禅タロットリーディング講座、格安で個人セッション付きの体験会を行っています。

スピリチュアルヒーリングとは?その不思議な波動の世界。ただし自分を癒すのは自分自身。

お名前だけで人やモノのオーラ(波動)がわかる、波動カウンセラーの林 昭裕です(「詳しい自己紹介はこちら」)。

【マジスピ】(真のスピリチュアル・脱お花畑スピリチュアル)をテーマに情報発信しています。

今回は

「スピリチュアルヒーリング」

について取り上げましょう。

いつも音声配信の冒頭では

「人やモノのエネルギーを、お名前だけで見る能力をベースに、スピリチュアル的なカウンセリング、ヒーリング、タロットリーディング、守護霊リーディングなどを行っています」

という決まり文句をしゃべるのですが、今回はここの「スピリチュアル的なヒーリング」について過去にいただいたを元に体験談を元に取り上げてみます。

なかなか伝わりにくい「目に見えないエネルギー」の領域を少しでも感じていただければ幸いです。

最近は特に宣伝していない割に「個別ヒーリング」のご相談や「レイキヒーラー養成講座」の問い合わせが増えているので、ちょうど良いタイミングなのかなと思います。

スピリチュアルヒーリングにおいて知っておきたい3つのこと

いつもメルマガ配信日(だいたい土曜日)の午後10時から、「グループヒーリング」を毎回20分間、無料で行っています(詳しくは上の文字リンク先をご覧ください)。

現時点で200回以上行っており地味に続いていますし、今後も続けていくつもりです。

ときどきご感想をいただくのですが、その中のごく一部を以下に取り上げましょう。

※掲載の許可はいただいています

グループヒーリングのご感想のごく一部

◆『今回のグループヒーリングの感想、よろしければお伝えさせてください。今回は時間の少し前からとても眠くなってしまいまして、ヒーリング中に呼吸を数えることができなくなってしまいました。それであとは自分の中を流れていく光の滝行?という感じで、ただただ気持ちよく、流れてゆく光を思っておりました。ありがとうございました。』

 

◆『昨夜はグループヒーリングありがとうございました。こちらのグループヒーリングは初めてでしたが、遠隔の「ヒーリング」なるものは10年以上前に2回くらい受けたことがあり、レイキも受けたことがあります。(レイキは「初級」だけ伝授してもらいましたが金額面と後述理由により初級だけでやめました。)

 

林さんを存じ上げ、グループヒーリングされているのだな、とは思っていましたが、参加しなかったのは、なんとなく、ヒーリングは「する人」と「受ける人」っていう感じで、受ける側は受け身、依存的なイメージで、そういうのってどうなんだろう…と思っていたからです。

 

わたしが以前受けた遠隔ヒーリングの方は、「受ける側はなーんもしなくていいです。家事しててもテレビみてても何しててもいいのでこっちで時間になったらやりますから」とのことだったので余計にそう感じたのでしょうが…

 

ですが、なんとなく、昨夜は受けてみる気になり、林さんの説明を読んで参加側も受け身でなく、というのを確認し、参加させていただきました。

 

「世界平和の祈り」をしながら参加しようと決めていたのですが、ヒーリング用の20分の音楽(※メルマガでご案内)を聴きながら受けていたら、音楽に聴き入ってしまいそうになるのと世界平和の祈りをするのとでなんだか忙しくなっちゃいました(^^どっちかに絞ればよかったですねー 始まってしばらくすると両手を中心に暖かくふんわり重みを感じ、それがお腹あたりを中心に広がり、包まれるようでした。そろそろ終わるのかな、というあたりでその波が引いていき、音楽も終わり、20分経ったのだな、とわかりました。

 

その後、喉が渇いたのでお水を飲んで眠ったのですが、10時間寝てました!長くてはっきりした夢を見ていました。雨の夜道を自転車で走っており(別にしんどくはなく)どこかへ向かっているのですが全然着かない…すると、おまわりさん?に出会い、地図を見せてもらうと、自分が北だと思っていた方向が違っていて、目的地と随分と離れてしまっていることを教えてもらいとてもびっくりしました。また、たまにみる夢で夢の中で何故かスマホの操作方法がわからなくなりメールができない、っていう夢があるのですが、昨夜の夢で操作方法あってるよ、と教えてもらえていました。

 

いつの間にかずれてしまっていたんですかね。なんとなくその自覚はあるのですがどう修正すればいいかわからず、「夢の中の携帯」で尋ねてみようとしてもうまく繋がらず…でした。ちゃんと携帯が通じるように、続けていこうかと思います。

 

目覚めてから、普段はまどろんでいる時、瞼の中で、黄緑色の光の輪が前方に向かっていくのが見えるのですが、今朝は銀色に輝く光の輪でした。受けている時よりも、受けた後のほうが印象深い感じです。長くなってしまいましてすみません。ありがとうございました。』

 

◆『グループヒーリングありがとうございました。今回は10:00になる頃に両手指先から手のひら中心にずどんと温かく柔らかいものがきました。そのうちに左肩あたりが痛くなり、何かを剥がされているような感じがしました。

 

世界平和の祈りを緩やかに祈っているうちに、大切に思っていながらもうまくいかなかった人間関係のことが頭に浮かび、淋しい気持ち、残念な気持ち、なぜこうなってしまったのか…という気持ち、哀しみが湧いてきました。「ああ、まだ今でもわたしはこんなに執着しているのかな。手放せないのかな…」と思いつつ、林さんのブログに書いてあったことを思い出し、それを眺めていると、それらは流れて行きました。

 

ヒーリングが終わってから眠りに入り、翌朝目覚めると、わたしの中にまだまだ癒やされきらずにある哀しみ、傷ついた気持ちについて、「まだ執着してる、まだ手放せていない」…けれど、それも無理のないこと…と思う気持ちが芽生えていました。これまでは、執着してる、手放せてない、と自分を責めていたかな…でもわたしの中には癒されていないものがたくさんあって、それらは癒されるのを待っている、という気持ちが湧いてきていました…

 

このところ仕事がらみで慌ただしく忙しく、心が落ち着いていないせいか、先週のグループヒーリングの時は自分に向き合う状態になれていなくて、ヒーリングについてもあまり何も感じなかったのですが、今回は、この日ちょうど仕事もお休みで、自分的に好きな場所に行ってちょっとリフレッシュでき、自分の気持ちが自分に向いていたからか、気づきを頂けました。受け取る側の姿勢も大事というのはこういうことですかね。

 

まだしばらくは慌ただしさは続きそうで、自分の心を落ち着かせるのが普段より難しそうですが、だからこそ意識したいと思います。今後もそのためのいい機会とさせていただきます。ありがとうございます。』

少し長い文章でしたが掲載いたしました。

他のご感想は「グループヒーリング」のページ前半に記載しているので、よりご興味あればご覧ください。

ヒーリングのご感想は千差万別なので、上のものがすべてではありません。

中には特に何も感じない方もおられるでしょう(そういう方はたぶんご感想を送る気にはならないと思いますが)。

またヒーリングを受けたときではなく、少し時間が経った後に何かを感じる方もおられます。

これまでたくさんのご感想をいただくにつれ、スピリチュアルヒーリングの世界は不思議だなと感じます。

今回は上記の感想文で赤くハイライトした部分を中心に、補足説明をしていきます。

1:「癒し」はヒーリングを受けると決めたときから始まっている

>今回は時間の少し前からとても眠くなってしまいまして、ヒーリング中に呼吸を数えることができなくなってしまいました。

グループヒーリング自体はメルマガ配信日の22時からなのですが、このように「開始前からすでに始まっている」ケースがあります。

なので、人と場合にもよりますが「開始前から眠くなってしまう」ことがあるのですね。

私はこれを「”遠足は前日の準備から始まっている” 理論」と呼んでいます(笑)

これは「”家に帰るまでが遠足” 理論」と双璧をなす概念でります。

つまりこの場合の「癒し」は自分が「ヒーリングを受けよう」と決めたとき、心の準備ができたときから始まっていると言えます。

物理的には22時になっていないのでグループヒーリングはまだ始まっていないものの、「目に見えない次元」では始まっているのでしょうね。

これは後でもう一度説明しますが、

「根本的に自分を癒すものは自分であり、私のようなヒーリングを行う側(ヒーラー)が一方的に行うものではない」

ということです。

私はただ、ヒーリングという「場」を用意するだけなのでしょう。

2:波動(エネルギー)は目に見えなくとも交流している

>今回は10:00になる頃に両手指先から手のひら中心にずどんと温かく柔らかいものがきました。そのうちに左肩あたりが痛くなり、何かを剥がされているような感じがしました。

>始まってしばらくすると両手を中心に暖かくふんわり重みを感じ、それがお腹あたりを中心に広がり、包まれるようでした。そろそろ終わるのかな、というあたりでその波が引いていき、音楽も終わり、20分経ったのだな、とわかりました。

グループヒーリングは「遠隔」、あえてざっくり言えば「遠いところまで気を飛ばす」かのように行うものです。

遠隔なので千葉県松戸市にいる私の姿は見えません。

だから、ぶっちゃけサボることもできるわけです。

「ちゃんとヒーリングやってますよ!」と言いながら、実は寝ることだってできるわけです(笑)

でも上記のご感想の通り「いまヒーリングが始まったのがわかりました/いまヒーリングが終わった気がしました」というご感想をときどきいただくので、「波動」(エネルギー)は目には見えないけど伝わる人にはちゃんと伝わっていることになりますね。

たとえ目に見えなくとも、交流しようと心に決めたときから、波動レベルではコミュニケーションが生まれています。

なので、私はサボりたいときがあってもサボれないのであります(笑)

私は「すでにお亡くなりになった方へのヒーリング」を承ることもあります。

これは上で述べたことの応用で、たとえその人の肉体はすでに朽ち果てていても「魂として存在している」のであれば、交流しようと心に決めたときから、波動レベルではコミュニケーション、そしてヒーリングが生まれます。

こういう難しいことを言わなくたって、私たちの大半は節目にお墓参りに行きますよね。

それはたとえご先祖の肉体はこの世になくとも、目に見えない魂の次元では交流ができると理屈抜きに信じているから、たとえ表向きは唯物論者であってもお墓参りをするわけです。

3:あなたをヒーリングするのはヒーラーではなく、あなた自身

>グループヒーリングされているのだな、とは思っていましたが、参加しなかったのは、なんとなく、ヒーリングは「する人」と「受ける人」っていう感じで、受ける側は受け身、依存的なイメージで、そういうのってどうなんだろう…と思っていたからです。

この部分はすごく大事ですね。

先ほど

「根本的に自分を癒すものは自分であり、私のようなヒーリングを行う側(ヒーラー)が一方的に行うものではない」

と述べたことがここにつながってきます。

自戒を込めて言いますが、「スピリチュアルビジネス」はともすると依存を生みかねません。

これは昨今また話題になっている「カルト宗教団体」もそうですし、もっと言えば「医療ビジネス」もそうでしょう。

依存させればさせるほど儲かるわけです。

ただ、心理学を学べばわかるのですが、人間の成長や癒しのプロセスにおいては「依存する時期」は必要不可欠です。

親に健全に依存する幼児期を十分に過ごせないと、その後の歩みがハードに傾かざるを得ないのは「毒親問題」を少しケーススタディしてみればわかるでしょう。

ただ、懸念すべきは「ずっと依存させ続ける」ということなのです。

ある程度の健全な依存の時期を経たら、やがて自立する、卒業する時期がやってくる。

病気が直ったら、通院やクスリは不要になる。

あとは人生の節目や定期検診などで利用する程度で十分。

でも、なんだかんだ理由をつけ、ときには甘やかしたり脅かしたりして「依存させ続ける」のが一部のスピリチュアル、宗教、そして医療の中にあります。

おそらく上のコメントの方はそこに真っ当な問題意識をお持ちだったから、今まで敬遠されていたわけですね。

まさに当ブログ【マジスピ(真のスピリチュアル)】の読者さんらしいご立派な態度です。

>わたしが以前受けた遠隔ヒーリングの方は、「受ける側はなーんもしなくていいです。家事しててもテレビみてても何しててもいいのでこっちで時間になったらやりますから」とのことだったので余計にそう感じたのでしょうが…

はい、そういうライトなスタンスでスピリチュアルをやる人を別に否定までしませんが、私のヒーリングでは積極的に参加していただきます。

なぜなら、繰り返しになりますが

「根本的に自分を癒すものは自分であり、私のようなヒーリングを行う側(ヒーラー)が一方的に行うものではない」

からです。

私はあくまで場を提供しているだけ、いわばファシリテーターです。

ファシリテーターとは
「会議や研修などを進行する」「参加者に発言を促す」「話の流れをまとめる」といった役割を担う人のこと。

「受ける側はなーんもしなくていいです」というのは百歩譲ってそれが効果があるとしても、「自分を真に癒すものは自分である」という原則から外れてしまう怖れがあります。

ともすれば、依存を生み出しかねませんし・・・まぁビジネス側の論理としてはその方が「リピートしてもらえる」というメリットはあるのですが、果たしてそれで本当に良いかどうかはそれぞれが判断なさると良いでしょう。

先ほども述べた通り、それが必要なタイミングもあるかもしれませんからね。

このコメント主の方は、心機一転して私のヒーリングにご参加いただいた結果、上記の通りユニークな、そして深い癒しのプロセスを歩むことになったのだろうと思います。

これは私がやってるんじゃないですよ。

その方が自分で自分を癒すことを決めた結果、自ずと起こるプロセスなのでしょう。

こういった体験談をお聞きするのが楽しいから、グループヒーリングはもう200回以上続いているのかもしれませんね。

こうしてブログを1本書きたくなるほどの素晴らしいご感想でした。

感謝いたします。


今回の内容を読んでもしご興味ありましたら、以下から無料メルマガをご登録いただき、グループヒーリングにご参加いただけたらと思います。

ただし今回のご感想のようなプロセスが起こることを過度に期待せず、淡々とお受けになることが吉です。

変な期待を抱くと、裏切られることの方が多いですよ・・・お気をつけくださいまし。

******************

週に1回、メールマガジンを発行しています。

無料メルマガに登録いただいた方には、「ブログでは話しにくい内容」だけでなく

 

・「波動の良い本」のご紹介(約12,000字)

・「波動を高めるモノ・コト」のご紹介(約17,000字)

・「波動を高める食事」のご紹介(約21,000字)

・「グループヒーリング」を受けられる権利(週1回)

・キャンペーンや、無料 or 格安モニターを先行でご案内

というボリューム多めのプレゼントがあるので、ご希望であれば以下からご登録ください(解除はカンタンにできますのでご安心を)

※最近、メルマガが迷惑メールに入ったり届かなったりすることがあるので、その対策として【LINE公式アカウント】でも購読できるようにしています。

※iCloud系とHotmail系のアドレスは届かないようです

【メルマガ】【LINE公式アカウント】か、お好きな方をご選択ください。

(ただしLINEは情報漏えいのハイリスクが指摘されているため「サブ扱い」で、なるべくならメールでのご登録をおすすめしています)

※「iCloud系」「Hotmail系」のアドレスは高確率でメルマガをブロックしますのでご注意ください

ちゃんと登録できていれば、自動返信メールが届きます。

無料メルマガ 登録フォーム

 

【LINE公式アカウント】はスマホから以下を指でタップし、確認ボタンを押すだけで登録完了です。

友だち追加

またLINEの「お友だち追加機能」からQRコードを読み込んで登録することもできます。