6月10日「自分らしさを取り戻し、真の幸せを生きる」自分創造ワークショップのご案内

人生に意味はあるか?誰もが深い自己肯定感を持って生きる力を持っている。

お名前だけで人やモノのオーラ(波動)がわかる、波動カウンセラーの林 昭裕です(「詳しい自己紹介はこちら」)。

【マジスピ】(真のスピリチュアル・脱お花畑スピリチュアル)をテーマに情報発信しています。

今回は

「人生の意味」

というストレートなテーマを、数回にわたって考えていきます。

今回は特に何らかの答えを提示するわけではなく、あくまで考える参考としていただくものです。

一般的なスピリチュアルや占いだと「こう生きた方がいいよ」的なアドバイスがあると思いますけど、私の場合は「結局それは自分で見出していくしかない」と思っています。

その道中はけっこうしんどいでしょうけど、このブログテーマはマジスピ(真のスピリチュアル)ですから、やはり人生の意味は自分で「創造」していくしかないんです。

それがスピ好きが言うところの「私は創造主=神」じゃなくって?

「死ねば無になる」と思う人も、人生に意味を見出している

人生の意味・・・なかなか難しいテーマです。

そもそも「人生の意味」が問われるのは、それだけ生きる意味を感じにくい時代になっているからです。

いや、そもそも「生きる意味の喪失感」は今に始まったことではなく、近代化が進み個人主義が台頭するにつれ、少しずつ深まっていきました。

科学がどんどん発展し、産業がますます勃興する中、物質的豊かさによって「圧倒的な自由」を手にした私たちは、それまで自分を律してきた(あるいは支配してきた)「神なるもの」を見失ってしまった。

それをニーチェという有名な哲学者は「神は死んだ」と言ったわけです(高校時代の哲学研究でニーチェを読んだけど、当時はサッパリわからなかった・・・)。

ま、そんな西洋の小難しい背景はともかく、日本でも既存宗教は力を失い、新興宗教はオウムをはじめ「怪しいもの」とされた結果、自分のことを「無宗教」と言う人は決して少なくない。

多くの日本人は、年末はクリスマスを楽しみ、元旦は初詣に行く・・・それでいて「自分は無宗教です」と何気なく言う。

(これは非常に面白いテーマなんですが、今回のテーマは「人生の意味」なので別の機会に)

そうして「無宗教」とは言いつつも、人間は何かしらの「人生の意味」がないと生きていけないんですよ。

そして、どんな人も多かれ少なかれ「神なるもの」を求めている(たとえ「神仏など1ミリたりとも信じない」と豪語する者でも)。

とはいえ、既存宗教にも新興宗教にも、全幅の信頼を置くことができない現代。

「スピリチュアル」(昔でいう精神世界)へのニーズが生まれたのは、こういった背景が一つあります。

あの世、オーラ、チャクラ、守護霊、天使、パラレルワールド、アカシックレコード、輪廻転生・・・良いか悪いかは別として、宗教とは別の切り口で「目に見えないもの」を求めているわけです。

いずれにしても、人間というのはいろんなスタイルで「生きる意味」「死ぬ意味」を求めているんですね。

たとえスピリチュアル全否定の物質主義者で、かつゴリゴリのカネの亡者だったとしても「多くのお金があれば安心できる、より強いパワーが得られる」と思っているわけで、これも「人生の意味」を求める一つのわかりやすいパターンですよね。

さらに、たとえ「人生の意味なんかないよ」「死ねばみんな無になるんだ」と人生に無意味感を感じている人でも、いわば「〈無意味〉という一つの意味」をそこに見出しているわけです。

ですから、どうあがいても、私たち人間は「意味」から逃れることができない。

いわば「意味という巨大プールの中で生かされている魚のようなもの」と言えます。

「水=意味」がなければ絶対に生きていけないんです。

自殺をするのも「死ねばラクになるはずだ、この絶望感から解放されるはずだ」と信じているからであり、そこにもやはり「意味」を見出している。

生が無意味だと思うから自殺するわけですが、実は生の裏返しとしての死に、むしろ意味を強く見出しているからこそ、強い痛みを伴っても自殺を決行できるんですよ。

本当に人生が完全に無意味だと感じているなら、何もできないはずですから。

ま、あなたがスピリチュアルを学んでいれば知識レベルではご存知の通り、自殺をしても決してラクにはならず、(特殊なケースを除き)むしろ余計に苦しくなるんですが・・・それは自殺者の波動(オーラ)を観ればよくわかること。

スピリチュアルを学び方は、例えばこういった知識を元に「人生の意味」を構築していくわけですよね。

さあ、そこで考えたいのは、

「人生には本当に意味があるのか?」

ということ。

例外を除き、自殺をしても生きる苦しみがチャラになるわけではないとしたら、いったいどのように意味を見出していけばいいのでしょうか。

日本全体としてはバブル崩壊以降、政治的愚策によって30年あまり経済低迷してしまっているため、「生きる意味」がますます感じられなくなっています。

なんだかんだ言って物質的豊かさがあれば、または「少しずつ豊かになっていく感覚」があれば、たいていの人はそこそこ元気に生きていけるもの。

「人生カネがすべて」ではないけれど、現実的に考えれば「多くのことはカネで解決できる」わけですから。

ただ、その豊かな実感を得られることはなく、さらに現在では「例の感染症」が生きる意味の喪失に追い打ちをかけています(ま、これは意図的に作られてるんだけどね)。

ウイルス君からすれば穴がスッカスカの布切れを顔につけ、効果ほぼゼロのなんちゃらディスタンスやマンボーダンスで、人間同士のコミュニケーションの機会を奪われている。

この「社会実験」でわかったことは、人間関係が絶たれると人はさらに生きる意味を失ってしまうということ。

おそらく人類史上、私達は最も「人生の意味」を見出しにくい時代を生きているのかもしれません。

ま、それでも一部のエネルギーの強い人(赤系のオーラの人が多い)はタフに生きていくでしょうけど、多くの人にとっては実にしんどい時代です。

こういう状況の中、マジスピ(真のスピリチュアル)にはどう考えれば良いのでしょうか。

「あなたの人生には深い意味がある」と断言できる理由

さて、「早く答えを言ってくれ」という声が聞こえてきそうなので、ここで今回の結論を述べておきましょう。

答えではありませんけど、実にシンプルなこと。

人生の意味が「ある」とか「ない」とかではなく、「ある」と思う人には見えてくるし、「ない」と思う人には見えてこない

ということなんですね。

拍子抜けしたでしょうか。

本当は奥がめちゃくちゃ深いんですけどね・・・

さっき述べた通り、人間は「意味の枠組み」から逃れることはできないんです。

人生が無意味だと思う人も、実は「〈無意味〉というひとつの意味」を見出しているからですね。

その意味では、どんな人も人生に対して何らかの意味を必ず選択しているわけです。

なので、もし「人生はなんて無意味なんだ」と思っている人がいるとしたら、それはそういう選択を自分の判断で行った結果なんだということを自覚することです。

ただ、こう言うと過去のカウンセリングのある光景が思い出されます。

「林さん・・・私は子どもの頃から両親の関係が最悪で、しょっちゅう言葉の暴力を受けていました。『おまえなんか産まなきゃ良かった』と言われたことは今でも忘れられません。それだから学生時代は暗く、ほとんど一人で過ごしていました。高校を出てから就職して、仕事はなんとかできてはいるけど、特にお金や才能や得意なことがあるわけでもないし、別にパートナーがいるわけでもありません。というか、自分みたいな人間と付き合ったら不幸にさせてしまうだろうなってなんとなく思っているから、積極的に動くことができないんです。だから死ぬまでひっそりと生きていくんでしょうかね。私のような人生、ほとんど意味がないと思うんですけど・・・」

簡単にまとめれば、かつて上のようなことを言われたことがあります。

安易な回答は難しい・・・

いくら「人生の意味/無意味は自分で選択することなんだよ」と頭ごなしに言ったところで、「人生が無意味だと選択せざるを得ない悲痛な体験」をされた方には、とても厳しく、そして冷たく聞こえるかもしれません。

こういうときに、理屈を言っても何もならない。

占いチックに「半年後にいい出会いがあるわよ」って言ったところで、何の慰めにもならない。

ただただ、「そういう選択をせざるを得なかった悲痛な体験」について、思いを込めてお話を聴いていくしかない。

非常に尊い瞬間だと感じるのは、こういうギリギリの話をしていくうちに、お相手から

「さっき『おまえなんか産まなきゃ良かった』って親に言われて傷ついた話をしましたけど、そういえばその言葉は半分冗談みたいな感じで言っていたのを思い出しました。もしかしたら、私が重く受け止めすぎたのかもしれません・・・それに、いくら親がそう言ったからといって、『自分も産んでくれって頼んだ覚えはないよ!』って受け流すこともできたのかなって今なら思うんですね」

という感じで、「あのときは抗えない出来事だと思っていたけど、本当は自分で選択したのかもしれない」と、捉え方が変わってくることがある。

そう・・・難しいだろうけど、こういうのは自分で気づくしかないんです。

「どれだけ理不尽な人生だろうが、それを〈意味がない〉と捉えるか〈意味がある〉と捉えるかは、実は自分が選択している」って、気づくしかないんです。

(カウンセリングはそのプロセスを支える営みです)

「神は死んだ」時代において、自分が「神」となり、意味を創造していくしかない。

「世界がどうあるか」ではなく、「自分がどうあるか」。

あなたがスピリチュアルを学んでいたら、「両親を自分で選んで生まれてきた説」はご存知でしょう。

この説が本当かウソかは、あえてここでは回答しないことにします。また別の機会に。

ただ、もしこの説が本当なら、「人生の意味はすべて自分で選択している」という説はより裏付けされることになりますね。

どれだけひどい親の元に生まれようが、それは自分で選択してきたのだとすれば、そのことをどう受け止めるかもすべて自分次第ということになります。

・・・この意味において、マジスピ(真のスピリチュアル)というのは実に厳しい。

このウェブサイトのトップページのバナーに書いてある通り、本当のスピリチュアルは「一時的なエンタメや気休めではない」んですよ。

けれども、もし希望があるとすれば、自分の心の奥深く、それは「魂」と呼んでもいいでしょうけど、そのレベルにおいては、人生の意味を自ら見出せる力が"必ず"湧いてくるということです。

これは断言しますが、「必ず」そうです。

先ほどの事例の方は、もし本当に人生が無意味だと強く思っていたら、カウンセリングには絶対に行かないんです。

「もしかしたら無駄足に終わるかもしれないけど、もしかすると何かのきっかけになる可能性もあるかな・・・」とどこかで思っているから行くわけですよね。

それは、自分の人生を、自分で諦め切ることができないということ。

「魂」というのは、自分のそのときの感情を理性を超えて、無条件で人生の意味を豊かに見出そうとしている。

これが人間の真の生命力。

とはいえ生身では魂のレベルと肉体(感情・理性)のレベルが葛藤するから苦悩が生まれるわけですが、その苦悩にこそ、実はスピリチュアリティ(霊性)が宿っているんですね。

エゴを浄化するほど、人生の意味を見出しやすくなる

たとえ自分が絶望的な状況に置かれようと、それでも人生の意味が「ある」と思えるのは、相当メンタルがタフじゃないと難しい。

もともと意志力が強い人や根っから明るい人ならいいんですが、大半の人にとって、「『人生に意味がある』と思える人には、意味があるんだよ」と思うことは簡単でない。

ただ、繰り返しますが、魂の奥深くでは無条件に人生の意味を見出そうとしている。

もし人生の意味を見出せないとしたら、もちろん苦しい人生体験を経た方や苦しい病と闘っている方はやむを得ない部分はありますけど、原則的には「心がエゴや雑念に囚われている」のです。

ネガティブな観念が心にいっぱいあれば、いくら良いことを聞いても、自分の中に落とし込むことができないんですね。

エゴや雑念が解放されていけば、魂的な領域が解放されていくので、人生の意味を深く見出すことができるようになっていきます。

たとえ重たい病に冒されていても、人生を豊かに生きられることを、最近教えていただいたばかりです。

難しいのは、いま例の感染症や例の紛争が連日報道で流れているため、かなり気をつけないと、私たちはその「重たい空気感」に生きる意味を奪い取られてしまうんですね。

特に繊細な感性を持つ方は、そういうニュースを少し見聞きするだけで苦しくなるはず。

そうやって不安になり動揺してもらうことがメディアを操っている人たちの意図です。

今回の感染症パニックで強く経験した通り、大衆を支配するにはささいな出来事を拡大し、恐怖に訴えることが手っ取り早いですからね。

この地球界は残念ながらそんな悪意で動いている側面があるので、それだけ日々の心のメンテナンスがより一層必要になってきます。

そのために最も必要なコミュニケーションが制限されてしまっているため、こういう地味なブログを読んでいただいている方なら、「正攻法のスピリチュアルメソッド」を実践されると良いでしょう。

いろんな方法がありますけど、誰でもできるおすすめの方法があるとしたら、祈りや瞑想でしょうね。

※参考Podcast(他の回よりずっと再生されていてビックリ)

あと、手前味噌ですが、特殊能力なしで誰でもできるものとして、「レイキヒーリング」も良いと思います。

現時点で無料で行っているものとしては、「無料グループヒーリング」というものもあります。簡単な瞑想の方法も掲載しています。

個人的にはピアノやヒーリング系の音楽を聞き続けるのも良いと思います(個人的なおすすめは「無料メルマガ登録の特典」に記載しています。

こういう「正攻法な方法」というのは、一朝一夕に効果が出るものではありません。

かつて「3秒に1個、心のブロックを取る」スピリチュアルな方法について言及したことがありますが、そんな簡単にできりゃ苦労はしませんわ。

現代を生きている私たちは、物質的にはそれなりに恵まれているとはいえ、感情的、精神的にはなかなかしんどい時代を、それこそ"選んで"生まれてきているのかもしれません。

まともな感性をお持ちの方なら、おそらくは「なんてひどい世界なんだろう・・・虚偽や欺瞞や横行し、浮薄な言葉が氾濫している」とお感じでしょう。

ただ、もしそこに「人生の意味」を見出すとすれば、やはり微力であっても、こういう世界をより良きものにしようと意図することではないでしょうか。

冒頭で「個人主義が強くなるにつれ、人生の意味の喪失感が深まった」という表現をしました。

これを逆に言えば、人生の意味を復興するには、「個人を超えた何かへの働きかけ」が必要だということです。

スピ好きの人が口先だけの「ワンネスごっこ」で終わらないためには、自分を超えたもの、それは家族でも隣人でも会社でも国家でも、いや「神仏」でも結構ですが、それらに対して可能な範囲で貢献してゆくことが、今こそ求められているように思います。

もちろん気に沿わない仕事をしていれば人生の意味は見出しにくいでしょうが、これも原則としては「貢献」以外に人生の意味は見出せないのではないでしょうか。

・・・今後、数回にわたって「人生の意味」について考えていきます。

******************

週に1回、メールマガジンを発行しています。

無料メルマガに登録いただいた方には、「ブログでは話しにくい内容」だけでなく

1:一部メニューの初回が割引!

2:「波動の良い本」のご紹介(約12,000字)

3:「波動を高めるモノ・コト」のご紹介(約17,000字)

4:「波動を高める食事」のご紹介(約21,000字)

5:「無料グループヒーリング」を受けられる権利(週1回)

6:キャンペーンや、無料 or 格安モニターを先行でご案内

というボリューム多めのプレゼントがあるので、ご希望であれば以下からご登録ください(解除はカンタンにできますのでご安心を)

※最近、メルマガが迷惑メールに入ったり届かなったりすることがあるので、その対策として【LINE公式アカウント】でも購読できるようにしています。

※iCloud系とHotmail系のアドレスは届かないようです

【メルマガ】【LINE公式アカウント】か、お好きな方をご選択ください。

(ただしLINEは情報漏えいのハイリスクが指摘されているため「サブ扱い」で、なるべくならメールでのご登録をおすすめしています)

※「iCloud系」「Hotmail系」のアドレスは高確率でメルマガをブロックしますのでご注意ください

ちゃんと登録できていれば、自動返信メールが届きます。

無料メルマガ 登録フォーム

 

【LINE公式アカウント】はスマホから以下を指でタップし、確認ボタンを押すだけで登録完了です。

友だち追加

またLINEの「お友だち追加機能」からQRコードを読み込んで登録することもできます。