運命を好転させ自己肯定感を高める「ゆるし」のコツ。スピリチュアル鉄板の愛と癒しのこの心がけは、じっくり時間をかけて取り組んでいくことを知ろう。

こんにちは。

波動カウンセラーの林 昭裕です。

最近「インチキ霊能者はこう見抜け!」みたいなタイトルのYouTube動画を見て、なるほどなーと勉強になりました。

そもそもショボいのに「スゴい能力」を盛っちゃうから怪しまれたりボロが出たりするんであって、最初からできないことを明確に伝えておけば、誤解は少なくなりますよね(集客も少なくなるかもしれんけど)。

私は起業当初から「オレは大能力者とちゃうで。なんでもわかるわけないやん」としっかり述べているスタンスは間違ってないんだろうなーと感じた次第です。

いつも『ラジオ動画』の冒頭で「お名前だけでわかります」って言ってますけど、思っていること全部わかるわけじゃないから。

ってことを、後でお互いが不幸にならないよう繰り返し言っといた方がいいんでしょうね。

「ゆるし」はそれほどカンタンではない

さて、今回はスピリチュアル界隈でよく言われる「ゆるし」について、見解を述べていきましょう。

最近では自己肯定感を高めるためにも必要とされている「ゆるし」。

次のブログは何を書こうかなと目を閉じて静かにしていたら、「ゆるし」という言葉が浮かんできました。

たぶん「オマエ、ネタがないんやったら今回はコレを書いたらええで」ってことなんでしょうけど、いやはや難しいテーマですね。

スピや心理学の業界では「ゆるし」って結構カンタンに使われる気がしますけど、実際そうカンタンなことじゃないと思います。

例えば、

・「自分をゆるせば、ラクになるよ」

・「自分が不幸なのは、誰かをゆるしていないからだよ」

って言われるんですけど、

 

それがすぐにできたら苦労せんわ!!

 

って、なかなか自分をゆるせなくって苦しんでいた私は思っちゃうのであります(過去形で言いましたけど、今でもそうかもしれません)。

私はかつて占いの組織に所属していた時期があるんですけど、そこでのご相談の中で

「ダンナの浮気について占い師の●●センセーに相談したんですけど、そしたら『あなたは夫をゆるさないとダメよ』って言われてしまいまして・・・確かにそれが大事だってことはわかるんですけど、どうしても『ゆるせない』って気持ちが強くって、何なら刺し殺してやりたいとすら思ってしまうんですけど・・・」

という苦しい胸の内をお聴きしたことがあります。

いやー、そうですよね、「ゆるしなさい」って言われて「了解です!」ってすぐ切り替えられたら、こんなにラクなことはない。

あと、同じようなご相談では、

「いやいや、『夫をゆるさないとダメよ』って言われたって、もし本当にゆるしてしまったら、アイツ(ダンナ)がもっと調子に乗るじゃないですか!『オレだっていろいろ大変なんだよ!』って言い訳しているアイツを肯定することなんてできませんよ!だからハヤシセンセー、今から包丁を研ぐか、クルマにC4爆弾を仕込んでも大丈夫でしょうか?」

※C4爆弾とは、アメリカ軍をはじめ世界的に使用されている軍用プラスチック爆薬の一種である(Wikipedia先生より)

という超アグレッシブな、しかし切実なご相談もありました(「とりあえず包丁や爆弾は最終警告用として横に置いときましょうか」となだめましたが・・・)。

こんな調子で、それなりに気持ちが整っている人でなければ、「ゆるし」なんて無理ゲーなのであります。

そもそも「ゆるせないモード」は心が整ってない状態なんだから、それで「ゆるしなさい」って言われても・・・

あ、そういえば『前回のブログ』では「ツイてる、うれしい、たのしい、しあわせ、ありがとう、ゆるします」っていうスピ鉄板の "天国言葉" を使うのはちょっと注意が必要だよ、って述べました。

「ツイてる」の言霊は効果なし? 金運も恋愛運も上がらない? 斎藤一人さん・小林正観さん発の天国言葉・地獄言葉はスピリチュアル鉄板ハウツーだが、実践には注意が必要。

すでに前のブログで説明している通り、もちろん「ゆるします」っていう言葉を言い続けるのは悪くないんですけど、それを表面的に言っているだけでは、なかなか効果を得ることができないんですね。

別に "天国言葉" が間違っているわけじゃなくって、ガチのマジで、雨が降ろうが矢が降ろうが言い続けることができるなら、実は変わってくるんですけど。

ただ多くの人は「ゆるします」って言えば言うほど、反作用的に「やっぱりゆるせねえ!」「フルボッコにしてやりてえ!」「なんだかヤツに負けてる気がしてならねえ!」って暗い思いが後からフツフツと湧いてくるもの。

さらに、本当に恨みつらみが深いと、実は

たとえ口だけだとしても、「ゆるします」って言えない

って「私は貝です」とばかりにウルトラ黙秘権を発動してしまうケースもあるんですよ。

それでもなお言い続けるというのは、シンプルでイージーなように見えて、実は相当ハイレベルな、まさに「修行」なのであります。

ピュアで素直な人は言えるんですけど、まぁ私みたいに理屈っぽい人や、根気が続かない人、かなり恨みつらみが深い人は難しいんですわ。

「口ぐせで人生を変える」的な本はノウハウがカンタンでわかりやすいので手を替え品を替え売れ続けるんでしょうけど、それをホントに体現できる人は少ないってわけ(だから売れ続けるんですが)。

誰とは言わないけど、スピ系ユーチューバーで名の知れているある方は、「魔法の言葉」的なコンテンツで再生回数を稼いでおられますね。

いまここまでブログを書いていて、「あぁ、"言霊ネタ" ってカンタンで効果がありそうやから、手軽にサクッと観るYouTubeにはピッタリなネタやなぁ」って感じた次第です。

YouTubeではまだ超絶弱小な私も、たまには「自分のYouTubeチャンネル」で言霊を扱ってみましょうかね。

ま、「この口ぐせであなたの人生に奇跡が起きます!」なんて、おそらく言わないでしょうが。

ゆるしをうまく実践するための3つの方法

さっき少し言った通り、確かに「ゆるし」は幸せに生きるために大切な心得ではあるんですけど、それをうまく実践するには、

まず自分のネガティブな感情を、ある程度、解放する必要がある

わけです。

ここが最初の心得なんですね。

これをしっかり理解した上でどうすればいいかというと、今回は3つほど述べましょう。

1:感情をしっかり吐き出したり、感じたりする

これまで何度か言っていることですが、やっぱり大事なんですね。

そのためにかなり効果的なことは、誰かに話を聞いてもらうこと。

それが女子トークでできるのであれば、ぜひおやりになれば良いでしょう。

ただ、ゆるせない感情がかなり複雑な場合は、女子トークだけでは難しいかもしれません。

その場合は(ややポジショントークにはなりますが)カウンセリングを利用されることも一つです。

ただしこれが占いになると、冒頭で述べたように「あなたが夫をゆるせばいいのよ」みたいな無理ゲーに突っ込んでしまう可能性があるので、親身に話を受け止めてくださる方をしっかり選んだ方がいいですよ。

もし「カウンセリングや占いだとお金がかかる」のが気になるのであれば、自分でノートに手書きで思っていること、感じていることを全部書きなぐればいいでしょう。

これを「ブレインダンプ」とも言って、ビジネスの世界では「アイデア出しの方法」として使われている手法ですが、とにかく思っていること、考えていること、感じていることを 1ミリも漏らさず出し尽くすことです。

ま、一人でやるのは結構ハードですし、かなりめんどくさいのが欠点ですが・・・

私はかなり悩んでいた学生時代のある時期、大学ノート1冊に小さい字でびっしり悩みを書きまくっていたことがあります。

いま振り返ったら、めんどくさがりの私がよくそこまで忍耐強くできたなぁと自分で感心するぐらいですが、それだけ苦しかったんでしょうね。

このように感情を文字にして書きまくる方法もありますが、一人でコツコツやるのが苦手なら、やっぱり誰がに話を聞いてもらうのが一番です。

2:言葉の力を活用する

前回のブログとここまでお読みになったのであれば、「おいおい、やっぱりそれか!」とお思いかもしれませんね。

そう、ここまで「天国言葉には注意が必要やで」と言ってきましたけど、まさに "注意した上で" 言葉の力を使おうぜ、という提案なんです。

何に注意するかというと、もしあなたが心底ゆるせない人を、それでもゆるそうというチャレンジをされるなら、

「ゆるします」というプラス言葉を使うと、その反作用としての「ゆるせない」という感情が必ず湧いてくる

これを、あらかじめ知っておくこと。

いや、もっと言うなら「覚悟」しておくこと。

これが注意点です。

そして、もし「ゆるします」と言い続けているうちに、「とはいえやっぱりアイツはゆるせねーわ!」みたいな感情が湧いてきたら、1番目で述べた通り、その感情をしっかり感じることです。

例えば、黒い泥水の入ったコップの中にきれいな水を入れ続けると、やがて黒い泥水が外に漏れていきますね。

最初は黒くても、続けていけばだんだん透明になってきます。

こんなイメージで、もしネガティブな感情が湧いてきたら、「あぁ、これでまた一つ、ゆるせない感情が消えていくんだな・・・」と思い定めること。

この思い "定める" というのが大事ですよ。

というのは、こうやって文章にするとカンタンそうに感じますけど、ゆるせない感情というのは、それが深く重たいものであるほど、そうたやすく消え去ることはないからです。

いわば、「黒い水」が出続ける時期がかなり続きますし、ようやく終わったと想いきや「そうはいかないぜ!」「次はシーズン2だよ!」とばかりにまた湧いてくるものだからです。

いや、黒い水だけならまだしも、汚い下水道みたく他に「ヘドロ」とか「汚物」みたいなモンスタークラスが生まれてくるかもしれません。

なので、

「言葉に魂を宿らせて言霊(ことだま)と成し、それが人格を変え、運命を変え、人生を変える」のは、それが霊(たましい)の領域である限り、決して安易にはできない

これこそ当サイトの根本テーマである【マジスピ】ですが、それを心得ることが必要不可欠です。

でなければ、イージーなスピリチュアルに流されてしまいますよ。

もし一人ではできないなら、やはり信頼できる人に頼った方が良いでしょう。

3:からだをゆるめる

これが一番お手軽です。

よく言われることですが、「ゆるし」というのは「ゆるむ」と語源的には近いのは言葉のリズムからお分かりですね。

実際、ゆるせないときの状態というのは、筋肉が非常にこわばっています。

眉間にシワが寄ったり、「肩を怒らせる」と言ったりしますけど、まさにガチガチな状態です。

私も「対面ヒーリング」でお相手の体を触れることがありますが、誰かがゆるせない人は、肩あや背中などの筋肉がバッチバチに固い場合があります。

それを意図的に「ゆるめる」ことで、「ゆるし」の状態が作りやすくなります。

例えば、温泉につかるとか(スーパー銭湯もアリ)、日常のノイズを離れて自然の多い場所に行くとか、リラックスできる場所に行くといいですね。

スピリチュアル的には瞑想も良いでしょう(ただ、本当にゆるせない場合だと瞑想中は雑念だらけになってしまいますが・・・)。

もちろんからだをゆるめるだけでは、根深いゆるせない感情を解放することは難しいかもしれません。

けれども、ちょっとした感情であれば、肉体からアプローチするのは非常に有効です。

何も魂や心を変えなくても、体の調子を整えるだけで意外と悩みが解消することは少なくないんですよ。

ここで得意のセルフ営業妨害をしますが(笑)例えば「スピリチュアルヒーリング」を受けるより、スーパー銭湯で「サウナ→水風呂→サウナ→水風呂→サウナ→水風呂」と、3セットほど繰り返した方がよほど心地よいかもしれません。

整体やマッサージに行くのもいいですね。

そうやって体のコンディションが良いときに、上の1や2のエクササイズに取り組むのも良いですよ。

1も2も調子が悪いときは続けにくいので、調子が整ったときに「貯金する」つもりでやるんです。

肉体というカタチから入る・・・こういう「現実的なアプローチ」もあわせて知っておかれると役に立つでしょう。

以上、スピリチュアルでよく言われる「ゆるし」を実践する参考としていただければ幸いです。

冒頭で述べた通り今回の「ゆるし」はかなり深いテーマでして、もうちょっと深いレベルの話はメルマガで述べてみようかなと考えています。

メルマガは次回で、122回目です。

無料メルマガに登録いただいた方には、「ブログよりも濃いスピリチュアル情報」だけでなく

 

0:一部メニューの初回が割引

 

1:「波動の良い本」のご紹介(約12,000字)

 

2:「波動を高めるモノ・コト」のご紹介(約17,000字)

 

3:「波動を高める食事」のご紹介(約21,000字)

 

4:「無料グループヒーリング」を受けられる権利(週1回)

 

5:キャンペーンや、無料 or 格安モニターを先行でご案内

というボリューム多めのプレゼントがあるので、ご希望であれば以下からご登録ください(解除はカンタンにできますのでご安心を)

※最近、メルマガが迷惑メールに入ったり届かなったりすることがあるので、その対策として【LINE公式アカウント】でも購読できるようにしています。

【メルマガ】【LINE公式アカウント】か、お好きな方をご選択ください。

(ただしLINEは情報漏えいのハイリスクが指摘されているため「サブ扱い」で、なるべくならメールでのご登録をおすすめしています)

※「iCloud系」「Hotmail系」のアドレスは高確率でメルマガをブロックしますのでご注意ください

無料メルマガ 登録フォーム

 

【LINE公式アカウント】はスマホから以下を指でタップし、確認ボタンを押すだけで登録完了です。

友だち追加

またLINEの「お友だち追加機能」からQRコードを読み込んで登録することもできます。