無料メルマガ登録で3大特典プレゼント!(解除はカンタン!)

オーラの色に「性格の相性」はあるのか?

こんにちは。

波動カウンセラー / スピリチュアリストの林 昭裕です。

 

前回は「『オーラ』見方や解釈は専門家によって異なることがある」という話をいたしました。

今回は「よくある質問」として、それに関連することを述べてみましょう。

 

仕事において複数の方々のオーラ(波動)をお答えしていると、

「あ、ワタシと●●さんは同じオーラの色だから相性が良さそうだね」

といったことをおっしゃる方がおられます。

他にも、

「オレのオーラは赤で、キミのオーラは青だから、きっと相性悪いんじゃないの~?」

と冗談っぽく語り合う場面に、私はこれまで何度も出くわしました。

そこにおそらく「明確な根拠」はないのでしょうが、どうも多くの人は「同じようなオーラの色」=「相性が良さそう」と感じる傾向があるらしいですね。

でも、それって本当なのでしょうか?

もちろん「価値観が近い」とか「趣味が同じ」とか、共通する部分をもって「相性が合う」と捉えるのは一理あることです。

けれども、特に恋愛がそうですが、オーラの色が近いからといって、性格まで合うとは限りません。

むしろ同じ磁石のS極同士・N極同士のように、反発する可能性だってあるんですよ(もちろん合う場合もあります)。

「前回のブログ」でも述べた通り、たとえ同じようなオーラの色でも、その内容は文字通り「十人十色」なんです。

いや、こんな言葉はないですが「億人億色」と言えるでしょう。

というのは、オーラの「色」だけ見れば同じだとしても、オーラの「輝き」や「大きさ」まで全く同じ人はいません。

また、いわゆる前世(過去世)の内容や、今生での生きる目的も違うわけです。

ここまで考えれば、同じようなオーラの色だからといって、その性格、もっと言えば「魂」は異なるものだということはご理解いただけるはずです。

私はさほど詳しく知りませんが、世の中には「オーラカラー占い」のようなものが存在します。

私は「普通の占いはエンタメである」と考えているので、それをバラエティ番組を見るようなノリで楽しむのであれば良いと思っています。

けれどもオーラの色でもって、特に恋愛の相性までガチで特定するのは、ちょっと考え直した方が良いですよ。

私は過去のカウンセリングにおける恋愛相談の中で、「オーラカラーでは相手と相性がバッチリだったはずなんですけど、実際はそうでもなくて・・・」というお悩みを何度かお聴きしました。

まぁ・・・そりゃそうでしょうね。

なぜなら「恋愛の相性」なるものは、本当は存在しないからです。

大切なのは「自分と異なる相手の価値観を、どこまで許容できるか?」という、聞けば当たり前のことですね。

ここで「相手の価値観を許容できる範囲」というのは、自分自身の中の価値観、正義感、ルールなどの軽重や濃淡によって決まってきます。

なので、問うべきは「相手の価値観がどんなものか」ということではなく、「自分自身の価値観がどんなものか」ということなんです。

ただ、それは場合によってはかなりしんどいことですね。

通常、「他人のコレが許せない」という部分には、何らかの心理的・感情的な「痛み」が隠されていることが多いからです。

まぁそういうしんどそうなことは後でじっくり考えるとして、あくまで「最初の一歩に過ぎない」「相性にオーラの色はあまり関係ない」と理解した上でオーラの色を見てゆくのなら、私はまだ良いかなと思いますよ。

以上、「オーラの色に相性はない」というお話でした。