禅タロットリーダー養成講座、格安でリーディング付きの体験会を行っています。

過去世リーディング

過去世リーディングの概要

一言でいえば、過去世という「次元の異なる情報」によって、普段と違った角度から自分を理解し、「現世の人生」に役立てることです。
 
ときに、過去世が客観的に証明できない情報にも関わらず、不思議と「納得感」が得られる場合もあります。

以下、概要です。

過去世リーディングの概要

■あくまで「現世をより良く生きるため」という大前提で、過去世を観ます。

 

■過去世を知るだけでは、人生は変わりません。過度な期待は禁物です。

 

■どれだけ素晴らしい過去世も、どれだけひどい過去世も、「かつての物語」に過ぎません。大切なのは「かつて」ではなく「いま」です。

 

■「現世がうまくいかないのは、過去世が悪いからだ」と “責任転嫁” するぐらいなら、むしろ何も知らない方が良いでしょう。

 

■「どんな過去世であろうと、私はすべてを受け入れる」と決心できたとき、あらゆる過去世はあなたのエネルギーおよびインスピレーションの源泉となります。

 

■「過去世は “いくつも存在する”」ので、時と場合によってリーディング内容は変わります。

 

■「キラキラ系スピリチュアル」にありがちな、「あなたの過去世はどこかのお姫様(王子様)でした」といった〈エゴを喜ばせるだけのリーディング〉は一切行いません。

 

■逆に「あなたの過去世は極悪非道の限りを尽くしました(だから現世は最悪の運気です)」といった〈相談者を傷つけるだけのリーディング〉も一切行いません。

 

(ついでに言えば、聖人君主にも「極悪非道の過去世」はあります)

 

■「過去世の物語」は一つの参考情報に過ぎず、縛られる必要は全くありません。もし心の深い部分が望むなら、今生は全く違うことをしても良いのです。

以上が概要です。

進め方をざっくり言いましょう。

 

リーディングでは「ヤマカン」で全く構わないので、
 
「もしかしたら、現世の自分に影響を与えてそうな過去世はこういう感じかな?」
 
ということを述べていただきます。

 
「もしわかるとしたら?」と、”遊びごころ” を持ってやっていきましょう。
 
もちろん、見当外れでOKです。何が「正しい」かなんて、わかるわけがないのですから。
 
これは言われっぱなしの受け身ではなく、主体的にご参加いただくためです。
 
「真のリーディング」とは、自分で自分を観ることなのです。

 

その後、私の方からあなたの特徴的な過去世を2~3通りお伝えし、それ聞いて感じたこと、気づいたことを述べていただく、という流れです。

お申し込みは以下からお願いいたします。

過去世リーディングを受ける

過去世は「事実」ではなく「物語」です

ここから先は、過去世について補足事項です。

・過去世は「事実」ではなく、「物語」です。

・「生まれ変わり」とは言っても、「全く同じ魂が、肉体を次々と乗り換えている」のではありません。

・「魂」は固体的な存在としては捉え切れず、もっと「混沌とした何ものか」です。

・スピリチュアル業界では、この「魂の混沌さ」を例えば「あなたの過去世は、平安時代の農民でした」などとシンプルに割り切って伝えます。

これは「事実」ではなく、「過去・現在・未来」の時間軸で生きている私たちが理解しやすいよう、シンプルにアレンジされた「物語」に過ぎません。

・「そうか、過去世とは物語なんだ」とクールに眺めること。あくまで参考情報。この距離感が大切です。

・それでいて、あなたの波動(オーラの情報)を観ていると、「過去世の物語」が浮かんで観えてくるから不思議です。

・例えば「あなたの特徴的な過去世は、中世ヨーロッパで十字軍に所属していたことです」と言うとき、それを「事実」として捉えるのではなく、「その物語から導き出せるあなたの資質」を考えることです。

・「十字軍の性質」とは、例えば「神への厳しい信仰」であり、「国家(目上の存在)への忠誠心」であり、「戦争を “聖戦” と呼ぶ正義心」であるかもしれません。あるいは「異端を徹底的に排除する冷徹さ」であるかもしれません。

なお、概要で述べた通り「過去世を知るだけでは意味がない」という考えから、これまでメニューとして過去世リーディングを出しませんでした。
 
ただ、「過度な期待はしませんけど、あくまで参考として知りたいです」というご要望をいただくこともありました。
 
真のスピリチュアル【マジスピ】とは、「過去世の物語」に囚われず、現世を輝いて生きること。
 
その根本を忘れずにリーディングを申し込まれると、より充実したセッションになるでしょう。


以上のことを、動画(ほぼ音声)で少し別の角度から述べました。

よろしければ、文章とあわせてご参考にしてください。

■過去世の”物語”は現世をより良く生きる意志があって、はじめて輝く。

例:わたしの特徴的な過去世

例えば、林の過去世として特徴的でわかりやすいのは、

 

「僧侶としての過去世」

 

です。
 

私が「お坊さん」っぽい風貌をしているので、誰もが「でしょうね!」と納得してくださいます(笑)

 

私は哲学や宗教が好きで、かつ現世ではスピリチュアルを仕事にしているのも、この過去世の影響が強いと言えます。

 

加えて「僧侶としての過去世」では反骨精神が強く、宗教組織にありがちなヒエラルキー(階級制)を非常に嫌ったようです。

 

尊敬すべき唯一の存在は「神仏」であって、地位や権力だけでもって「偉い」とするのは間違いだと信じていました。

 

「宗教家としての真の偉さ」とは、いかに神仏の道を深く体得し、そして実践できているかでしか測れない。

 

そう信念しているので、既存の宗教団体からは嫌われます。

 

だから自分から離れるか、あるいは破門にされてしまうわけです。

 

(振り返れば現世でもある団体で、考え方の違いから「破門」に近い状態になったことがあります)

 

(また学生時代のある時期、あるグループから「裏切り者」扱いされたこともあります)

 

そうして一人でいろんな場所を旅しながら、独自の宗教や思想を説いていたようです。

 

その影響があってか、今生ではいかなる宗教団体にも所属する気はありません。

 

加えて、一般的な組織ともベッタリ関わることができないのです。

 

(今生で会社勤めが苦手だったのは、一匹狼的な過去世の影響があるのかもしれません)

 

さらに、スピリチュアル業界においても「これが流行っている」とか「これがウケる」とかいうことにも興味がなく、「本当の教え」とは何なのか、「本質」とは何なのかを、学び、伝えたい。

 

ウケ狙いより、本質を追窮したい気持ちの方が強いのです。

 

ただ、今生でチャレンジしたいのは、〈小さな自己満足〉から〈より広い自己拡大〉を目指すことです。

 

「過去世からの流れ」をそのまま汲むと、一匹狼として「人から理解されなくても構わない」「オレはオレの道を行きさえすればいい」ということになるでしょう。

 

「過去世の当時」は今のようなネット社会ではないので、ごく限られた少数者から支持を受けていたに過ぎませんでした。

 

それはそれで満足している自分もいるし、今生でも「人から理解されなくても構わない」「オレはオレの道を行きさえすればいい」という考えは、自分の内側のどこかにあります。

 

でも、同時に「本当にそれでいいのだろうか?」という気持ちもあるのです。

 

現代は自分の考えを、より広く伝えられるツールに恵まれています。

 

ですから、今生では「少数でも理解してくれる人がいたら満足だ」というレベルを超え、なるべく多くの人々に自分の考えたこと、感じたことを伝えたい、と考えるようになりました。

 

「過去世からの流れ」をそのまま続けるのも良いし、そこからさらにステップアップしたり、場合によっては思い切りジャンプしたりしてもいいのです。

よくある質問

専門家によって過去世の内容が変わることがありますが、これはどう理解すれば良いでしょうか?
「守護霊リーディング」同様、過去世も専門家の個性やフィルターによってリーディング内容が変わります。
 
ただ、共通するのはどれも「物語」であって「事実」ではない、ということです。中には「事実」かのように言う専門家もいるでしょうが、科学的に証明できない以上、やはり「物語」なのです。
 
大切なことは上記の通り、どんな過去世をリーディングしようとも、「そこから導き出せるあなたの資質」を観ることです。それができないようなら、その専門家はあまり腕がないということです。
 
自分のことを棚に上げて言えば、専門家選びは慎重になさることです。中には相談者を過剰に持ち上げたり、逆に突き落としたりすることもあるので要注意です。
 
そもそも過去世に良いも悪いもありません。すべては「神の本質」を顕現するため、魂は果てしない「宇宙の旅」をしているのです。魂は失敗や過ちから、最も多くを学ぶことを忘れてはなりません。
「前世(過去世)の記憶がある子ども」がいて、過去に実証的な研究もあったようですが、信じられるでしょうか?
参考にはしても、鵜呑みにしない方が良いと思います。まだ「あちらの世界」とつながっている感性の鋭い子どもが、何らかの「過去世の記憶の層」に触れた可能性も考慮すべきでしょう(そんな子どもも、成長するにつれ忘れてしまいます)。

すでに述べた通り「全く同じ魂が、肉体を次々と乗り換えている」ということはありません。魂はもっと混沌とした、物質的な尺度で割り切れない「何ものか」です。
 
スピリチュアル業界で「誰それの過去世は◯◯だった」と、魂を「固定的で不変的な存在」として表現するのは、意図的にわかりやすくすることでウケを狙った「物語」なのです。

料金・スケジュール

【料金】

 

50分 / 18,000円

 

※50分以降は、10分延長ごとに2,500円いただきます

 

※初回は冒頭に「10分前後」の自己紹介タイムが加わります

 

※事前にリーディングをするため、基本時間は60分でなく50分です。

 

【お振込先】

 

■三菱UFJ銀行

・青山通支店(アオヤマドオリ)

・普通 1889425

・ハヤシ アキヒロ

 

(恐れ入りますが、振込手数料はご負担願います)

 

【スケジュール】

 

■①11~20時 ②22~25時

 

※「対面」の最終受付は16時まで。それ以降は「オンライン」。

 

※①の「オンライン」最終受付は18時

 

※②の最終受付は23時


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

お申し込みは以下からお願いいたします。

過去世リーディングを受ける