「金運・恋愛運爆上げ」「運命の大転換」「奇跡の引き寄せ」「魔法の言霊」の情報洪水に疲れたあなたへ。真のスピリチュアルはそれを超える道を教える。

こんにちは。

波動カウンセラーの林 昭裕です。

あなたの金運が上がらないリアルな理由

私は普段からウケ狙いやマーケティングはあまり意識しておらず、むしろ「セルフ営業妨害」と自虐&自嘲する記事や「ラジオ動画」をけっこう出しています。

採算度外視というか、単なるアホと言うべきか。

それでもこのブログのアクセス数が少しでも増えたらいいな、とは思っていますよ。

でも、例えば

・「運気爆上げ」

・「奇跡の引き寄せ」

・「5月5日5時は運命を変える転換期」(ゾロ目は運気アップ!的な記事)

・「金運が簡単にアップする魔法の言葉」

・「寝ている間に "宇宙銀行" から預金を下ろす」

といったウケそうなキーワードを狙うのは、正直言って

 

むなしい

 

のであります。

たとえそういうことを多く発信することで仕事につながるとしても、個人的には、むなしい。

むしろ、それだけキラキラワードやハイテンションな動画がひしめき合っているというのは、逆に考えれば、

「日本人全体の運気や金運がどんどん下がっている」

ということではないでしょうか。

それによって「困っている人」「なんとかしたいと思っている人」が増えているからこそ、そういう類の記事がアクセスを集めるわけです。

ただ、量産されるその種のブログや動画によって、本当に「運気爆上げ」を実現させ、かつ「奇跡の引き寄せ」をガンガン起こす人もまた量産されるとしたら、いつか必ずこのトレンドは終わるはずなんですが、おそらくそうはならないでしょう。

なぜなら、日本人全体の金運が下がっているというのは、おそらく「運気の問題」ではなく、スピリチュアル系ブログらしからぬことを言いますが、

「政治・経済の問題」

つまり、

「日本の景気」>>>「個人の運気・金運」

という動かせない構図があるからです。

景気もまた「氣」なのであれば、「全体としての運気」が落ちているので、「個人の運気」はその悪影響を受けてしまう。

「運気」というのは、個人の資質や努力に基づくものですね。

もちろん、個人の運気を高めるために努力や工夫を重ねるのは言うまでもないこと(資質は持って生まれたものだから変えられないけど)。

けれども、ここで日本の景気を調べる上で日本のGDPの成長率をググってみてください。

以下はご参考として

「主要国の2019年GDP及び政府支出対2001年比(倍)」

という、経済評論家の三橋貴明さんが作成されたグラフです(彼のブログは勉強になるので文字リンクを貼っておきます)。

一目瞭然、直近の約20年間で日本は全くと言っていいほど、経済成長していない。

いや、世界全体は上記以外の国々を含めてもどんどん成長しているので、日本は相対的にますます貧困化している。

最近の英語には「ジャパニフィケーション(Japanification)」という単語があるらしく、これは「経済的な弱体化」を意味するものであり、日本が世界からどう観られているかがよくわかる言葉です。

にもかかわらず、2019年10月からの消費増税でさらに継続ダメージが与えられています(代わりに法人税は引き下げられとるんやで!)。

さらに、同じく三橋貴明さんが作成された

「日本の2020年5月までの日本の実質消費の推移(2015年=100)」

これだけ消費が減っているのは、「私たちが使うお金の量が減っていること」とイコールなので、それはそのまま「賃金の低下」につながります。

こちらのグラフを見ても、約20年間にわたって日本は貧困化し続けていることがわかります(ちなみにドーン!と落ち込んでいる時期は消費増税のタイミング)。

となると、やはり「個人の金運」の高い低いが根本問題なのではなく、「政治・経済のあり方」こそ問われているのではないでしょうか。

そんな中、「この魔法の言葉を言うだけで金運アップ!」みたいなスピリチュアル系コンテンツ "だけ" を信じているとすれば、

「スピリチュアルお花畑」

とスピに関心のない人たちから揶揄されても仕方ないかもよ・・・

金運を確実に上げる "しょーもない" 方法

先日、近くの映画館でアカデミー賞を受賞した『ノマドランド』を観ました。

この映画では「キャンピングカーで生活するアメリカの低所得者層」が描かれていましたが、これは決して海の向こう側の出来事ではなく、将来の日本でも起こり得ること。

鑑賞後、気になって日本国内の車中生活者について検索してみると、やはり生活苦等からその道を選ばざるを得ない方々もおられるようです(趣味で「バンライフ」を楽しんでいる人は別ですよ)。

私はスピリチュアル屋ですけど、いつも言っている通り、あくまで「現実」を大事にします。

その「現実」に基づいて考えれば、スピリチュアル業界内で「金運アップ」や「奇跡の引き寄せ」のかけ声が鳴り止まないのは、本質的には「個人の運気の問題」ではなく「政治・経済の問題」であると思わざるを得ません。

そもそも「全体のパイ」がどんどん縮小している中で、「金運を上げれば収入がどんどん舞い込む」ような説き方をするのは、"現実的には" かなり難しいんですよ。

もちろんどんな逆境や困難の中でも圧倒的な成果を出す企業や個人はいますが、実際にそれができるのは一握りですし、「だから誰でもやれば必ずできる!」と尻を叩くのは酷なもの。

それこそ本当に稼ぎたければ、スピリチュアル系YouTubeに見られるような「この動画を見るだけでどんどん金運アップ!」とか「寝ながら見るだけで上昇気流に乗る!」とかの超イージーモードとは真逆に、

・「動画を見るヒマがあれば、稼げるための勉強する」

・「寝る間を惜しんで、具体的な努力を続ける」

というハードモードに切り替えられるかどうかが、生まれつきそんなにツイてるわけじゃない人ができる「最も堅実な正攻法」ではないでしょうか(もちろんちゃんと寝てもいいけど)。

いや、見方を変えればスピ系コンテンツだけで金運を上げようとすること自体、もしかしたら「スーパーハードモード」かもよ。

ま、私も含めて「ラクして金運を上げたい!」って多くの人は思っているから「寝ながら金運アップ」的な "イージーモード" をついつい求めるんですけど、その安易さから抜け出せなければ運気もヘッタクレもなく、スタートラインにすら立てないんですよ。

「これで金運アップ!」みたいなコンテンツを量産することで本当に金運が上がるのは、その情報の受信者じゃなく、皮肉にもそれでフォロワーを増やした発信者です。

これは「成功哲学」の情報商材を売って経済的に成功するのは、その商材の購入者ではなく、それによってたくさん売上を上げた販売者であるのに似ています。

もちろん受信者・購入者の中にも金運アップを叶える人はいるかもしれませんが、よほどツイてる人でなければ、自分の得意分野とそれで稼げる方法を真剣に模索した上で、着実な努力を続けた人のはず。

それができない多くの人は、まぁ私もかつて情報商材をそこそこ買っちゃった身なのでエラそうなことは言えませんが、ノウハウコレクターで終わるわけですよ。

私が「どうやって金運を上げるんですか?」と聞かれたら、

・「人の倍以上、働いたらどうですか?」

・「稼いだ金額以上に、浪費していませんか?」

と即座に "しょーもない返事" をしてしまうのはそれが理由。

めっちゃしょーもないから本当は言いたくないんだけども、金運は「金を運ぶ」と書くんだから、十分に働いてないとか収支がマイナスとかいうのはそもそも「運べる金がない」わけで、全くお話にならんのであります。

もっとも最近では「仕事がない」という厳しい状況の方もときおりご相談に来られるのですが、これはもはや「金運以前」であり、本当にどうしようもなければ生活保護を頼らなくちゃ・・・

という「スピリチュアル要素ゼロ」的な話もある(とはいえ生活保護を受けるハードルはかなり高く、申請件数に対する受給率は約20パーセント)。

それもこれも、「個人の金運」の問題は決してゼロじゃないけれど、やっぱり本質は政治・経済的な「日本の景気」の問題ではないでしょうか。

それは私たちの政治・経済への無関心さが「引き起こした」ものだとすれば、実は私たち一人ひとりがその全体の現実を

「引き寄せた」

と言えるのではないでしょうか。

これもまた「引き寄せの法則」のひとつだと理解できれば、スピリチュアルはもっと具体的に現実的になってきますよ。

そう、「個人の運気と全体の運気はつながっている」という、スピ好きはみんな大好きなはずの「ワンネス」の考え方なんですから。

運気アップ・金運アップを超える道

心理学の言葉に、こういうものがあります。

「人は、『自分を変えたい』と思うのをやめて、『もうこのままの自分で良い』と深く受け容れることができたとき、なぜか変化が訪れる

実は「運気を上げたい」という想いは、「幸せになりたい」と同様、「自分を変えたい」という想いに似ています。

その気持ちは誰でも大なり小なりあるでしょうし、もちろん私自身にもあります。

ただ、あくまで「スピリチュアルの本質」に立ち還ってみるとき、そこで気づくのは、

「いま与えられているものの、有り難さを思い出す」

ということではなかったでしょうか。

「ありがとう」という天国言葉を言うのは、そもそも「金運を上げる」のが目的だったでしょうか?

※「天国言葉」について述べたブログは以下

「ツイてる」の言霊は効果なし? 金運も恋愛運も上がらない? 斎藤一人さん・小林正観さん発の天国言葉・地獄言葉はスピリチュアル鉄板ハウツーだが、実践には注意が必要。

ちゃんと実践している人ならお分かりだと思いますけど、「金運を上げる」ために魔法の言葉を唱えるのではなかったですよね。

「今でも十分、与えられている」

このことに気づくためでしたよね。

そして、たとえ肉体的・感情的には不快に感じる出来事があったとしても、

「まぁ、これも何らかの学びなんだろうな」

と柔軟に受け容れ、さらには感謝までできる自分にまで磨き高めるために、日々小さな実践を積み重ねているはずです。

この目的に正面から自分を照らすとき、実は「運気アップ」という表現が自然と消えてゆくんですよ。

運気など、もはやアップさせる必要はない。

ただ、あるがままに、目の前の出来事を受け容れていく。

運気がアップしようがダウンしようが、ただ淡々と受け止めていく。

これが「運気アップ」ではなく「運気を超えていく道」なんです。

マジスピ(真のスピリチュアル)とは、そういうこと。

本来、こういう道理を説くのが従来の宗教やスピリチュアルだったはずなんですが、いつの間にか「運気爆上げ」とか「奇跡の引き寄せ」とか、イージーモードに陥ってしまった。

ま、こういう種類の発信の方がわかりやすいし、フォロワーや視聴回数は集められるし、さっきも言った通り私も含めて人はラクして生きたい存在だから、しょうがないなーとは思っているんですけどね。

ただ、冒頭で述べた通り、もしイージーモードが

「むなしい」

と思ってしまったら、こういう道もあるよというご提案でした。

とはいえ、この道は別にハードモードではありませんよ。

地味で目立たず、キラキラというわけにはいかないけど、噛めば噛むほど味わいのある道であることは確か。

そして、その上で、「政治や経済に関心を持ち、日本だけGDPが成長しない異常な原因を知る」のも、さっき述べた「ワンネス」のリアルな学びとして大事です。

いくら個人レベルでは感謝が深くても、どんどん全体が貧困化していくのは、やはり健全とは言えませんからね。

そうやって現実に寄り添いながら、「現実を超えた道」を求めていくのが、私の考えるマジスピです。

それもまた、スピ好きはみんな大好きなはずの「覚醒」への道と思うのですが、いかがでしょうか。

そんな現実を考えるメルマガは次回で、126回目です。

スピリチュアル系メルマガのくせに、政治や経済の話も出てくるので、たぶん合う合わないがハッキリ分かれます(汗)

無料メルマガに登録いただいた方には、「ブログよりも濃いスピリチュアル情報」だけでなく

 

0:一部メニューの初回が割引

 

1:「波動の良い本」のご紹介(約12,000字)

 

2:「波動を高めるモノ・コト」のご紹介(約17,000字)

 

3:「波動を高める食事」のご紹介(約21,000字)

 

4:「無料グループヒーリング」を受けられる権利(週1回)

 

5:キャンペーンや、無料 or 格安モニターを先行でご案内


というボリューム多めのプレゼントがあるので、ご希望であれば以下からご登録ください(解除はカンタンにできますのでご安心を)

※最近、メルマガが迷惑メールに入ったり届かなったりすることがあるので、その対策として【LINE公式アカウント】でも購読できるようにしています。

【メルマガ】【LINE公式アカウント】か、お好きな方をご選択ください。

(ただしLINEは情報漏えいのハイリスクが指摘されているため「サブ扱い」で、なるべくならメールでのご登録をおすすめしています)

※「iCloud系」「Hotmail系」のアドレスは高確率でメルマガをブロックしますのでご注意ください

無料メルマガ 登録フォーム

 

【LINE公式アカウント】はスマホから以下を指でタップし、確認ボタンを押すだけで登録完了です。

友だち追加

またLINEの「お友だち追加機能」からQRコードを読み込んで登録することもできます。