禅タロットリーディング講座、格安で個人セッション付きの体験会を行っています。

天命は「好きなことだけで生きる」のではなく、使命を問い続け足元の運命に取り組む中にある。


(富士山:令和6年1月4日 電車から撮影)

お名前だけで人やモノのオーラ(波動)がわかる、波動カウンセラーの林 昭裕です(「詳しい自己紹介はこちら」)。

【マジスピ】(真のスピリチュアル・脱お花畑スピリチュアル)をテーマに情報発信しています。

今回は

「天命を自覚するための心構えと工夫」

について考えていきます。

前回の「天命について」動画(音声配信)を出しましたが、いつも以上に再生回数が多く、いくつかご感想もいただいています。

「とても参考になりました」というお声もあれば、「わかったようでわからない」というお声もありました。

上記の配信は「禅タロットリーディング講座」の体験会の場でいただいたご質問への回答で、即興でお答えしたものなんですね。

なので、今回は即興トークでなく思考を経たブログとして、天命について語り直します。

令和六年、新年一発目のブログということもありますし、「元旦の計」のご参考にしていただければ。


動画(音声配信)のご感想や、またこの手のテーマに対する反応からわかるのは、どうやら「わかる人」はおおむね直感的なわかり方をしていて、「わからない人」はアタマで理解しようとしている傾向があることです。

そう、「天命」というやつはアタマで考えてわかることではない。

例えば私が「林さんは天命を生きているんですか?」と聞かれたら、

「え??? うーん・・・たぶん生きているんとちゃうかな?」

などと答えるでしょうね(笑)

表面的な意識では「オレは天命を生きてるぜ!」なんて考えていないんですが、冷静に振り返れば「たぶんこの道が天命なんだろうな」と体の奥で感じているようです。

もし「これがオレの天命だぜ!」と鼻息を荒くして言っているとしたら、それは無理に自分に言い聞かせていたり他人にアピールしているかのどちらかなのかもしれません。

江戸時代の儒学者・佐藤一斎の『言志録』という「志」についていろんな角度から述べた書物の中に、

凡事を作(な)すは須(すべか)らく天に事(つか)ふるの心有るを要すべし。人に示すの念有るを要せず。

という言葉があります。

これを初めて読んだとき「なんで(志を)人に示す必要がないんやろ?」と疑問に思ったのですけど、今はわかりますね。

もちろん「目標を人に話すことで自分を追い込む」というやり方もあるのですけど、それはまだ表層のことであって、根本的な想いは人に話すとウソや誇張が入り込む危険性があるし、人から理解されないこともあるし、現代に至っては「叩かれる」場合も出てくるでしょう。

この「天に事(つか)ふるの心」が天命の礎であり、これは文字通り「人」でなく「天」と対峙するということ。

そもそも「天命」とは人間を超えたものなのだから、人間にその全貌がわかるはずがなく、よって全てを語ることはできない。

ただ、これは動画(音声配信)でも言ったけど、わかりやすい理解を求める私たちは「天命」と聞くと「具体的な職業や役割」を思い浮かべてしまうことが多い。

現代人の多くは「カタチあるもの」として、天命を捉えてしまう。

このカタチに囚われてしまうと、天命はわからなくなる。

はいここ、テストに出るところですよ(笑)

「天命」の根源にあるのは「天に事ふるの心」であって、本当は目に見えるものではない。

しかし、うっかりすると土の中の「根」を見ずに、「花」ばかり見てしまう。

そりゃ「花」は美しいからどうしても目立ちますが、それはあくまで「結果」に過ぎない。

「根」は大地の中心に向かって、できる限り伸びようとする。

深く根を張らなければ、大輪の花は咲かせられない。

この深く根を張るのが「天に事ふるの心」なのですが、土の中は真っ暗ですから、やはり天命を生きるには「孤独」が求められるのです。

そりゃスマホでゲームやSNSばっかりして孤独を紛らわせていれば、どだい無理に決まっとるわ。

で、ネットには「華々しく活動している人たち」がクローズアップされるので、そういうのを見て文字通り結果に過ぎない「華・花」に囚われ、比較して劣等感に陥ったり無理な憧れを持ったりする。

「なりたい自分」を目指すあまり、本来「なるべきでない自分」になりたがるところに、大きな徒労が生まれる。

これ、スピリチュアルやカジュアル心理学だとよくある話ですよね。

個人的には、誰かが「【なりたい自分】になろう!」なんて声高に言っているのを聞くと、かなり違和感を感じてしまいます。

なぜなら、「なりたい自分」という自我の念を手放し「天に事えよう」とこころざす意志こそ、天命が己のいのちにおいて躍動する根本条件だからです。

だから「【なりたい自分】になろう!」という言説の大半は、マジスピ(真のスピリチュアル)じゃないんですよ。

ユーチューバーの〈好きなことだけで生きていく〉のようなキャッチコピーには、安易に乗っからないこと。

中には登録者数の多いユーチューバーもいるけど、意外と波動(オーラ)はショボいこともあるのよ。

「あぁ、この人は人気はあるけど、天命は生きていないな。真実に好きなこと(魂の底から望むこと)はやっていないな」と思っちゃう。

天命を生きるには〈好きなことだけで生きていく〉といった雑音を排し、静かなる孤独の内に根を張る意志を持ち続ける必要があります。

もちろんそこでは

「天は何のために自分という人間を生み出したのか?」

という問いを問い続けなければならない。

その果てに自分という存在の宇宙的位置を自覚できたとき、はじめて人は「安心立命」に至るわけ。

心の内側に「小宇宙」が宿るのです。

そのとき、「好きなこと」だろうが「嫌いなこと」だろうが、ただやるべきことをやるだけ。

このブログだってそのつもりで作成していますよ。

アクセス数が多いとか少ないとか、もちろん人情としては多いに越したことはないけど、本質的なことではない。

つまり、「この世」での成功や失敗、モテるかモテないかはあまり関係なくなる(もちろん人情としてはモテたいが!)。

だって、「人」じゃなくて「天」を相手にしているんだもん。


ここまで読み進めて、なんとなく感じていただけましたか?

天命とは何らかの「カタチ」ではないということが。

問い続けて歩き続けることだけが天命だということが。

例えば「ワシの天命は『波動カウンセラー』やで!」と答えると、落第なのであります。

(ちなみに私は「スピリチュアルカウンセラー」という肩書はしっくりこないので使いません。また『波動カウンセラー』もそのうち変わるかも)

私の天命は『カウンセラー』ではない。

それはあくまでカタチに過ぎず、肝心なのはそれを通じて発揮される・表現される「何か」なのです。

その「何か」というのは、自分に与えられた能力や個性、つまり「運命」を、他に役立てること。

それが前回の音声配信のタイトルである『天命を真に自覚するためには、与えられた運命に対して素直になること』になっているわけ。

もう一回載せましょう。

「天命がわからない」という人は「何か立派な人間に、才能ある人間に、活躍する人間にならなければいけない」と思っていることが多いと思われます。

そこには密かに「他人との比較」による劣等感が働いている。

周囲や社会から認められたいという承認欲求もあるかもね。

それは結局、「天」ではなく「人」を相手にしているのです。

そうじゃなくて、繰り返すけど

「天は何のために自分という人間を生み出したのか?」

「自分が他のために役立てることは何か?」

という問いを問い続け、例えば現時点の運命においてはそれが「家の前のゴミやチリをホウキで掃くこと」であれば、それをするってことだ。

お釈迦さまの弟子の中には、ただゴミ掃除をしているだけで悟りを得た人もいたらしいから、これは決してバカにはできませんぞ。

そこでもし「ゴミ掃除をするのはみじめだから、誰でもできることだから、自分はやりたくない」と嫌がるなら、「天命を知りたい」なんて二度と言わないでいただきたい。

あの秀吉だって最初は信長の草履を温めるところから始まった、という逸話があるでしょ。

確かに草履取りという雑用は直接的に天命ではないけど、それが「今太閤」を生むきっかけになったという意味では「天命に至る道」なのです。

最初から「オレも天下統一してえ」なんて言っているヤツがいたとしたら、ただのアホですやん。

ま、天下統一するほどの天運の持ち主はごくごく一握りですから、あまり良い例ではないかもしれません。

大切なことは、たとえ一生「草履取り」だろうが、

「天は何のために自分という人間を生み出したのか?」

「自分が他のために役立てることは何か?

という問いを問い続けながら、秀吉みたいに知恵を出すつもりで取り組むこと。

大丈夫、そこまで機転を利かせて取り組む人間なんてほとんどおらず、大半は不平不満を言うか最小限の努力でこなすだけなので、ちょっと工夫して働くだけで草履取りは卒業できますよ。

たとえ卑賤な「草履取り」でも我が天命だと甘受するためには、自我・エゴ・欲望を横に置く必要があります。

ですから、やはり〈好きなこと ”だけ” で生きていく〉なんて言葉に惹かれているうちは、〈ここではないどこかに自分の道があるはずだ〉なんて妄想しているうちは、まだまだお主も欲深いのう・・・修行が足りんわという話です。

〈好きなことだけで生きていく〉というのは、その欲深さを刺激するマーケティングメッセージなのです。

というわけで、自分の天命の成就には今のところ必要不可欠だが、できればやりたくない・好きではないこのブログを終わります(笑)

追伸1

最近見た役所広司主演の映画『PERFECT DAYS』は、足元の運命に淡々と取り組む姿として、個人的に参考になりました。

とても地味な映画ですが、観た後は清々しい気持ちになっているでしょう。

追伸2

周知の通り、元旦に能登半島で地震がありました。

一年の幕開けは厳しいものになりましたが、

「国内外の情勢に関心を持ちつつ、いま、自分の足元でできることをやる」

いろいろ考えても、結局これしかありません。

被災地の方々への祈りの気持ちを抱くとともに、今年もコツコツ自分のやりたいこと、ではなく、なすべきことを積み重ねていけたらと思います。

******************

週に1回、メールマガジンを発行しています。

無料メルマガに登録いただいた方には、「ブログでは話しにくい内容」だけでなく

・「波動の良い本」のご紹介(約12,000字)

・「波動を高めるモノ・コト」のご紹介(約17,000字)

・「波動を高める食事」のご紹介(約21,000字)

・「グループヒーリング」を受けられる権利(週1回)

・キャンペーンや、無料 or 格安モニターを先行でご案内

というボリューム多めのプレゼントがあるので、ご希望であれば以下からご登録ください(解除はカンタンにできますのでご安心を)

※最近、メルマガが迷惑メールに入ったり届かなったりすることがあるので、その対策として【LINE公式アカウント】でも購読できるようにしています。

※iCloud系とHotmail系のアドレスは届かないようです

【メルマガ】【LINE公式アカウント】か、お好きな方をご選択ください。

(ただしLINEは情報漏えいのハイリスクが指摘されているため「サブ扱い」で、なるべくならメールでのご登録をおすすめしています)

※「iCloud系」「Hotmail系」のアドレスは高確率でメルマガをブロックしますのでご注意ください

ちゃんと登録できていれば、自動返信メールが届きます。

無料メルマガ 登録フォーム

【LINE公式アカウント】はスマホから以下を指でタップし、確認ボタンを押すだけで登録完了です。

友だち追加

またLINEの「お友だち追加機能」からQRコードを読み込んで登録することもできます。