無料メルマガ登録で3大特典プレゼント!(解除はカンタン!)

徳の高い背後霊・守護霊・指導霊を引き寄せて、運気・運勢・成長を高めるスピリチュアルな方法。でもイケてない低級霊や地縛霊にはご注意。

祈りと光

こんにちは。

波動カウンセラーの林 昭裕です。

前回の「ラジオ動画」では、少しだけ

「背後霊の存在」

について、ちょっとだけしゃべりました。

背後霊の引き寄せで人格は決まる? 第61回:なぜ金銭欲や性欲の激しいスピリチュアル専門家が存在するのか? 守護霊以外の背後霊と引き寄せの法則について少しだけ理解しておこう。

今回はそれをもう少し説明してみたいと思います。

無理して信じないこと
なお、このブログでは「背後霊は目に見えないけど存在していますよ」という前提で話をしています。

 

まだ客観的な証明はできませんけど、少なくとも私には波動(オーラやエネルギー)としてそれらの存在を感じることができるので、否定はできないんです。

 

ただ、別に無理に信じなくてもいいですし、「信じるものは自分ただ一人のみ」という考え方も一理ありですね。

話を進めるにあたり最初に注意点を言っておくと、マニアックなスピリチュアルばかりになると現実から浮いてしまう、ということです。

実際に私が拝見していると、スピリチュアルオタクな人の波動(オーラ)は重たかったり暗かったりすることが少なくない・・・。

ご本人は「わたくしスピリチュアルわかってざますオホホッ(●´ิ∀´ิ●)」とアピールしているかもしれませんが、実際は役に立たない知識を詰め込んでいるだけだったりして。

たとえオタクでも、現実とのバランスが取れていたらいいんですけどね。

私が考えるスピリチュアルとは「あくまで現実をよりよく生きるための物の見方」なので、あまりマニアックな事柄は出しすぎないようにしてきたものの、最近はもう少し出してもいいかなと思っているところです。

ただ、今回テーマにしている「背後霊」に関して言うと、特に占い師やスピ系カウンセラーなどのスピリチュアル専門家の中で「ワタシの背後には●●というカミサマがついてるよ」と言っている人がいたら、大半はウソやゴマカシか、それに気づかずホンモノと思い込んでいる状態なので、問答無用で気を付けた方がいいですよ。

これは上のラジオ動画でも述べましたし、例えば以下のブログでも口を酸っぱくして説明しています。

スピ系のホンモノ・ニセモノを見抜く8つのポイントを、現役のスピリチュアルカウンセラーが語ってみた。【永久保存版】

なので、私自身が「実はオレの後ろには●●っていうカミサマがついてんねん、スゴいやろ?」なんて言い出したら、ソッコーで離れてください(笑)

こういうのは、よほどの確信がなければ、決して言うべきではない・・・その理由はまた別の機会に述べましょう。

守護霊は誰にも必ず専属でついている存在

じゃ、まずは背後霊についてカンタンに説明しておきましょう。

背後霊とは【守護霊】も含め、あなたの背後についている目に見えない存在のこと。

もうちょっと細かく言えば、

背後霊の種類
・守護霊

 

・指導霊

 

・先祖霊

 

・低級霊や地縛霊

という分類ができます。

さらに細かい分類もできるっちゃできるんですけど、それこそマニアックになってしまうので、上のもので十分です。

そういえば、過去に『守護霊とご先祖に違いはあるのか?』というラジオ動画を出したことがあるので、ご参考にしてください。

アイキャッチ011 第11回:「守護霊」と「ご先祖」に違いはあるのか? ご先祖様があなたを守っていないこともある?【YouTube同時配信】

『守護霊』については過去のブログでは何度か述べていますが、それも含めてカンタンに説明すると、

・『守護霊』というのは、あなたに専属で、生涯あなたのことを見守る存在のこと。

 

・『指導霊』というのは、守護霊のように専属ではないものの、必要に応じてあなたをサポートしている存在のこと。

 

・『先祖霊』というのは、読んで字のごとく、血のつながりのあるご先祖が、必要に応じてあなたをサポートしている存在のこと。

 

・『低級霊や地縛霊』というのは、迷っていて成仏できずに地上に留まっている存在のこと。

 

また、いわゆる「物の怪」や「魑魅魍魎」と言われている、人間としての経験のない動物的で未熟な感情を持っている存在のこと。

という感じですね。

一番重要な存在は『守護霊』です。

このブログを読んでいただいているあなたであれば、ぜひ『守護霊』は知っておかれると良いと思います。

ただ、『守護霊』については、 “いかがわしい” とされる一部の新興宗教でも言われていることなんですよ。

そのため、「守護霊って言われてもちょっと怪しいかも・・・」と感じておられるかもしれません。

そう感じるのであれば、別に無理して信じなくても大丈夫ですよ。

信じないからといって、別に大きく損をするわけじゃないですから。

(これを論理的に言えば、もし守護霊に関心のない人にツイてないことが起こったとしても、「これは自分が守護霊を信じていないからこうなってしまったんだ」とは考えないため、その人にとって「守護霊は運命を左右する存在」にはなり得ないのであり、よって信じないからといって大きく損することは絶対にない、ということですね)

念のため言っておくと、私は宗教は好きですけど、特定の宗教団体には所属していません。

また、過去のブログでも「カウンセリング」のページでも言っていますが、「守護霊メッセージ」を仕事のメインにはしていません。

守護霊をアピールしたところで、別に直接的に大きな利益につながる立場ではないんです。

ただ、実際にスピリチュアルな感覚では「観える」んですね。

なので率直に言えば、「誰の後ろを見ても守護霊さんがおられるんやから、信じた方がええんちゃう、少なくとも否定はしない方がええと思うけどな~」という気持ちです。

私たち日本人は「おかげさま」という言葉を使うわけですが、その「お陰」の中に守護霊も加えてもらえるといいんじゃないかなと個人的に思っています。

人生を歩んでいると、自分の力を超えた「おかげの力」によって不思議と導かれているような感覚を抱くことがあるかもしれません。

それを『守護霊』と名付けることは好みの部分もあるので、もしそれがしっくりこないのであれば、もっと馴染みのある表現だろう「おかげさま」と言えばいいのではないかと思います。

「おかげさま」まで否定する人は、あまりいないでしょうね。

守護霊により強く守っていただくには、シンプルな話、こちらが守護霊を常に意識していけばいい。

人間関係の心理学で「人は自分に好意を持ってくれる人に、好意を持つ」と言われていますが、それは「神と人との関係」においても同じものがあります。

その細やかなポイントについては、宣伝になってしまって恐縮ですが、

守護霊レポート表紙2

『守護霊とつながって毎日をラクに生きる方法』という20,000字弱のレポートの中で詳しく述べています。

500円という最安価格で出しているので、もしよければチェックしてみてください。

もしご購読いただきレビューを書いていただいたら、守護霊について解説した約90分のセミナー音源をプレゼントしています(このキャンペーンは期間限定)。

(ちなみに上記のリンク先は『ココナラ』というサイトですが、結構な販売手数料(25%)を持っていかれるので、あまり利益にはならないです・・・ジャンルは違うけどメルカリの販売手数料が10%なので、なかなかでしょ?)

良い指導霊を引き寄せると運勢や能力や可能性が高まる!

守護霊の次に大事なのは『指導霊』です。

さっきカンタンに説明した通り、専属の守護霊と違って「必要に応じて」背後につきます。

「必要に応じて」というのは、その人の仕事や抱いている思いによって変わってくる、ということ。

例えば、

・プロのアスリートであれば、そのパフォーマンスを支える「目に見えないコーチ」のような役割をするでしょう。

 

・経営者であれば、その経営能力やビジネスチャンスを高める「目に見えないコンサルタント」のような役割をするでしょう。

 

・アスリートでも経営者でもない一般人でも、もし深めたい仕事や趣味があるのであれば、その能力の開発にふさわしい指導霊がつくでしょう。

運のいい人のことを「ツイてる人」「ツキのある人」なんて言いますが、スピリチュアル的には指導霊の恵まれている人のことを「(指導霊が)ツイてる人」と言います。

ただ、指導霊の場合は「どんなレベルの指導霊がツイているか」が大事なんですね。

なんでもツイてりゃいい、ってわけじゃないんです。

これは「前回のラジオ動画」でもしゃべった通り、どんな指導霊(背後霊)がツイてくるかというのは、自分自身の波動(オーラ)によって決まってくるんです。

これもまた、スピリチュアル好きはみんな大好き「引き寄せの法則」ってやつですね。

もしあなたが、あなたのされている仕事や趣味に「強い志」や「深い喜び」を感じておられるのであれば、その波長に見合った指導霊がツイてきます。

指導霊というのは、いわば目に見えない「エンジェル投資家」みたいなもの(「エンジェル=天使」なのでスピリチュアル的にもしっくりくる表現です!)。

現実界での「エンジェル投資家」とは、〈スタートアップやベンチャー企業に対し、起業家に必要な資金だけでなく、人脈を生かしたビジネス面でのバックアップや精神的サポートをする存在〉のようです。

指導霊は目に見えない存在なので、さすがにそこまで具体的なサポートはできません。

ただ、例えば人間に対し専門分野に関するインスピレーションを与えたり、計画を実現させるためのチャンスを与えたりすることはあります。

この私にしたって、今回のテーマは数日前の夜に寝かけたとき、ふと「あ、次は背後霊について書こう!」と思いついたんですね。

冒頭で述べた通り、あまりマニアックなスピリチュアルは語らないように意識してきたんですが、「もうちょっとハードルを下げてもいいかな」というのは、実は少し前から直感的に感じていたこと。

これだって断定はできないけども、「指導霊の導き」かもしれませんよね。

なお、普段の私は指導霊にイチイチお伺いを立てることはありませんし、「背後霊の声を聞く」タイプでもありません。やろうと思えばできるでしょうが、オタクやマニアック、また上っ面のパフォーマンス野郎に陥ることを避けるため、そういうスピスピしたやり方は特別の場合を除き採っていません。

イケてない低級霊を引き寄せると運勢や人格レベルが下がる(汗)

ここまで指導霊の良い側面について語ってきましたが、残念ながら逆の側面もあります。

さっき述べた「引き寄せの法則」を逆から考えると、もし自分の波動(オーラ)が暗く重たい状態になっていれば、実際に後ろにツイてくるのは、おそらく「立派な指導霊」ではない・・・。

そう、それがさっき「背後霊の種類」の最後に述べた「低級霊や地縛霊」なんですね。

もし自分自身の心の中が、怒り、怖れ、不満、愚痴、卑下、自己否定などネガティブな想いが慢性的に続いている状態であれば、ヘンな表現ですが「立派な低級霊(汗)」がツイてくる可能性があるので、注意する必要があります。

また、たとえ自己否定的な思いがなかったとしても、「歪んだ野心」を持つ為政者や権力者はやはりネガティブな波動を放っているので、この場合でも「立派な低級霊(汗)」がツキやすくなります。

低級霊がつくと、たとえ社会的には成功しているように見えても、実は後々の運勢がダダ下がりしたり、「前回のラジオ動画」でもしゃべった通り、人格が低下したりする怖れが大いにあります。

なので、自分の波動、具体的には想いをメンテナンスしたりアップデートしたりすることは、本当に大事なこと。

そのために、もし信じられるのであれば、守護霊さんに「どうぞワタシをお守りください」と、常にお願いしておくことですね。

ところで、一つお聞きしたのですが、いまあなたは精神的な悩みや何らかの疾患をお抱えでしょうか?

もしそうであるなら、先ほど「ネガティブな想いには注意」と述べた部分に対し、「あ、私はネガティブな想いを持っているから、たぶん低級霊が背後にツイているに違いない・・・」と思ってしまったかもしれません。

ただ、他と比べてかなり地味であろうこのブログを読んでおられるあなたであれば、大丈夫なはず。

なぜなら、もし「自分の背後に低級霊がツイてるに違いない・・・」と思ったのなら、背後霊の存在を信じていることになるわけなので、それだったら『守護霊』も信じられますよね? という話になるからです。

辛いとき、無理に気持ちをポジティブに変換する必要はありません・・・というかそんなの無理ですよね。

そんなカンタンに気持ちを変えられるのであれば、人生そんなに苦労しねえわ、ということになりますから。

なので、もし「低級霊がツイているんじゃないか?」という怖れが湧き上がってきたら、その想いを守護霊に振り向けてください。

守護霊は誰でもツイている、とさっき述べた通り。

あなたが不甲斐ないからといって、見捨てることは、絶対に無い。

守護霊の波動は「やさしい」のが大半なので、もしあなたがその存在を信じ、意識を向け続けるのであれば、守護霊はよりあなたを守りやすくなりますよ。

ぜひ「おかげの力」を活かしていってくださいね。

以上、今回はややスピリチュアルに踏み込んで、背後霊について述べてみました。

実は、背後霊の中には「英霊の皆様」もいらっしゃいます。

ちょうど時期的に「戦争の季節」ということもあり、直近の「無料メルマガ」では英霊について取り上げました(去年のこの時期も英霊について述べました)。

表向きのブログで英霊を語ると「右翼」「政治系ブログ」と誤解される怖れがあるので、そうした濃いテーマに関してはクローズな場のメルマガで述べています。

メルマガは次回で90回目です。

無料メルマガに登録いただいた方には、「ブログよりも濃いスピリチュアル情報」だけでなく

 

1:「波動を高める食事」のご紹介(約21,000字)

 

2:「波動を高めるモノ・コト」のご紹介(約16,000字)

 

3:「無料グループヒーリング」を受けられる権利

という3つのボリューム大のプレゼントがあるので、ご希望であれば以下からご登録ください(解除はカンタンにできますのでご安心を)

無料メルマガ 登録フォーム