禅タロットリーディング講座、格安で個人セッション付きの体験会を行っています。

自己探求カウンセリング

こんにちは。

波動カウンセラーの林 昭裕です。

このたび

「自己探求カウンセリング」

という試みを、当面かなり安い料金(更新時点で、50分・4,000円)で行うことにしました。

これをすごく簡単に言えば、

・「霊能力ゼロ!」

・「〈傾聴〉中心の伝統的なカウンセリング」

ということになります。

もう少し細かく言うと、以下のようになります。

「自己探求カウンセリング」の概要

〈傾聴〉を中心とした「自分を深く見つめるカウンセリング」であり、「何らかの答えを提案するコンサルティング」ではありません。

 

★なので「アドバイス」はほとんど行いません。この「伝統的なカウンセリング」では、相談者様がご自身で深く考えていただくことをサポートします★

 

■ご相談内容は「自分の内側で深く考えたいこと」であれば何でも構いません。

 

■結果として、「深い自己肯定感」「苦悩を受け入れる態度」が持てるようになり、「あるがままの自分」でいられる時間が長くなるでしょう。

 

■また「自分の天命に気づく」「人生の意味に目覚める」ことも可能になるでしょう。

 

〈スピ系ゼロ!〉なのでご注意ください。「波動(オーラ)」や「過去世」や「守護霊」は観ないし、「ヒーリング」や「タロット」も封印です。〈ただ生身で、全力で話を聴く〉王道のカウンセリングを行います。

 

■スケジュールは、他のメニューと同じ時間帯(11~20時/22~25時)です。

 

■基本的に「オンライン」で行いますが、平日の13~17時30分までであれば「リアル」でも承ります。

 

■トータル50分です(初回は冒頭に10分ほどの自己紹介タイムが入ります)

 

スピリチュアル系メニューと違い、どれだけ話が盛り上がっても延長は一切いたしません(これも伝統的なカウンセリングの枠組みです)★

 

■ここで行うのは「伝統的なカウンセリング」であり、「週に1回程度」「最低でも5回」受けていただくのが基本です。深い「自己探求」には、それなりの時間とエネルギーがかかることをご理解願います。

 

まずは1回受けていただき、もしお役に立てそうなら継続して受けていただければ幸いです(もちろん強要はいたしません)。

 

■精神的な疾患をお持ちの方は、申し訳ありませんがお断りさせていただいています。

  

料金は4,000円(税込)です。終了後にお振込みいただきます(延長はしませんので、延長料金はかかりません)。

 

振込先:【三菱UFJ銀行】・青山通支店(アオヤマドオリ)・普通 1889425・ハヤシ アキヒロ

 

※上記は時に応じてアップデートしていきます。

以上が概要です。

ここまで読んで申し込みたいと思われたら、「以下のフォーム」からお願いします。

自己探求カウンセリングに申し込む

本気の「傾聴」は、あなたの魂を豊かにします

ここから先は、絶対読んでいただきたい内容ではありません。

 

ただ「『霊能力ゼロ』ってどういうこと?なんで?どういう意図なの?」など疑問があれば、読んでいただくといいかもしれません。

上の説明にあった

★「アドバイス」や「指示」や「説教」だけでなく、「励まし」すら原則行いません★

って「えっ、それ何なの?」と疑問に思ったかもしれませんが、いえいえ、これがスタンダードの「傾聴」です。

「じゃあ、何するの?」というのは、一言でいうと

「相談者の〈鏡〉となること」

これが「傾聴」の根本です。

「カウンセラーが相談者の〈鏡〉になったら、どうなるの?」とさらに聴かれたら、

・「自分の『気づき』が深まっていく」

 

・「『あるがままの自分』を受け入れられるようになっていく」

 

・「『こうあるべき』という条件付けから自由になっていく」

とお伝えしましょう。

つまり、「相談者の魂が深まっていく」のです。

これこそ、真の意味での「スピリチュアルカウンセリング」なのです。

(ただし、それなりの時間がかかることと、カウンセラーの力量が求められます)

これらは「傾聴の入門書」を読めば、たいてい書かれてあると思います。

しかし・・・

エラそうに言うようですが、傾聴が本当にできる人は、正直言って少ない。

尊敬する心理カウンセラーの話によると、心理職の有名な資格である「臨床心理士」や「公認心理師」を持っている人でも、ぶっちゃけ傾聴ができない人はゴマンといるとのこと。

私自身、以前「30年間、傾聴を仕事にしているベテランカウンセラーさん」の実際のカウンセリングを見せていただきましたが・・・

大変失礼ながら、「さすがベテラン!」と思わせるほどの傾聴ではありませんでした。

実は「ほんまもんの傾聴」ってかなり難しいんですよ。

「話なんて、耳があれば誰でも聞けるでしょ?」と思う人もいるでしょうが、いえいえ、実際は想像をはるかに超えるハードなトレーニングが必要なんです。

私は今から10年以上前、『産業カウンセラー』という民間資格を取りました(プロフィールには出していませんけど)。

『産業カウンセラー』の研修は、傾聴トレーニングが中心でした。

そして「筆記試験」と「実技試験」の2つをクリアして、資格に合格しました。

そんなに簡単な試験ではなかったので、そこそこ真面目に勉強した記憶があります。

でも、それでも傾聴は全然うまくなりませんでした。

これじゃダメだと思って、それから「傾聴一本だけでメシを食っているプロの開業カウンセラー」の方に、改めて傾聴トレーニングを受けました。

(ちなみに、この方は当時「臨床心理士」など有名な資格は一つも保有しておられませんでした)

ラクな学びではありませんでしたが、何とか所定のカリキュラムを終えました。

でも、それでも「傾聴はちょっとだけ上達したかな・・・」と感じる程度でした。

なぜそんなに難しいかというと、本来「傾聴」というのは「総合的な人間力」と「継続的な厳しい訓練によって得た本物のスキル」が求められるからです。

少し考えたら誰でもわかると思いますが、目の前の相手の「苦しみ」や「悩み」に本当に寄り添える人間になるには、自分が自分の人生を本気で生きなければなりません。

何よりも自分の人生における「苦しみ」や「悩み」と向き合い、過去から引きずっている「心の痛み」を高い次元で解消しておくことが求められます。

それが「人間としての度量」を広げるということであり、そうでなければ多種多様な相談者様の苦悩に耳を傾けることなど、絶対できません。

人間としての根源的な「あり方」の土台の上に、カウンセリングスキルという「やり方」があるのです。

その本質を考えたとき、傾聴の訓練は「修行」の名にふさわしい。

私は、厳しくも尊いその「道」に、いつしか魂が惹かれていきました。

現在は月に何度か、カウンセリングの研修に通い続けています。

そう、スピ系ではなく、一般的なカウンセリングの研修です。

サイキック(霊能力)とスピリチュアル(魂の探求)を使い分ける

以前ブログで述べたことがありますが、

霊能力を使ったカウンセリング」は、厳密には「スピリチュアル・カウンセリング」ではありません。

正確には「サイキック・コンサルティング」です。

詳細は以下をご覧ください。

最も大切なことは、

たとえ「霊能力」を使わなくとも、魂の次元からの「深い気づき」がもたらされるようなカウンセリングは、「真のスピリチュアルカウンセリング」である。

ということです。

スピ業界で言われる「スピリチュアルカウンセリング」は、リーディングやチャネリング、占いの類によって何らかの答えを相談者に提示する「コンサルティング」なのです。

もちろんそれによって「魂の次元からの深い気づき」がもたらされるなら、その程度に応じて「スピリチュアルカウンセリング」だと言えるでしょう。

ただし最も純粋なる「スピリチュアルカウンセリング」とは、カウンセラー側が「アドバイス」「指示」「説教」などをせずとも、「霊能力」や「タロット」や「生年月日」などを駆使せずとも、相談者の内側から「深い気づき」が促される営みなのです。

私は自分の肩書を「スピリチュアルカウンセラー」とは言ってきませんでした。

理由は3つあります。

1つ目は、スピ業界内において「スピリチュアルカウンセラー」という名称が、安っぽく使われている印象があったからです。

2つ目は、「真のスピリチュアルカウンセリング」とは上記の通り、「霊能力」や「占い」を使うことではないからです。

3つ目は、これも上述の通り「真のスピリチュアルカウンセリング」には、本来「総合的な人間力」と「継続的な厳しい訓練によって得た本物のスキル」が求められるからです。

以上の理由から、安易に「スピリチュアルカウンセラー」と名乗るのを避けてきました。

「波動が観える」のが最も得意だから、『波動カウンセラー』と名乗ってきたのです。

しかし、今の私は「真のスピリチュアルカウンセリング」に挑戦しようとしています。

それが今回の試みです。

もとより、「サイキック(霊能力)」と「スピリチュアル(魂の探求)」は〈使い分け〉だと思っています。

例えば、私の仕事の一つに〈「引っ越し物件」や「食べ物・サプリ・クスリなど」の波動(エネルギー)を観る〉というのがあります。

これはシンプルに「良いか・悪いか」を言えばいいだけなので、これに「深い自己探求」は必要ないですね。

また、「婚活のマッチング相手」や「企業の採用への応募者」の波動を観るのは、これもシンプルに「良い人か・クセのある人か」を初期のスクリーニング(選別)として観るだけなので、これも「深い自己探求」は必要ない。

これらはある程度〈答えのある世界〉であり、初期段階で解決した方が後の展開がラクになります。

そんな需要に対し、これまで「サイキック(霊能力)」を使って数多くお手伝いしてきました。

しかし、例えば婚活が大事な局面に入れば「本当にこの相手でいいのか?」という〈答えのない問いの世界〉に入ります。

たとえ「その相手の波動が良い」としても、占いで「相性バツグン」だと言われても、本当に本当に本当に運命を共に歩める相手なのかどうかは、前もって約束されていないからです。

(残念ながら、占いで「相性バツグン」と言われた後に別れたカップルはゴマンといます)

こうなると、「サイキック(霊能力)」ではなく「スピリチュアル(魂の探求)」の要素が強くなってきます。

逆から言えば、〈答えのない問いの世界〉に入ると、「サイキック(霊能力)」はあまり役に立たなくなります。

何をどれだけアドバイスされようと、最後は本人の全責任で決断しなければなりません。

たとえその決断が後で「失敗」に終わったとしても、そこでくじけてしまうことなく、「魂の成長の糧」として引き受けていく覚悟。

これを深いレベルで「同行者」として共に考えていくのが、今回ご案内している【自己探求カウンセリング】なのです。

そもそも私も通常の『個人セッション』や『禅タロットリーディング』や『守護霊リーディング』は、サイキック(霊能力)とスピリチュアル(魂の探求)とのハイブリッドです。

言い換えれば「問題解決(答えのある問い)」と「自己探求(答えのない問い)」の折衷スタイルなのですが、このたび【純粋な自己探求】としてのカウンセリングを行うことにしました。

ここまでお読みいただき、自己探求を深めたいと思われたら、以下からお申し込みください。

自己探求カウンセリングに申し込む


※2024-06-06 更新