があふれている一因かと思われます。

「良さげに聞こえるヨコ文字」をつけたがるものが多いですね。その中には創案者の臼井甕男先生が教えていないことや「我こそ臼井式レイキの真の継承者なり!」と主張しているレイキスクールもあるようです。

調べれば調べるほど「いったい何を信じりゃいいの?」と混乱するかもしれませんね。ただ先にも述べたように「良い人柄と十分な研鑽と知識があること」が唯一の判断基準です。

「教える内容のスゴさ」で判断してはいけません。いくらスゴそうな教えであろうと、それを扱う人間がショボければ何をやってもショボいのです。


私が学んだのは創案者の臼井甕男先生の「伝統レイキ」です。いま振り返ると、あまり奇抜なものでなくて良かったな~と思います。今と違って判断基準がなかったので運が良かったと思います。

なので私がお伝えするレイキも伝統に則ったスタンダードなものです。斬新さはないかもしれませんが、非常に安定した内容かと思います。

二人で参加できますか?

すでに「受講はマンツーマンです」とお伝えしていますが、例外として「カップル」や「ご夫婦」であれば承ります。

もしパートナー同士でレイキを実践されるなら「相乗効果」で単に「1+1=2」ではなく3にも4にもなるので、それは活かした方が良いに決まっています。

こういうスピリチュアルな事柄というのは、一人のパートナーは強く関心があっても、もう一人は否定的であることが少なくありません。

それはある種の「バランス」ではあるのですが、それが行き過ぎてお互いを束縛していることもあるのです(だからときおり「夫がいないスキに来ました」というご相談者さんがおられるわけです・・・)。

その意味で、お互いヒーリングに関心があるというのは素晴らしいことです。ちゃんと継続的に実践さえすれば、家庭に大きな「愛と調和」をもたらすことは間違いありません。

なので基本はマンツーマンですが、「カップル」や「ご夫婦」の場合は例外的にお受けいたします。

ただし「ちょっと部屋が手狭になること」「通常よりもアチューメントに時間を割くこと」をご了承ください。その代わりお値段は「2日間コース」に限り税込 280,000円(お一人様10,000円引き)でお受けいたしましょう。


2018/09/03 更新