コロナ対策として「無料ヒーリング」を行っています!

無料遠隔ヒーリング

このページでご案内している無料遠隔ヒーリングはメルマガ登録が必須なので、もし読んでいただいてご興味が出てきたら、お手数ですが「無料メルマガ登録」してくださいね。

※ヒーリングの受け方の再確認としてこのページをご覧になる場合は、以下の目次の「開催スケジュール」以降をご覧ください。

風が薫る癒し

動画解説(レイキヒーリングも含めたスピリチュアルヒーリングとは何か)

大枠の内容は動画で語っています。


【動画の内容】
・遠隔ヒーリングって何なの?
・どういう効果があるの?
・どうやってヒーリングするの?
・ 実名でのメルマガ登録をお願いする理由
・ヒーリングを受ける注意点
・呼吸法のレクチャー
・意欲のある方は参加表明を

※上で動画が見れない場合は

動画を見る

こちらからどうぞ。

「無料遠隔ヒーリング」の概要

まずヒーリングについて簡単に説明すると、

「目に見えないプラスの波動(エネルギー)をあなたと分かち合うことによって、心身のリラクゼーションにつなげる営み」

ということです。

「プラスの波動」と言われてもよくわからないと思うので、もう少し詳しく説明しましょう。

例えば

・植物の種は栄養を含んだ土と水さえあれば、放っておいても芽を出し成長する。

 

・赤ちゃんは育つ環境さえあれば、黙っていても背が伸びる。

 

・少しぐらいのケガであれば、時間が経てばやがて自然に治る。

・「病は気から」と言われるように、”気”分がマイナスになると病”気”になるし、”気”持ちがプラスになれば回復に向かってくる。

その「いのちを活かす力」や「自然に治る力」のことを【プラスの波動】【プラスの氣】と言っています。

このヒーリングではその波動/氣を分かち合うわけです。

そのようにして、何かとストレスの多い日々の中に「リラックス」や「落ち着き」を取り戻してゆく、ということですね。

ただし、

ヒーリングの注意点
・実感には個人差があります。

 

・たとえ実感が得られなくても、ヒーリングの波動は確実に届いています。

 

・実感を得ることを強く期待すると、かえって何も得られなくなります。

ということをご理解願います。

スケジュールは以下の通りです。

  • メルマガ配信日の午後10時から15分間、
  • メルマガ読者さん全員に対し、
  • 一斉に遠隔ヒーリングを行います!
※ときおり都合によりスケジュールを変更することがあります。

もしあなたの中に、

  • 「リラクゼーション」や「ストレス解消」を習慣にしたい。
  • スピリチュアル的なヒーリングを通じ、「波動の世界」を感じたい。
  • 自分の内面世界を深めたい。
  • 瞑想的・内観的な時間を持ちたい。
  • 「個別ヒーリング(波動調整/浄霊)」を受けるためのステップとして受けてみたい。
  • 意欲さえあれば誰でもヒーリングできるようになる「レイキヒーラー養成講座」を受けてみたいけれど、本当にコイツは信用できる人間なのか確かめたい。

などのお気持ちがあれば、ここで述べる内容がお役に立てるでしょう。

ただし、

「へぇ~、何かエネルギーでも送ってくれるの? じゃあその時間は酒でも飲んでバラエティ番組でも見ながら待ってるよ~」

といった受け身や放置プレーでは、当たり前のことですが、ほぼ意味なしですよ。

言うまでもなく、積極的にご参加いただいた方が良いです。

「参加表明」で個別ヒーリング
もしあなたに前向きな意欲があれば、このページの内容をご理解いただいた上で、毎回のメルマガに

 

■「お名前」(実名または周知のビジネスネーム)

 

■「今夜のヒーリングに参加します!」のひとこと

 

を記載していただき、直接「参加表明」のご返信をください。

 

遠隔ヒーリングはメルマガ読者さん全体に行いますが、「参加表明」をいただいた方に対しては、ときおり個別に意識を向けます。

 

せっかく積極的に受けるなら、「参加表明」した方がいいですよね~。

 

ただ返信するのは手間なので、「季節のご挨拶」や「近況報告」などは省いていただいて結構ですよ。

 

もちろんメルマガのご感想などをいただけたらうれしいですが、どうぞお構いなく。

 

そして、反復や習慣が大切なので、この「参加表明」は何度していただいても結構です。

 

「何回もお願いするのはちょっとな・・・」と遠慮される方もおられるのですが、後にも述べるようにこれは「自分のため」でもあるので、全然OKですよ!

以上が概要です。

もしヒーリングを積極的にお受けになりたければ、以下に理由を述べていますが、ぜひ「実名」でメルマガ登録してください。

「実名」か「ビジネスネーム」でご登録いただきたい理由

なお、「ペンネーム」や「イニシャル」でメルマガ登録していただいている方は、ヒーリングを十分に受けることができない可能性があります。

私が波動(オーラ)を「観る」だけなら、別に「ペンネーム」でも「源氏名」でも大丈夫です。

けれども、ヒーリングを受けるには積極性が大切であることを踏まえると、ペンネームでのご登録だけでは不十分かもしれません。

一応、匿名でご登録の方にもヒーリングの波動はお送りいたしますが、これから述べる理由によって、それを受け取れるかどうかはわかりません。

もちろん「無料でヒーリングが受けられるらしいから、とりあえずテキトーに登録だけしとけ~」という態度だとしたら、受け取るのはかなり難しいですよ。

なんでこういうことを言うかというと、「実名」(または周知のビジネスネーム)でメルマガ登録するには、私への「それなりの信頼」がなければならないからです。

良いヒーリングを生み出すには、お互いの信頼関係が極めて大切です。

別に私の中に「個人情報を悪用してやれ!」という魂胆は皆無です。

そもそもどうやって悪用するのかもわからんし・・・(例えば名簿を業者に売ったとしても、大金になるほど読者数はまだ多くない)。

それでも「実名で登録すること」って、ちょっと心理的なハードルがあるかもしれませんね。

ましてスピリチュアル業界は匿名性が他の業界より高いので、人によってはなおさら抵抗があるはず。

そんな中、実名でご登録いただけるとしたら、やっぱり私に対して「コイツは大丈夫そうだ」という信頼を抱いておられるはずなんです。

そういった信頼感のない、疑っているヤツから繊細な波動(エネルギー)を扱うヒーリングなんて、よほど敏感な人でもない限り受け付けられないでしょう。

とはいえ、「匿名で登録している=疑いがある」と言いたいわけではないですよ。

中にはメルマガの文字情報だけで満足される方もおられるでしょうから、それはそれで全然OKなんです。

ここで言っているのは、あくまで「ヒーリングを積極的に受ける」という目的がおありなら、ぜひ実名でのご登録をお願いいたします、ということですね。

もし以上を読んでいただいて「最初はペンネームで登録したけど、気持ちが変わったよ」という方は、お手数ですが、

 

1:「実名」または「周知のビジネスネーム」を直接ご連絡いただく

 

2:メルマガ文末の「解除フォーム」から一度登録を解除し、再登録する

 

どちらかを行っていただけたらと思います。

「遠く離れた場所」へもヒーリングできる

さて、ここから少し具体的な話をしましょう。

ヒーリングには「手当て」という言葉の通り「直接相手に触れる方法」があります。

これに対し「気功のように遠隔で行う方法」もあります。

ここでは後者の「遠隔で行う方法」で行います。

例えば、私は「千葉県松戸市」にいて、あなたは「ニューヨーク」におられるとしても、まるで「気を飛ばす」ようにヒーリングができてしまいます。

不思議といえば不思議ですが、これは「事実」なんですよ。

実際、有料で「個別ヒーリング」というメニューをお申し込みになる方がおられます。

※厳密に言えば「料金はご自由」で、寄付みたいなカタチで行っています。

これも「遠隔」で行うのですが、もし全くのデタラメだったら、わざわざ有料で申し込むわけないですよね。

何らかの結果を得ていただいているからこそ、個別にご依頼されているわけです(ただし先ほども述べた通り「特別な実感」が伴わなくても大丈夫ですよ!)。

なので、まずは「へー、距離が離れていても、ヒーリングってできるんだな」と、できるだけ素直に信頼していただくことが大切です。

 

というのも、さっきも述べた通り、「エネルギー的なヒーリング」は、相手を疑っているとあまり受け取れなくなってしまうからです。

「タダほど怖いものはないしな・・・マジでコイツ大丈夫か?」

なーんて疑っているとしたら、このヒーリングは難しいですぞ。

もちろんそうやって疑ってしまうのは私が未熟だからなので、どうぞお気になさらず。

ヒーリングよってに起こる感覚を信頼すること

さきほどは私に対して信頼してくださいね、という話をいたしました。

次は「ご自身を信頼してくださいね」という話です。

つまり、ヒーリングによってご自身に起こる(かもしれない)「感覚」や「感情」を信頼する、ということです。

「信頼する」のは「すべては必要があって起こっている」と理解することから始まります。

個人差はかなりありますが、ヒーリング中に以下のようなことが起こる場合があります。

※全く何も感じないも多くあります。

・とても眠たくなる。

 

・からだがなんとなくダルくなる。

 

・からだのどこかに痛みが生じる(頭や胸など)。

 

・ネガティブな感情が湧いてくる。

 

・涙やあくびが出てくる。

 

・やたらと雑念が湧いてくる。

 

・ヒーリング後、しばらくぼーっとする。

・・・というようなことが起こる可能性があります。

こういうことが起こると、なかなかヒーリングに集中できないかもしれません。

特にネガティブな感覚や感情が湧いてくる場合、慣れていないと「大丈夫かなぁ・・・」と不安になるでしょうね。

しかし、すべては必要があって起こっている、ということを理解してください。

一時的にネガティブな感覚が沸き起こったとしても、それは

「ヒーリングが起こっているプロセス」

だということを、できるだけ信頼していただくこと大切です。

もし上記のようなことが起こったら、水を気持ち多く飲んでいただき、ゆっくりおやすみになってくださいね。

幸い、これまで遠隔ヒーリングを受けていただいた方のご感想をお聞きしていると、一時的にネガティブっぽい状態になることがあっても、一晩ゆっくり寝れば落ち着くようです。

そして、その後、何か内面的な気づきがあるとか体がラクになった(気がする)とかいう方もおられます。

ずいぶんヒーリングを行ってきましたが、「マジでめっちゃヤバい状況」に陥ったことは、一度もありません。

なので、ぜひ安心して受けてください。

ただし、決して無理はしないことですよ。

万が一「これはかなりしんどいな・・・」と感じることがあれば、ヒーリングはすぐおやめになることです。

すぐにやめて、「今回はもう終わり!」と心の中でリセットすれば大丈夫ですからね。

「無料」で行う3つの理由

とはいえ「なんで無料でやるの?」という疑問はあるでしょうから、ちゃんとお答えしておきましょう。

私の目的は主に3つです。

  1. メルマガご登録の御礼そして「スピリチュアルの実践の機会」を提供するため。
  2. 自分の「ヒーリング能力」をもっと高めていきたいため。
  3. 「個別ヒーリング」「レイキヒーラー養成講座」にもご興味を持つきっかけにしていただきたいため。

順番に説明していきましょう。

1:メルマガご登録の御礼そして「スピリチュアルの実践の機会」を提供するため。

メルマガ発行者が有名人でない限り最初に思い知るのは、「たとえ無料であっても、メルマガに登録していただくことは思ったより簡単ではない」ということです。

ましてスピリチュアルな業界の中には怪しい団体や人物が少なからず存在しているので、登録したらヘンな連絡が来るかも・・・と心配される方もおられるでしょう。

そんな中、まだ知名度のない私が発信する情報に興味を持っていただくことは、とても有り難いことです。

だからその「御礼」として、ヒーリングの機会をご提供しようと思ったわけです。

私のメルマガを通じ、あなたには「実践的なスピリチュアルの知識」を得ていただくだけでなく「ヒーリングというスピリチュアルな実践」もしていただきたいと思っています。

それによって、「充実した人生を創ること」をささやかでもサポートできれば幸いです。

もし本気でヒーリングや瞑想などを実践し続ければ、人生の質は向上していくはずです。

もちろん人生の質の向上に役立つものはヒーリングだけないですよ。

ただ、古くは瞑想や、最近で言えば「マインドフルネス」は、人生の質を高めるために有効だと言われています。

ここでは瞑想やマインドフルネスにもつながる遠隔ヒーリングをご案内しているので、ご興味があればぜひ実践していただけたらと思います。

それがたとえ無料だとしても、もし「林ってヤツのメルマガって結構勉強になるし、ヒーリングも日課になったことで、前よりも気持ちが落ち着く時間が増えたよな」なんて思っていただけたとしたら、あなたとのご縁を十分に活かしていることになるし、それは私の「スピリチュアルな成長」にとっても非常にプラスなんです。

2:自分の「ヒーリング能力」をもっと高めていきたいため。

ヒーリング能力は「筋肉」と同じで、まっとうな心構えとやり方をもって実践すればするほど、レベルアップしていきます。

そういえば、少し以前にNHKの「筋肉体操」という番組が話題になり、そこでは「筋肉は裏切らない!」なんていうキャッチコピーが繰り返されていました。

同様に「ヒーリング能力もまた裏切らない」のです。

いや、筋肉は老いとともに衰えていきますが、ヒーリング能力は地道に鍛え続けていけば、無限に発達していきます。

私は「個別ヒーリング」「レイキヒーラー養成講座」で、実際にヒーリング能力を活かした仕事をしています。

思えば、この仕事を始めた当初より、ヒーリング能力は向上しているようです。

それに伴ってヒーリングによって喜んでくださる方が出てくるので、さすがに怠け者の私でも「もうちょっと成長したら、もっと喜ばれるんちゃうかな」とやる気が湧いてきます。

それに、私はやる気のある方なら誰でもできる「レイキヒーリング」の方法をお伝えしている手前、受講者さんは「ちゃんと実践している人物」から受けたいに決まっているはず。

そのためには、当たり前ですが「数多く実践すること」が大切です。

あ、もちろん無料だからといって、絶対に手を抜きませんからね。

内容の薄い「客寄せパンダ」としてテキトーなヒーリングをやっていたら、人々の関心は多少集まるかもしれませんが、私の能力はちっとも向上していかない。

いや、それどころか「波動の世界」をナメている結果として、私の波動(オーラ)は低下していくんですよ。

そうなるぐらいなら、やめた方がマシですよね。

少し余談ですが、このヒーリングが始まる時間になると「あ、ヒーリングが始まった。林さんから波動が来てるわ~」と敏感に感じる方もおられるんです。

そういう方がおられるんだから、もうね、絶対にサボれないんですよ(笑)

というわけで、あなたがヒーリングの波動を受け取るだけでなく、それを通じて私自身のヒーリング能力を高めていくために、この無料遠隔ヒーリングはあります。

3:「個別ヒーリング」や「レイキヒーラー養成講座」にもご興味を持つきっかけにしていただきたいため。

この遠隔ヒーリングに対し、メルマガ読者さんの中に「実感」を伴う方が何人も出ています。

口を酸っぱくして言いますが、「実感がない」ことがダメではありません。

 

慣れてくれば少しずつ実感が出てきたり、そうでなくとも気持ちが以前より落ち着いたりしてくる・・・それを信頼することが大事です。

現に、実際にヒーリングを受けていただいた方からは、こういったご感想をいただいています。

お客様の声
・「あまり敏感な体質ではないのですが、ヒーリング中は右の手のひらがピリピリしていたのは面白い経験でした。

 

そして受け続けるにつれ、粒が大きくなって柔らかい感じに変わってきたようです」(北海道在住・斎藤さん・男性)

 

・「涙とともに、オレンジ色の光と優しいあたたかさを感じました」(東京都在住・Kさん・女性)

 

・「頭のてっぺんから何かが身体中に入ってくる感覚がありました。目をつぶっていて目の前に青白い煙のようなものか見えた気がします。何故か気分が良く、夜はすぐ熟睡できました」(東京都在住・Rさん・男性)

 

・「初めて受けたときは何も感じなかったものの、翌朝お尻の右側あたりが少し痛くなったのはびっくりでした(痛みは次第に収まる)。

 

また次に受けたときは右のこめかみ部分がジンジン反応しているのがわかりました」(東京都在住・Mさん・女性)

 

・「ヒーリングの時間が始まってから、なんだか不思議な空間に包まれているような感じがしました。それでその感覚が終わったなと思ったら、ちょうどヒーリングの時間が終わった時間でした」(宮城県在住・Aさん・女性)

こういった方々の中には、「個別ヒーリング」「レイキヒーラー養成講座」にご興味をお持ちになる方がおられるはず。

ま、無理にご案内することはないですけどね。

ただ、このヒーリングを通じて不思議な「波動の世界」にさらに興味を持ってくださる方が増えたらいいな、とは思っていますよ。

開催スケジュール

メルマガ配信日の「午後10時から15分間」行います。

受け方の例

以下はあくまでご参考です。一部だけを取り入れても結構ですし、すでに瞑想などのスタイルをお持ちの方はそれでも結構です。

事前準備(1分)

この準備のスタートは午後10時からで結構です。

■できるだけ静かな場所を選ぶ(または耳栓をするか、ヒーリングミュージックを流す)。
・・ ↓
■部屋は消灯するか、薄暗くすると良い。
・・ ↓

■椅子に腰掛けるか、あぐらの姿勢を取る。
・・ ↓
■背筋をまっすぐ伸ばす(胸を張りすぎない)。
・・ ↓
■目を閉じる。
・・ ↓
■深呼吸を3回行う。

(1)丹田(へその下5センチほど下の部分)の上に両手を軽く当てる。

(2)まず口から「フーッ!」と、肺の中の空気をできる範囲で吐き切る(吐くのではなく「吐き切る」)。

(3)次に、心の中で「イチ、ニ、サン、シ・・・」と4つ数えながら、鼻から静かに息を吸います。息は丹田あたりに溜めるイメージを持つこと(それを意識しやすくするため丹田に手を軽く当てるわけです)。

(4)吸いこんだら、息を止め、そのまま「7つ」数えます。

(5)「7つ」数えたら、再び「フーッ」と言いながら、「8つ」数える間に口から息を吐き切ります。

(ご参考サイト:どんなに寝苦しい夜も「たった60秒で簡単に眠れる」4-7-8 呼吸法

最も簡単な方法
「この呼吸法が難しい。息をちゃんと止めることができなかったり、うまくカウントできなかったりする」という方は、「吸う息より吐く息が少し長くなるよう意識する」ところからやってみてください。

ヒーリングを受ける(13分)

以下の通りイメージしましょう(さっきも言った通り、アレンジはご自由です)。

(1)吸う息とともに天空から頭のてっぺんに「光(愛と健康のエネルギー)」が入っていき、からだ全体を満たしていく。

(2)息を吸ったら1~2秒ほど息を止め、吸い込んだ「光」がからだの隅々にまで浸透しているのを、感謝とともに感じる(慣れてきたら自然な呼吸でOK)。

・視覚的イメージが得意な方は、光の粒が体中を駆けめぐっているイメージを。

・聴覚的イメージが得意な方は、光の粒が「サーッ!」とか「ゴーッ!」とか、また静かに「サーッ・・・」と伝わっていくイメージを。

・体感覚的イメージが得意な方は、温かい光の粒が全身の細胞をやさしく包んでいくような、または細胞がイキイキ活性化されていくようなイメージを。

・あるいは、上の3つのパターンのハイブリッドでもOK。

(3)からだを隅々まで満たした「光」は、吐く息とともに、丹田から器官、そして口を通り、外側にまで少しずつ広かってゆく。

このとき「からだの疲れやネガティブな感情は、吐く息とともに外に出ていき、わたしはますます元気に輝いてゆく」とイメージする。

(4)呼吸を繰り返すたび、「光の自分」はどんどん拡大してゆくとイメージする(からだ→部屋全体→住んでいる街→県→日本→世界→宇宙 というように。できる範囲で結構です)。

(5)以上の(1)から(4)を繰り返す。

雑念はやり過ごそう
雑念が起こったら意識して抑え込むのではなく、新幹線の車窓から外の景色を何となく眺めるように、「やがて過ぎ去っていく」という感覚でやり過ごしましょう(慣れが必要なので、できなくても気にしないでOK)。

もっとカンタンなヒーリングの受け方

もし上記のイメージが難しければ、「天空から光のエネルギーが降り注いでいて、自分はそれに包まれているんだ」と簡単なイメージを抱くだけで結構です。

その上で、先ほどお伝えした姿勢を保ちながら、

■心の中で「わたしは『愛』と『光』と『忍耐』 です」という言葉を繰り返し唱えましょう(ちなみにこの言葉は斎藤一人さんのパクリです)。

または、これも斎藤さんのパクリですが、もし「神」という言葉に抵抗がなければ

「わたしは神です。あなたも神です。みんな神です」

でもいいですね。

そして、最も簡単なのは

■心の中で、ただひたすら「ありがとうございます」と繰り返しましょう。

「ありがたいこと」が実際になくても繰り返すことです。

終わりの儀式(1分)

■終了するときは、先ほどイメージした「大きくなった光」が、「からだのサイズ」までだんだん小さくなっていくとイメージする。

■手をもんだり顔をさすったりして、自分の「からだの感覚」に意識を戻してゆく。
・・ ↓
■十分にからだを意識できたら、ゆっくりと目を開ける。

■両手を上げて伸びをしたり、肩を回したりして、ゆっくり起き上がりましょう。

プラスアルファ

もし可能なら、ヒーリング中は「守護霊さん」への感謝を加えると良いでしょう(特定の神仏を信仰しているならそれでもOKです)。

ただし、無理に行うことも、信じる必要もありませんよ。

守護霊とは?
あなたを専属で見守っている「目に見えない存在」に対する表現の一つです。

 

もし「守護霊」についてもっと知りたければ、以下のサイトから500円で文書レポートを購入することができます。

 

アカウント登録が少し手間からもしれませんが、よろしければどうぞ。

 

ヒーリングの注意点まとめ

これまで述べたことと重複しますが、まとめとして述べておきます。

・「実感には個人差がある」と理解すること。

 

・たとえ実感が得られなくとも「ヒーリングの波動は確実に届いている」と信頼すること。

 

・実感を得ることを大きく期待せず、淡々と続けること(期待し過ぎると、皮肉なことにヒーリングエネルギーが受け取れなくなります)。

 

・ヒーリング中に起きることはすべて「必要があって起こっている」と理解すること。

 

・万が一「許容範囲を超える痛みが生じる」ことがあれば、無理をせず中断すること(少なくともこれまで一度もありません)。

 

・もしヒーリング後にちょっとしんどいかな? と感じるなら、水(お茶やコーヒーではなく)を多めに飲んで、なるべく早く休みましょう。

よくある質問

Q:仕事や家事をしながらヒーリングを受けても大丈夫ですか?

A:できれば静かな環境で受けていただくことが望ましいです。「ながらヒーリング」が絶対ダメとは言いませんが、意識が分散するだけヒーリングの効果も薄れる、とご理解いただいた上でご参加願います。


以上です。

もしご不明点、疑問点があれば遠慮なくお問い合わせください。

あなたのお声や実際に受けていただいたご感想を踏まえ、このページは少しずつアップデートされていきます。

ここまでお読みいただいて「ヒーリングに参加してみたい!」と感じたら、以下からご登録いただければうれしいです。

2020/01/25 更新