8月19日/9月3日「自分自身に深く触れ、最高に自分らしく生きるための『人間性心理学』体験ワークショップ(第二弾)」

8月19日/9月3日:自分自身に深く触れ、最高に自分らしく生きるための『人間性心理学』体験ワークショップ

↑↑↑ 実際に手足を動かしながらワークに取り組みます

ワークショップの概要

まずはご感想を肉声でお聞きください。

こんにちは。林です。

今回はワークショップ第2弾のご案内です。

「心理学7割+スピリチュアル3割」で、イメージを働かせ、五感を使い、体験的に深い気付きを得ていく、そんなワークショップです。

「自分自身に深く触れ、最高に自分らしく生きるための『人間性心理学』体験ワークショップ(第二弾)

【日時】8月19日(金)or 9月3日(土)13~17時30分(両日とも同じ内容)

【場所】 松戸のカウンセリングルーム(リアルのみ)

【人数】6名限定(先着順・応募が重なった場合は初めての方を優先します)

【料金】3,000円

※お申し込みは以下から

https://forms.gle/9K4Mb6G2Ci2hgCtX8

※6月10日と7月9日に行った【第1弾】とは違う内容です。

※1回完結なので、単発参加でも全く問題ありません。

※このワークショップは心理学がメインです。「オーラが観える」「守護霊の声を実際に聞く」などスピスピした効果は期待できないのでご注意ください。

ワークショップの流れ

まず「世界平和の祈り」に合わせたヒーリングで波動(オーラ)を浄めるところからスタートします。

今回は心理学的なワークを中心とした内容で、スピリチュアル色は薄めです。

ただ、心の深い部分、また「魂」と呼べる領域は「霊性(スピリチュアリティ)」とも言い、結果的にはスピリチュアル的な部分に触れていくことになります。

今回メインテーマとなる『人間性心理学』とは、いわば人間としての深い成長を求めていくための心理学。

お手軽なテクニックやノウハウ系ではありません。

自分自身の「こころの深いメッセージ」を聴きながら、より自分らしい自分になっていくことを目指す心理学です。

今は人の目を気にしながら生きる「同調圧力」がより強くなっています。

もちろん周囲に合わせるのは悪いことではありませんが、あまり合わせることが続くと、自分自身を見失ってしまうもの。

この第2回のワークは、周囲を気にしすぎることなく「自分らしく」生きる!ことを求める内容です。

より具体的には

今回のワークのベースとなる心理学

・ロジャーズのクライアント中心療法

・ジェンドリンのフォーカシング

・パールズのゲシュタルト療法

・フランクルの実存分析(生きる意味を深く考える)

・マズローの自己実現論や至高体験

などのエッセンスを深く体験していくワークを提供いたします。

特にメインとなるのは「生きる意味の探求」と「自己実現の探求」です。

それは未来に求めるものでもあり、すでに自分の内側に与えられているもの。

それを深いレベルで気づく機会になることを願っています。

今回も約4時間半で3,000円と、参加しやすい価格設定にしました。

今後も少しずつ値上げしていきますので、良ければ今のうちに!

今後、この一連のワークショップを何度も何度も開催していこうと決めています。

最近ブログやメルマガに書いていることですけど、よろしければ、ご一緒に

「天命の自覚とその成就の道」

を歩んでいきませんか。

なお、オンライン同時開催する余裕はまだないので、関東圏在住の方が中心になってしまうこと、あらかじめご容赦願います。

※当日は自分自身の振り返りのため、撮影いたします。他の媒体にアップしたり販売したりすることは一切ありません。

「自分自身に深く触れ、最高に自分らしく生きるための『人間性心理学』体験ワークショップ(第二弾)」

【日時】8月19日(金)or 9月3日(土)13~17時30分(両日とも同じ内容)

【場所】 松戸のカウンセリングルーム(リアルのみ)

【人数】6名限定(先着順・応募が重なった場合は初めての方を優先します)

【料金】3,000円

※お申し込みは以下から

https://forms.gle/9K4Mb6G2Ci2hgCtX8

Q&A

「ワークショップってどんな目的があるんですか?」

「生きるむなしさ」というのは、「世間が求める役割(仮面/ペルソナ)」と「本来の自分」とが大きくズレているときに生じる絶望感や虚無感のことです。

この社会で何気なしに暮らしていると、いつの間にかその「役割/仮面」に同化してしまい、心のどこかで自己不全感は感じるものの、それを何となくスルーしながら目の前の仕事や雑務にかかりきりになるわけです。

社会にそれなりに適応できている人や、社会から距離を置いて暮らしていける人は、それでも不自由なく生きることができるでしょう。

ただ「繊細な感性」が残っているほど、「生きづらい感覚」を感じることになります。

現代の日本は残念ながら、かなり生きづらい。

例えば、約30年にわたる経済の凋落によって心の不景気感は増し、SNSの普及によって承認欲求に飢える人が増え、昨今の感染症によって同調圧力の根深さが露呈されるなど、見渡せばしんどいことが多い。

そんな中、ときどきは意図的に「解放」することが必要なんですね。

かといって、その解放の場がヘンな宗教やスピリチュアルでも困ります・・・

というわけで、このワークショップでは、どの宗教宗派でもない、学問的に認められている心理学の知見に基づいた非日常的なワークを体験することによって、本来の自分へと回帰する試みです。

自分が何のために生きているのか、「魂」のレベルでは何を望んでいるのか、そんな「自己発見」の機会となる場です。


※お申し込みは以下から

https://forms.gle/9K4Mb6G2Ci2hgCtX8