禅タロットリーディング講座、格安で個人セッション付きの体験会を行っています。

夢を実現してもスピリチュアル的に幸せとは限らない。真の成功とは何か?

お名前だけで人やモノのオーラ(波動)がわかる、波動カウンセラーの林 昭裕です(「詳しい自己紹介はこちら」)。

【マジスピ】(真のスピリチュアル・脱お花畑スピリチュアル)をテーマに情報発信しています。

今回は前回の続きとして、

「『夢』を実現した人間の波動が、輝いているとは限らないのはなぜか?」

について考えていきます。

※前回のブログ

※関連する内容を音声配信でもしゃべりました。

たまに「素人」としてスピ系のイベントに行くのもいいですね。

「普通のスピリチュアル」に触れることで、やっぱり【マジスピ】(真のスピリチュアル)じゃないとあかんな・・・と認識を新たにできるからです。

さて今回は

「ニセモノの夢」と「ホンモノの夢」との違い

について考えを述べていきましょう。

これも先日参加したスピ系のイベントの中で違和感を覚えたことです。

ある登壇者が、

「これまではワタシは何の才能も能力もない、フツーの人間でした。でも、あるとき○○を知ってから、●●と出会ってから、夢を次々と叶えたんです!自分でも信じられないぐらい人生がガラッと変わってしまったんです!」

という感じの言葉をハイテンションで語っておられました。

こういうのは前回も述べましたけど、自己啓発やネットワークビジネス、あるいは新興宗教でもよく語られる定番の「人生一発逆転テンプレート」であります。

私は性格が悪いので、こういう言葉を聞くと頭の中で「黄信号」が灯ります。

〈要警戒 可及的速やかに調査せよ〉と。

で、普段はイチイチ相手の波動(オーラ)は観ないのですが、こういうときは確認します。

(ときどき誤解されるので言っておくと、私は普段から誰でもかれでも波動を観るわけではなく、普段はフツーに過ごしております。なので低級霊とか浮遊霊の類が意志に関係なく視えまくって困ることは一切ありません)

そうすると、”不思議と” “奇跡的に” 夢が次々と叶いまくり、引き寄せがバンバン起こるという一般人から羨望の的であるはずの人物にもかかわらず、波動としては別にそうでもない場合があります。

今回波動を拝見した人も、表面的な部分はいかにもスピらしい癒しのエネルギーを持っているのですが、奥の波動(無意識・潜在意識に近いレベル)においては、不調和なものが溜まっているのを確認しました。

前にもどこかで述べたことがありますが、自分はこれを「まんじゅう型のオーラ」と名付けています。

つまり、外側は白くてキレイなんだけど、中心に向かうほど黒ずんで重たくなるパターンです。

これ、どこかに「無理」や「ごまかし」が隠れているってことですよ。

隠れているだけ、わかりやすい欲深さを持っている人より、ある意味タチが悪い。

ただ前回も言いましたけど「夢を語るとビジネスにつながる」ので、多少無理してでもハイテンションでドキドキワクワクしながらハッピーミラクルしなければならない。

こういうことを指摘するのは、それこそ「夢がない」ことかもしれませんね。

ただ、別に「夢」なんかなくてもいいのですよ(笑)

むしろヘタに「夢」を持つからダメになるんやで、とすら思っています。

実は「夢の定義」を改める必要があるんです。

現代人の多くは「夢の定義」を小さく捉えているので、たとえ夢を叶えたとしても魂からは幸せにはなれないことが少なくない。

では夢を一言で定義すると、

「絶対に叶わないのが、本当の『夢』である」

ということ。

「叶えられない夢」こそ、真に「夢」の名に値するものなんですよ。

・・・は???

疑問に思ったでしょうか?

言い換えると、

「叶う夢は、夢ではなく欲望である」

ということ。

冒頭に掲げたテーマと合わせて考えると、

【ニセモノの夢とは「叶う夢」のことであり、ホンモノの夢とは「叶わない夢」のこと】

と言えます。

これは現代人の価値観からすれば真逆でしょうが、「叶わない夢」こそ、魂的な観点から見れば「ホンモノの夢」なのであります。

(夢ばかり見て、何の努力もせず叶わないのは論外ですよ)

「この世で次々と叶う夢」というのは、たとえ外側からはどれだけ華々しく見えようとも、魂的な観点からはさほど価値がない。

例えていえば、(現代にこの言い方はやや不適切かもしれませんが)どれだけ恋い焦がれた異性であろうと、お付き合いをしたり結婚したりしてしまったら熱が醒めてしまうようなものでしょうか。

もうちょっと身近な例でいえば、通販で欲しい服やアクセサリーを買ってテンションが上がるのはポチってから手元に届くまでであって、一度手に入れてしまったらよほど自分にとって価値のあるものでない限り、同じく熱が冷めてしまうようなものでしょうか。

実は追い求めているうちが最も充実するのであって、手にした途端に安心してしまう。

つまり、その夢が実は物質的なものであるから、叶ってしまったら冷めてしまうわけ。

その意味で、叶う夢とは「永遠の価値」を宿していないものなのです。

先ほど例に上げた「次々と夢が叶いました!」とハイテンションで言っているその中身は、例えば

・仕事(やりたいことの実現。本の出版。多くのフォロワーなど)

・収入(一等地に大きな自宅を建てるなど)

・パートナーシップ

などでしょうね。

たいていは外側からわかりやすく理解できる物質的な価値を「夢」として語り、またそれを多くの現代人が「うらやましい成功者」として眺めるわけです。

そして、スピリチュアル業界だとその中には「凡人のワタシにだってできたんだから、きっとあなたにもできるわ!」と、【たった1週間で人生に奇跡を起こす魔法のプログラム】とやらを売るのでしょう。

ただ、何度も言いますけど、別にこれらの「夢」が全く価値がないとは言いませんが、仮にも「スピリチュアル」「スピリット」としてそれを語るのであれば、これはむしろマテリアル(物質)として捉えなければなりません。

おそらく昔の日本人であれば、こういう「夢の実現」を嬉々として語るのは「恥ずべきこと」と感じたでしょうね。

なぜなら、「真の夢」とは生きているうちは絶対に叶えられないもの、つまり

・「志」

・「大望」

これら以外には絶対にあり得ないからです。

〈自分の人生では絶対に成就できないが、しかし世界や人類にとって永続的に価値ある何かを熱望する〉

〈もし自分の肉体のいのちが尽きようとも、それが「真の夢」であるなら、必ずや誰かがその跡を継いでくれるだろう〉

自分中心の小さな成功を手放し、大いなる夢、見果てぬ夢に生きる。

これが「ホンモノの夢」なのです。

夢を次々に叶えてそうな人の波動が意外と光彩に欠ける理由は、「次々と叶う」ということ自体が、たとえそれが華々しく見えようとも実は物質的だったり自己本位だったり、そもそも「志」が小さなものだからです。

人より少し才能と欲望があり、そして運とタイミングが手伝って「夢が叶う」という場合もあるわけですが、もしそこに「志」や「大望」がなければ、たとえ最初は勢いがあっても、やがては物質レベルの重たい波動の中で魂は溺れてしまうでしょう。

そういう人も駆け出しの頃の「初心」を抱いているときはまだ純粋な波動を感じるのですけど、ある程度うまくいってしまうと安心して満足してしまうし、「過去の遺産」で割とラクして食っていけるようにもなるから、実は気が付かないところで堕落していくのです。

それは職業柄、いろんな「成功者」の波動を観て感じてきました。

ある有名な成功者はカウンセリングで私に、「自分は本当は孤独で何もない人間です・・・」と漏らしたことがある。

では、「真の夢」「志」「大望」とはどういうものをいうのか。

誰でも知っているであろう具体的な人物でいえば、あの「I have a dream」で有名なマーティン・ルーサー・キング・ジュニアは、まさに「ホンモノの夢」に生きた方です。

1963年8月28日に行われたこのスピーチは、それから60年以上経っても、遠く離れた日本の片隅に住む私の魂を励ましてくれます。

キング牧師の最期は、暗殺。

志半ばにして、銃弾に斃れた。

そんな彼の死を「無駄死」「犬死」だとうそぶく人間は、決して「真の夢」など掴めまい。

キング牧師の「夢」は、いわば「永遠平和」と言うべきもの。

生きているうちには絶対に叶わないから、それが本気であるほど、絶えず「渇望感」を抱えることになります。

それがこの伝説のスピーチの中ではいみじくも「We are not satisfied!!」と連呼するところに顕れている。

その大きなエネルギーを放出する中で、たとえ傍からは次々と夢を叶えているように見えても、それは彼の大いなるビジョンからすれば、あくまで小さなプロセスに過ぎない。

その「志」からすれば、まだまだ小さな一歩に過ぎない。

魂からの夢、永遠を求める夢は、物質的なものでは決して満たされない。

その意味では、次々に夢を叶えて「ミラクルハッピー」など、なれるわけがない。

けれども、波動としては、本当に素晴らしい輝きを放っている。

その光輝さは、死後もなお、この現実界に留まっている。

キング牧師の「夢」は、その肉体が滅んでもなお、いわば「霊体」となって、永遠の平和を願う者の隣に佇み、その心魂を励ましているのでしょう。

今回の話は現代人の価値観とは真っ向から対立するものなので、わかりにくかったかもしれません。

けれども、これは本来、私たちの魂に内在しているはずの普遍的な価値なのです。

現代は物質主義的価値観が全盛を極めているので、次々と(物質的な)夢を叶える人物が評価を得てさらに影響力を高める風潮になるわけですが、おそらく大半の人々はそれを疑わない。

夢の「実現」を最重要視するのも、実は物質主義的価値観による洗脳であることに気づかない。

本当は「野心」であるはずのものを、「清らかな夢」と受け取ってしまっている。

本当は全くスピリチュアルではないものを、スピリチュアルと受け取ってしまっている。

しかし今回述べてきた通り、前者は魂的な観点からはむしろ小さなものなのです。

物質世界の「かりそめの夢」から醒め、「真の夢」にいのちを捧げんとする祈願を持つことが、マジスピ(真のスピリチュアル)ではないでしょうか。

私は個人的に「夢」も「希望」もありませんが、自分を超えた「志」には生きたいと、ひとりひそかに祈っています。

******************

週に1回、メールマガジンを発行しています。

無料メルマガに登録いただいた方には、「ブログでは話しにくい内容」だけでなく

・「波動の良い本」のご紹介(約12,000字)

・「波動を高めるモノ・コト」のご紹介(約17,000字)

・「波動を高める食事」のご紹介(約21,000字)

・「グループヒーリング」を受けられる権利(週1回)

・キャンペーンや、無料 or 格安モニターを先行でご案内

というボリューム多めのプレゼントがあるので、ご希望であれば以下からご登録ください(解除はカンタンにできますのでご安心を)

※最近、メルマガが迷惑メールに入ったり届かなったりすることがあるので、その対策として【LINE公式アカウント】でも購読できるようにしています。

※iCloud系とHotmail系のアドレスは届かないようです

【メルマガ】【LINE公式アカウント】か、お好きな方をご選択ください。

(ただしLINEは情報漏えいのハイリスクが指摘されているため「サブ扱い」で、なるべくならメールでのご登録をおすすめしています)

※「iCloud系」「Hotmail系」のアドレスは高確率でメルマガをブロックしますのでご注意ください

ちゃんと登録できていれば、自動返信メールが届きます。

無料メルマガ 登録フォーム

【LINE公式アカウント】はスマホから以下を指でタップし、確認ボタンを押すだけで登録完了です。

友だち追加

またLINEの「お友だち追加機能」からQRコードを読み込んで登録することもできます。