禅タロットリーディング講座、格安で個人セッション付きの体験会を行っています。

「言霊の力」で運命を変えるには?ハートチャクラを開くのに特殊な方法は必要ない。

お名前だけで人やモノのオーラ(波動)がわかる、波動カウンセラーの林 昭裕です(「詳しい自己紹介はこちら」)。

【マジスピ】(真のスピリチュアル・脱お花畑スピリチュアル)をテーマに情報発信しています。

前回は

「なぜ感謝・ありがとう・おかげさまといつも言葉にしているのに、波動(オーラ)がイマイチな人がいるのか」

という、図星な人にとってはイラッときたり落ち込んだりするだろう内容をお届けしました。

(これは私にも当然問われることなので、決して他人事ではないですよ)

そうやって感情的に反応する人は自覚があるのでまだ改善の余地があるものの、最も厄介なのは波動がショボいにもかかわらず「自分はできている」とカン違いしているパターンですね。

(スピ歴・宗教歴の長い人、またはスピ系や講師や宗教団体の幹部にときおり見られます・・・おっと、自分もそうかも!)

ただカン違いで運命は好転していかないので、そこは謙虚に現実を見つめてゆく必要があります。

さて今回は前回の続きとして

「言葉と心を一致させることの大切さ」

について説明していきます。

もうこのタイトルだけでほぼ結論なので、時間に余裕があればこの先続けてお読みいただければと思います。

ワンネスやアセンションを本気で信じていますか?

前回のブログでは「無料メルマガ」の読者さんからいただいたご感想の一部を転載いたしました。

前回載せ切れなかったお声を以下に紹介しましょう。

メルマガにいただいたご感想の一部

(矢印↑は私のコメント返しです)

◆『「感謝アピール」は依存心というものにちょって似ているなと思いました。感謝の気持ちを表して後は天や宇宙におまかせ!的な…。同時に、アピールはしていないものの、祈っているだけで努力が足りない私もそうだなとドキッとしました。祈っているだけではダメ…、次回も楽しみにしています』
  ↑
やはり深く自問自答できない人は、何を学んでもあまり身になりませんね。まさに「スピリチュアルごっこ」です。今回の「感謝アピール」もそうですね。

◆『波動というのは本人が見ないふりをしている不安や怖れまで伝えてしまうのだと驚きました。でもそういう世界、私は嫌いではないかもしれません。もちろん自分で気持ちをかくしておきたい時もよくありますが(笑)。言葉だけつくろえばいいと思っている人たちを見ていると、人間が二重に見えてしまうようできついと感じることがよくありました。波動で伝わる世界はシンプルですね。』
  ↑
心理学では「二重拘束(ダブルバインド)」というのですが、例えば「顔は笑ってるけど、目は笑ってない」という【分離感】が、『人間が二重に見えてしまうようできついと感じる』わけです。ただ、そういう人はどこか怖れや不安を抱えているので、それを冷静に観ることができれば、さほど巻き込まれずに済むかと思います。

◆『「感謝!」ばかりでなく「優しい~♪」とか「素敵」とか言うのを聞いて鳥肌立つくらい嫌になることもあったりしてましたが、いろいろ「違和感」だったんですね。わかってよかったです!

音声ながら聞きが得意でないので「音声ラジオ」あまり聞いてなかったのですが、ブログなどにはない面白いことが聞けるのに気づき、こちらも楽しませていただいています。林さんの正直な感じが気持ちいいです』
  ↑
何気ない女子トークであれば「心にもないことを言う」のは一種の社交辞令かもしれませんが、大切であるはずの「愛」や「感謝」までその調子だと、おそらく深く人生を生きることはできないと思いますね。あと音声ラジオのご視聴ありがとうございます。「愛と光のスピリチュアル屋」にあるまじき「アホ」とか「ボケ」とか口にしてしまう回もありますが(汗)よろしければごひいきに。

◆『私の母は、いつも温泉とか行くと「あ~幸せ」と言いますが、自分に言い聞かせてる感じで全然幸せそうじゃないなといつも思ってました。また覆い隠してるネガティブな感情と向き合うのと、身体で感じるの大事ですね。』
  ↑
なかなかクールに観ておられますね。本当はネガティブな感情をしっかり体験した先に、無理のないポジティブな感覚が湧いてくるはずなんですが。それにはおっしゃる通り、身体で感じることが大事なわけで、言葉と心の一致もその一つです。そういう機会は意識しないとなかなか得られないので、先日ご参加いただいたワークショップのような取り組みがあるわけです。

◆『感謝感謝の被害者の会コメント欄がおもしろかったです。私も含めてみなさん、被害にあっているんですね。振り返ってみても、そんな人が何人か思いだせますし、イライラモヤモヤも思い出す。と、同時に昔の自分の言動も見透かされていたと感じ、やるせない思いもあります。子供の頃から自己肯定感が低くて、周りに合わせるようになっていたので。この場では、こう言うべきだな。このメールの返信はこうするべきだな。と、人の顔色を覗うような対応になってました。そんな人も多いと思います。こんな自分じゃダメだな。もっと明るい性格に変えなきゃと、そんな風にいつもダメ出ししてました。人前で演技してた自分に気づいたので、本音を言う練習を始めました。まだ、現実は変わらないけれど、自分軸がぶれないようにしたいです。』
  ↑
かなり体育会系的トレーニングではありますが、「嫌われても構わない」「嫌われても大丈夫」「嫌われても私の価値は失われない」という心の中のセルフトークを1日100回・100日(もしくは1日500回・20日)繰り返すという方法があります(汗)松岡修造的なやる気があれば取り組んでみてください。それは「本音を言う練習」にも通じるかと思います。

「無料メルマガ」ではこの通り、いただいたメッセージにコメント返しをしています)

これらに共通するのは

「感謝感謝と口先で言っている人、マジで違和感あるわ・・・」

という感覚です。

これをもう少し論理的に言うと、

【言葉と心の分離】

なのであります。

これ、口先では「ワンネス」などと言っているのに、肝心の言葉と心が「ワンネスになっていない」という笑えない話なんですよ(いや、スピリチュアルジョークとして笑ってもいいかな)。

わかりやすく言えば「心にもないことを言っている」か「浅いレベルで言っている」ので、いくら「ありがとう」と百万回言っても本来の感謝が伝わらない。

ただ、それを聞いた私たちは「感謝は大切なものだ」と思っているため、相手からの表面的な謝意でも無下には扱えず、結果的に「何となくモヤモヤを抱えてしまう」ということなのです。

私なんか口が悪いので「うるせーよ、上っ面なら黙っとけ」とでも言いたくなるのですが、一応は大人なので軽く受け流しています(^_^;)

余談ですが、過去に「林さんのお考えは本当に素晴らしいです!今度ぜひカウンセリングを受けたいです!」と言いながら、もう何年も過ぎたり、気がつけばメルマガ登録解除されたりしたこともあります(汗)

もちろん気が変わることもあるだろうけど、だったら最初から言わんかったらええのにね・・・

こういう人の波動(オーラ)や、もっと言えば「想念波動」(思考や感情のエネルギー)を観ていると、本当に「心にもない言葉」を吐いているのが感じられるのであります。

テメー、上っ面なの、バレてるぜ・・・

(※私は相手の具体的な思考までわかる大能力者ではありませんが、その波長や傾向ぐらいは「お名前だけで」わかります。ときおり「何でもお見通しなんですよね・・・」と過剰にビビられることがあるので補足しておきます)

ただ、こういうケースは日々の人間関係において「社交辞令」としてありますよね。

もちろん「何でもかんでもホンネで話せ」というのはしんどいですし、「上っ面」だからこそ例えばビジネスの交渉の場では円滑に話が進むこともあるわけです。

私もサラリーマン時代は営業マンでしたから、このあたりはわかっているつもりです。

ママ友がホンネで「ありのままに」「ホンネで」話し合うようになったら、相当マズいと思います(笑)

また延々と面白くない同じような話を繰り返す年輩の親や親戚の自慢話や昔語りも、とりあえず「うんうん」「そうか~」「なるほど~」「確かに!」とテキトーに相槌を打っておけば相手はそれだけで満足するものです(笑)

ただ、これが浮世でなくスピリチュアルな世界であれば、言葉と心を一致させることは初心者レベルから脱却するために必要な心がけになります。

スピ好き同士の内輪トークで「ワンネス」とか「アセンション」とか言っている分には気持ちいいかもしれませんが、本当に「高次元波動」でいたいならその沼から抜け出しましょう。

言霊の力で運命を拓く

この【言葉と心との分離】というのは、言い換えれば「アタマで言葉を話している」ということであり、「ハート」から話していないのですね。

こういう人たちは文字通り「胸のハートチャクラ」が開いていないのですよ。

(ハートチャクラは胸の中心にあるエネルギーセンサーであり、主に愛情を司る場所です)

ここがあまり開いていないので、感謝の言葉が上滑りして聞こえたり何となく冷たく聞こえるわけですね。

難しいのは、このことになかなか自分で気づけないこと。

ある程度の繊細さを持っている人なら、「いま自分は、心にもないことを言っているな・・・」という違和感を自分で感じるもの。

だから「HSP」や「繊細さん」と言われる人たちは、この濁った世を生きるのが大変なときもありながら、同時に「正直さ」を保って生きられる側面もあるわけです。

ただ、決して少なくない人が、あまり「言葉と心との不一致」に気づけないでいます。

つまり、内側の「心の声」を深く聞けない状態にあるわけです。

それはなぜかというと、これはしょっちゅう言っていることですが、「自分の内側に深く寄り添う習慣」を持っていないからですね。

現代社会ではスマホやテレビを見ると、いろんな情報が押し寄せてきます。

それを左脳で処理しているうちに、文字通りアタマでしか考えられない傾向が強くなってくる。

しかも今は例の感染症に顕著な通り「意図的に歪められた情報」が大手を振って歩いているので、さらに拍車をかける。

また、何かと忙しく次から次へと仕事やタスクが立てこもってくると、その処理に精一杯で「本当はしんどい」「本当はすごいイライラする」などの心の声を塞ぎがちになってしまう。

そうなると、言葉と心が分離しがちになって、「自分は、本当は何を考えているのかわからない」という状態に陥るわけです。

また、これが最も大きいかもしれませんが、「スピリチュアルごっこ」に興じることでエゴが満足するのもありますね。

「自分はイイコトをしてますわよ」的な。

(あるいは今回は詳しく言いませんが、無意識に感情を抑圧して生きているからでしょう)

前回のブログでも述べた通り、「ポジティブな言葉を使う」のは初級コースに過ぎない(だからこの手の書籍やYouTube動画が出回っている)わけです。

それらを「言霊」と称して、スッカスカの言葉をもてあそぶ。

それらを「天国言葉」と称して、実は「脳内だけが天国」だったりして・・・

まぁ百歩譲って「脳内天国」でもいいかもしれませんが、その波動(オーラ)を観てもキレイじゃないことが少なくないから、ちょっとなぁ・・・と感じるわけです。

バカみたいに単純な話であり、かつ決してバカにできないことなんですが、

・思っていること

・感じていること

・話していること

を一致させていくのは、実は結構な心のトレーニングなんです。

「自分は心にもないことを言っていないか?」

「言葉と行いを本当に一致させているか?」

昔から「言行一致」と言われる通り、実はかなり難しいことなんですよ。

そして「言行一致」の前提となるものは、「言葉と想いの一致」なんです。

よく言われる「言霊」というのは、「言葉と想いの一致」の中からしか生まれません。

私は「音声配信」もやっているので、「言葉と想いの一致」ができているかどうかは、聴き手の方にバレやすいリスクを背負っています。

ですから、決して他人事ではない話。

それはともかく、本当に「高次元波動」とやらに生きたいと願うなら、「うれしい」と言うときは本当にうれしいかどうか、「たのしい」と言うときは本当にたのしいかどうか、

そして、「かなしい」ときは、本当にかなしいかどうか・・・

自分の言葉を自分で噛みしめていく心がけが必要なんです。

こう言うと「『かなしい』はネガティブだ」と言われるかもしれませんが、かなしみを正面から感じられること、そしてそれを素直に表現できることは、決してネガティブではありません。

これはまた別の機会に詳しく言うと思いますが、かなしみをまっすぐ感じることのできない人に、

「慈悲」

という「かなしみをいつくしむ」本当の意味での愛は持てず、さっき述べたハートチャクラも開かないのであります。

一般的なスピでは「『かなしい』はネガティブだ」でいいかもしれませんが、マジスピ(真のスピリチュアル)においては、かなしみはむしろ「魂を深める糧」としていきます。

ハートチャクラを開くのに、特殊な瞑想や秘術は必要ない。

そんなスピリチュアルオタクが好みそうなことは不要です。

それより文字通り、ハートをオープンにする、つまり言葉と心を一致させる習慣を続けるだけで良いのです。

(かといって、もちろんネガティブな言葉ばかりと一致させてもダメですよ)

まぁ難しいのは承知の上、だからこそ「言葉と心を一致させること」は重要なんですよ。

そのようにして、決して簡単ではないが「言霊」を発することができるようになってくると、その言葉の通りに現実が動いていく可能性が高くなっていくので、そうなるとことさら「引き寄せ」なんか意識しなくても良くなるのです。

「引き寄せ嫌い」の私としては、こっちの方がウソや欺瞞がないので好き。

ここまで述べればもう蛇足でしょうけど、例えばスピ好きな人が「ワタシ、すごいワクワクするぅ~!」ってハッピーミラクルな感じで言っていても、その言葉を聞いた私はむしろ不安や恐怖を感じることがあります(汗)

それは、そのご本人が本当は不安や何らかの怖れを持っているからです。

波動(オーラ)を見りゃそれがさらにわかるのですけど、ご本人は表面的な「ワクワク」を演じているに過ぎないのですね。

本当は、その不安や怖れをしっかり自覚することが最初のステップなのです。

「そんなのはネガティブだから~」じゃないんだっつーの。

そうやって「これはネガティブだから~」って自分の内側の一部を否定することこそ、真のネガティブなのですよ。

この否定から【分離感】が生まれるわけです。

スピリチュアル業界では『これからの世界は、分離から統合へシフトする』なんてカッコいいフレーズがありますけど、それを本当に実践していくためには、ポジティブとかネガティブとかは横に置き、まず自分の内側に寄り添う素直さ、正直さが必要なのです。

「世界を変える」とか「アセンション」とかいいから、まずテメー自身をなんとかしましょう。


今日のまとめ

・真の「言霊」は、言葉と心を一致させる営みの中から、自ずと生まれてくる。

・「形(言葉)から入って、心に至る」だけで満足せず、「心から入って、形(言葉)に至る」という次のステップに進もう。

******************

週に1回、メールマガジンを発行しています。

無料メルマガに登録いただいた方には、「ブログでは話しにくい内容」だけでなく

 

・「波動の良い本」のご紹介(約12,000字)

・「波動を高めるモノ・コト」のご紹介(約17,000字)

・「波動を高める食事」のご紹介(約21,000字)

・「グループヒーリング」を受けられる権利(週1回)

・キャンペーンや、無料 or 格安モニターを先行でご案内

というボリューム多めのプレゼントがあるので、ご希望であれば以下からご登録ください(解除はカンタンにできますのでご安心を)

※最近、メルマガが迷惑メールに入ったり届かなったりすることがあるので、その対策として【LINE公式アカウント】でも購読できるようにしています。

※iCloud系とHotmail系のアドレスは届かないようです

【メルマガ】【LINE公式アカウント】か、お好きな方をご選択ください。

(ただしLINEは情報漏えいのハイリスクが指摘されているため「サブ扱い」で、なるべくならメールでのご登録をおすすめしています)

※「iCloud系」「Hotmail系」のアドレスは高確率でメルマガをブロックしますのでご注意ください

ちゃんと登録できていれば、自動返信メールが届きます。

無料メルマガ 登録フォーム

 

【LINE公式アカウント】はスマホから以下を指でタップし、確認ボタンを押すだけで登録完了です。

友だち追加

またLINEの「お友だち追加機能」からQRコードを読み込んで登録することもできます。