【セミナー】10月22日『世界平和の祈り』の真髄を知り、世の光となることを願い続ける生き方を深めよう。

【統一教会の霊感商法】祖先の悪因縁や祟りは、個人のカルマや不幸とは直接的に関係ない。

お名前だけで人やモノのオーラ(波動)がわかる、波動カウンセラーの林 昭裕です(「詳しい自己紹介はこちら」)。

【マジスピ】(真のスピリチュアル・脱お花畑スピリチュアル)をテーマに情報発信しています。

今回は

「(旧)統一教会が仕掛けていた霊感商法の過ちとその対策」

について考えていきます。

いま、統一教会の霊感商法の狡猾さが日々話題になっています。

これは以前からずっと行われてきたことですが、改めて、霊感商法は何が間違っていて、どう対処すればいいのかを、統一教会の事例をもとに述べていきます。

他の新興宗教や新興スピリチュアルでは、統一教会ほどエグいやり方ではなくとも、今でも「霊感商法」は行われています。

私はスピリチュアル屋として、これまで多くの「ホンモノとインチキを見分ける方法」について発信してきました。

今回の内容は特に大切なことなので、ぜひ「転ばぬ先の杖」としてご参考にしてください。

統一教会にいくら献金しても救いは全くない

安倍晋三・元総理の暗殺事件以降、(旧)統一教会の教義について調べています。

以前、以下の顔出し動画で、私が過去に統一教会から「悪質な勧誘」を受けた実体験を話しました。

(私は真理や真実を捻じ曲げる言説が死ぬほど嫌いなので、後半は少し感情的になってしまいましたが、それだけ嫌いだということです)

以前から、統一教会の教義を「インチキ」だと思っていたので、「学んでも時間の無駄」と思って触れてきませんでした。

(上の動画では統一教会の教祖である文鮮明とその妻・韓鶴子のことを間違えて「世界のお父様・お母様」と言っているのですが、正しくは「真のお父様・真のお母様(まとめて真の父母様)」です)

統一教会の教義そのものの波動は「めっちゃ重たい」ので、もちろん信じる信じないはご自由ですが、少なくとも私は学ぶ価値なしだと断定いたします。

※私は書籍やコンテンツ等の波動、エネルギー状態を観ることができます。それによってそのクオリティチェックをし、情報の取捨選択のお手伝いをするのも仕事の一つです。

これまで他の新興宗教絡みのご相談はときおりあったものの、統一協会は今まで相談がなかったのも学ばなかった理由です(ご相談者さんを理解するために、その教義をある程度知っておくことが必要なので)。

ただ、統一教会がこれまで仕掛けてきた「霊感商法」は今後もアンダーグラウンドで続いていくでしょうし、また他の新興宗教や新興スピリチュアルにおいても似たような手口が繰り返されるでしょうから、最近は「霊感商法のトップセールス団体」である統一教会の教義の概要を、その波動のショボさをガマンしながら学んでいます。

その上で、今回は「キングオブ霊感商法」であろう

「家系や祖先の『悪因縁』や『祟り』によって脅してくる手口」

について、どう捉えれば良いか考えていきます。

まず、結論を述べてから、細かい話をしていきましょう。

最も大事なことは、

家系や祖先の「悪因縁」や「祟り」とやらが本人に及ぼす悪影響は、あくまで部分的・限定的なものでしかない

まずはこの大原則を抑えること。

(上の動画でもちょっと話しています)

次に、

統一教会のような反日・反社会的カルトにいくら献金しても、そもそもそんな組織に「霊力」「法力」「神通力」など宿っていないので、全く効果を期待できない。

ということですね。

(※じゃあ「霊力・法力・神通力がある人にお願いすれば良いのか?」という問いについては別のブログで考えていきます)

いくらお金をたくさん積んだからといって、それで「悪因縁の解除」や「祟りの解怨」の効果アップやブーストにはなり得ません。

(解怨:かいおん=恨みを解くこと)

お金はあくまで「この世での約束事」であって、「あの世的な領域」にまで影響が及ぼせるかどうかは、全く別です。

他にも、これは過去のブログでも述べましたが、

「葬式仏教」でやっている『戒名』にしたって、高額で良い戒名をつけたからといって、それで「ご冥福」の度合いは変わりませんよ。

こう言うとお坊さんから怒られるだろうけど、戒名もまた全く効果のない霊感商法ですな。

高い戒名をつけられた故人の波動(オーラ)を観ても、ちっとも役に立ってないもん。

私は亡くなった人でも、波動がわかります。

あくまで遺族側の「故人にできる限りのことをしてあげたい」という想いに応えるだけ・・・

故人には何の影響もないけど、それで遺族が納得いくならいいのかもしれません(地域社会であれば、いつもお世話になっているお坊さんへの謝礼のつもりで戒名を「買う」のも一つの考えでしょうし)。

ただ、戒名については多くの人々の社会的合意が取れているので、統一教会のような問題に発展しないだけ。

もちろん「信教の自由」は尊重されるべきなので、統一教会などの宗教団体の教えが心の底から良いものだと信じられるのであれば、それを止める権限は誰にもありません。

でも、統一教会のように「あなたの不幸は父方・母方の先祖の悪因縁によるもので、それを解怨するにはたくさんの献金が必要だ」という論理は、完全に間違っていると断定いたします。

結局、安倍晋三を暗殺したとされている山上容疑者の母親は、自己破産までして献金したというのに、何の救いもなかったではないですか。

なお調べた限りにおいて、統一教会による父方・母方の「先祖解怨式(せんぞかいおんしき)」には、1家系あたり70万円の献金が求められるようです。

ある一つの家族を解怨するには、父方・母方のさらに父方・母方、合計4家系の解怨が必要なので、「初期費用」としては280万円になるという(現在は変更されているかもしれない)。

これ、あくまで初期費用ね。

そこからさらに7代遡った家系の解怨には、1家系あたり3万円の献金が求められるので、上と同じく4家系で合計12万円になるらしい。

教祖の文鮮明の言によれば「先祖解怨は120代まで必要」とのことだから、計算するとかなりの額になってしまいます。

(この霊感商法のパターンは過去、別の宗教団体絡みでご相談を受けたことがあります)

しかも、文鮮明亡き後、資金集めに困ったのでしょうか、妻の韓鶴子が「210代まで先祖解怨すれば『神様の血統』に繋がれる」という言葉を発しているため、献金額はさらに増えているようで。

いやはや、もうメチャクチャですね。

百"万"歩譲って、それで本当に「神様の血統」に繋がれるならいいけど、私が統一教会の信徒の昇天後(亡くなった後)の集合意識的な波動を観る限り、「アダムとエバ(イブ)」に接近できるようには観えないんですけど・・・

・・・ええ、あくまで私の霊的感覚であります。

それでもなお「真の父母様」を信じるなら、それもまた良しホトトギス。

「身内の不幸」と「個人のカルマ」を切り離し、天命に生きることを学ぼう

では段落を変えて、もう少し細やかな話をしていきましょう。

(旧)統一教会の献金をめぐる過去の事例から、「家系や祖先の『悪因縁』や『祟り』によって脅してくる手口」の具体例を紹介して、霊的に検討していきます。

ある女性は、ある県の農家に嫁ぎ、3人の子供に恵まれた。姑は50代、舅は60代で若くして亡くなったという。夫は40代前半に脳溢血で半身不随となり、それから10年ほどでガンで亡くなった。

 

それでもその女性は農業に子育てという多忙な日々を送っていたが、そんなある日、統一教会員の訪問を受けることになった。その会員は自分が統一教会であることは明かさず、手相や姓名判断を行って興味をもってもらうことに。

 

前から「度重なる身内の死は何が原因があるのでは・・・」と思っていたこともあり、統一教会側の「家族が若くして亡くなっているのは祖先の悪因縁である」「財産にも悪因縁がついているから献金して浄化しなければならない」という教えを刷り込まれてしまった。

 

気がつけば「マインドコントロール」がかなり進行しており、断り切れないままにトータル数億円の献金をしてしまったという。

>その会員は自分が統一教会であることは明かさず、手相や姓名判断を行って興味をもってもらうことに

という部分は、私も同じ体験をしています(「上の動画」で語りました)。

本当に「祝福」をもたらす教えなら、堂々と名乗ればいいのにね。

先ほども述べた通り、

家系や祖先の「悪因縁」や「祟り」とやらが本人に及ぼす悪影響は、あくまで部分的・限定的なものでしかない。

のであります。

確かにこの女性の姑や舅、夫が若くして亡くなったのは不幸なことでしょう。

ただ、それが「家系や祖先の悪因縁が根本原因である」と安易に結びつけてはなりません。

霊的には「定命(じょうみょう)」と言うのですが、人間の寿命はある程度は決まっているのであって、それは必ずしも悪因縁によるものではありません。

例えば生まれてすぐ、地上世界を去ってしまう幼児がいます。

それはこの世的な価値観からすれば「とても悲しいこと」だし、その両親からすれば「非常に痛ましいこと」です。

でも、霊的な価値観から観た場合、それすらもまた「定命」なのであります。

もちろん、不摂生、過労、心労が積み重なれば、定命は短くなることがあります。

(逆に、いくら不摂生な生活をしていても、長寿を全うしてしまう人もいます。この世だけの尺度から見れば、かなり理不尽ですね)

何が言いたいかというと、その人が若くして亡くなるのは、不摂生による健康寿命のマイナスを除けば、ご本人の定命が尽きたからであって、決して祖先の悪因縁や祟りが根本原因ではないのです。

霊的な価値観からすれば、この世での生活は「あの世(霊界)から派遣された短い修学旅行のようなもの」であり、本来の生命は永遠なのですね。

・・・ま、そんなの信じられないかもしれないけど、さっきも言った通り、私は亡くなった後も人間の波動(オーラ)が感じられる人間だから、良かったら信じてくださいな(^^)

ただ、私たちは普通、「平均寿命である80歳前後までは生きられるはずだ」と根拠なく思っているので、それに満たなければ「何か悪い因縁でもあるんじゃないかしら・・・」と、特に真面目でやさしい方は思いがちです。

逆に考えれば、「憎まれっ子、世に憚る」の通り、どうしようもなく意地悪で強欲なヤツで、正直言って周りは「早く●ねばいいのに」と影で神仏に祈っているのに、その絶大なる期待を裏切って長生きしやがるヤツもいますよね。

理不尽ですが、これもまた「定命」なのですよ(ただしそういうヤツは亡くなった後が大変ですが・・・)

ともかく、身内が平均寿命より早く死んだり不幸なことが続いたりするとしたら、「悪因縁」や「祟り」が根本原因ではなく、まずは「あくまでそういう現象が起きているだけ」と、その現象と自分のこれまでの行いとを切り離して捉えることが必要です。

特に人の生死や病気というのは、自殺や不摂生を除けば、自分で完全にコントロールすることはできません。

それを自分のコントロールを超えた「悪因縁」や「祟り」にのみ原因を求めてしまうと、そりゃその解決は他の誰かにお願いする、場合によってはドップリ依存することになってしまうのは当然でしょう。

もちろん、身内の不幸を前にして淡々とした態度を取るのは難しいことです。

やはり「なぜこんなに不幸が起きるんだろう・・・」と、因果論的に何かに原因を求めたくなるのが人情でしょう。

そう、「因果論」とは以前のブログでも触れたことがありますけど、「カルマ」ってやつです。

因果論に関する過去記事

けれど、そこはグッと堪えるところ・・・

この世の価値観は横に置き、それもまた定命、定まった命だったのだ・・・と「喪に服す」ことが求められます。

もちろんこのケースの場合、家族である限り「祖先の因縁」は間接的に関係しています。

ただし、身内の「不幸な死」と「自分自身のカルマ」とは、直接的には関係ありません。

残されたこの女性は、確かに生きることは、しんどいかもしれない。

女手ひとつで、子どもを立派に育て上げることは、苦労も多いだろう。

ただ、厳しいけれど、この運命を受け入れて生きるということが、この方にとっては「天命」なのです。

まさに「天が自分を育てようとしているのだ」という霊的な【目覚め】が、天から問われているのであります。

このあり方のことを「因果論」とは逆の【果因論(目的論)】と言います。

(よければ上に出した「因果論について書いたブログ」をご参考にしてください)

祖先の「悪因縁」や「祟り」という価値観に囚われず、自分の「カルマの物語」にも囚われず、それでも前向きに生きていくこと。

その態度を培うために、本来は宗教というものがあり、そして(お花畑ではない)スピリチュアルもあるのです。

ところがどうだ、それを目先の金儲けのために悪用し、カルマにつけ込んで脅すという言動は、まさに「サタンの所業」と言わずして何と言うでしょうか。

注意
真面目でやさしい人は特に注意してください。こういう人は「罪悪感」を抱きやすいので、霊感商法のみならず、ゴミ同然の金融商品やオレオレ詐欺などにも引っかかりやすい傾向にあります。縁あってこのブログを読んでいただいているので、ぜひ理論武装しましょう。

ここまでお伝えしても、やはり人間は感情を持っているので、「どうしてこんなに不幸が起きてしまうのだろう・・・きっと前世で罪をたくさん犯したんだろうな」と自責の念に駆られる人がいてもおかしくありません。

今回の内容をいくら論理的には理解できても、感情がついていかないことはあるでしょう。

だからこそ、私たちは学び続けなければならない。

(旧)統一教会のような団体に法外な献金をするのではなく、それほどお金をかける必要はないから、魂の汗、心の汗、ときに目から涙まで流しながら、学んでいかなければならない。

そう、「あの不幸と思えるような出来事があったからこそ、今の自分があるのだ」と、胸を張って言えるその日まで。


このテーマに関する続きは以下のブログです。

さらにご興味があればご覧ください。

******************

週に1回、メールマガジンを発行しています。

無料メルマガに登録いただいた方には、「ブログでは話しにくい内容」だけでなく

1:一部メニューの初回が割引!

2:「波動の良い本」のご紹介(約12,000字)

3:「波動を高めるモノ・コト」のご紹介(約17,000字)

4:「波動を高める食事」のご紹介(約21,000字)

5:「無料グループヒーリング」を受けられる権利(週1回)

6:キャンペーンや、無料 or 格安モニターを先行でご案内

というボリューム多めのプレゼントがあるので、ご希望であれば以下からご登録ください(解除はカンタンにできますのでご安心を)

※最近、メルマガが迷惑メールに入ったり届かなったりすることがあるので、その対策として【LINE公式アカウント】でも購読できるようにしています。

※iCloud系とHotmail系のアドレスは届かないようです

【メルマガ】【LINE公式アカウント】か、お好きな方をご選択ください。

(ただしLINEは情報漏えいのハイリスクが指摘されているため「サブ扱い」で、なるべくならメールでのご登録をおすすめしています)

※「iCloud系」「Hotmail系」のアドレスは高確率でメルマガをブロックしますのでご注意ください

ちゃんと登録できていれば、自動返信メールが届きます。

無料メルマガ 登録フォーム

【LINE公式アカウント】はスマホから以下を指でタップし、確認ボタンを押すだけで登録完了です。

友だち追加

またLINEの「お友だち追加機能」からQRコードを読み込んで登録することもできます。