【募集中】11月27日 「トランスパーソナル心理学」体験ワークショップ

ワンネスへの道:なぜ神仏、宇宙、生命への感謝がスピリチュアル的に大事なのか?

お名前だけで人やモノのオーラ(波動)がわかる、波動カウンセラーの林 昭裕です(「詳しい自己紹介はこちら」)。

【マジスピ】(真のスピリチュアル・脱お花畑スピリチュアル)をテーマに情報発信しています。

今回は

「なぜ人生に感謝が必要なのか」

について考えていきます。

スピリチュアルでも宗教でも、「感謝が大事だ」って言われます。

ただ、「なぜ感謝が大事なのか?」については、「そんなの大事に決まってんだろ」ってあまり深く考えないことが多くないでしょうか?

でも、より深く学んでいこうと思うなら、できるだけ「なぜ?」と考えた方がいいでしょうね。

それで納得すればするほど、より深い感謝に生きられるようになるのではないでしょうか。

今回はそんな内容です。

「なぜ神社で感謝する必要があるの?」と聞かれたらどう答える?

前回のブログやPodcastでは

「『覚醒』や『目覚め』を自称するスピ系の大半の波動はショボい(汗)」

という個人的には少し攻めた内容だったので、今回は地味な内容にしたいと思います。

※前回のブログ

※前回のPodcast

少し前のいくつかのカウンセリングで、たまたま話のテーマが重なりました。

それは、

「なんで人生に感謝しないといけないんでしょうか?」

「どうして神社は感謝する(すべき)場所なんでしょうか?」

というご相談です。

これ、「そもそも感謝って何なのさ?」ってお聞きになっているわけ。

これ、個人的には興味深い質問です。

というのも、スピ系や宗教や自己啓発的なものを学んでいたら、「感謝する」というのは必須の実践項目であって、それを疑う人はあまりいないように思うからです。

「感謝ってすごく大事だよね」って、人間としてより良く生きるための「大前提」みたいな感じになっていますよね。

その大前提を疑っていない人に、なかなか「なんで感謝が必要なんだろうね?」とは聞きにくい。

「えっ?そりゃ感謝して当然でしょ」「私たちは生かされているんだから」と、マジメな人ならそう答えるでしょうな。

ところが、中にはその「大前提」を疑ってしまう人もいるんですよ。

私も「疑い」から入るタイプなので、こういう方にはシンパシーを感じるし、だからこそこういったご相談をいただくんでしょうね。

さて、これをお読みのあなた、もしよければ

「なぜ生きていることに感謝なのか?」

「なぜ神社では感謝をしないといけないのか?」

について、考えてみてください。

「だって、感謝って大事じゃん!」っていう前提はいったん横に置き、ゼロから考えてみてください。

わかるようで、意外とわからないかもしれませんよ。

ちょっと間を取りましょうか。

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

ダーッとスクロールしないで、よかったら少し考えてみましょう。

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

考えました?

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

じゃ、そろそろ言いましょうかね。

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

ま、聞けばすごくカンタンなことなので、あまり期待しないでくださいよ。

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

なぜ生きていることに感謝をするのか、すべきなのかと言えば、

 

「歓びの深い人生を生きるため」

 

なのであります。

神社で感謝をするのも、生かされていること、そして生きていることに対して歓びを深めるため。

ね、めっちゃカンタンでしょ?

あなたはどう感じましたか?

「ガッカリ、そんなの前から知ってたよ」って?

それとも、「わかっているようでわかってなかった」って?

たぶんですけど、後者の人の方が多いんじゃないでしょうか。

「確かに感謝は大事だろうけど、なぜ感謝が必要なのかは、わかるようでわからんかった」とね。

私、実はもう20年ほど前から「感謝って何だろう?」って疑問に思ってたんです。

で、現時点で辿り着いた答えが「深い歓びに生きるため」という、小学生でもちゃんと説明すればわかりそうな話。

でも、そうは言ったって、世の中をちょいと見渡せば、不平不満言ってるヤツの方が多いですな。

SNSなどネットの書き込みなんざ、愚痴や中傷であふれてますもんな。

芸能人が浮気や不倫すりゃ「許せない!」ってね。どんだけヒマやねん(もしかして「できるなら自分も一度やってみたい」という不満の裏返しかな?)。

それはともかく、私もまた、それなりに不満を持っている人間ですよ。

だからこそ、今回こうやって感謝について考えているわけですけども。

感謝とは、自他の一体感が深まるときに自ずと湧いてくる感情

今回の結論は「感謝は生きることに歓びをより深く感じるために行うもの」なので、ここで満足したらもうページを閉じていただいてOKです。

ただ、もうちょっと理解を深めたければ、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。


上の結論をちょっと言い換えると、

「感謝をすれば、歓びを感じられる」

ということです。

もっと厳密に言えば、

「何か歓べることがあれば感謝するのは普通のことだが、これとは逆に、感謝をすれば歓びを感じられるという側面もある」

ということ。

このことをちゃんと理解して、ちゃんと実践できれば、この何かとしんどいことの多いこの地球でも、それなりに愉しく生きていくことができるでしょう。

実践レベルとしてはこれだけで十分なのですが、私みたいな理屈屋はここで満足できず

「なぜ感謝をすれば、歓びを感じられるのか?」

「そもそも感謝とは何か?」

を考えていくわけです。

さあ、よければここも一緒に考えていきましょう・・・というか、今回は「感じてみましょう」と言った方がいいかもしれません。

私たちが何かに感謝をするとき、心の中ではどういったことが起こっているのでしょうか?

感謝も「波動」なんですけど、私たちが何かに感謝をするとき、いったいどのような波動の動きや流れが起こっているのでしょうか?

もしできるのであれば、いったんこの画面を伏せていただき、何か深く感謝できそうな人物や物事をひとつ思い浮かべ、それになるべく深い感謝をしてみてください。

どんな感じがしてきたでしょうか?

お腹が落ち着く感じがするでしょうか?

胸があたたかくなってくる感じがするでしょうか?

頭がスッキリしたような感じがするでしょうか?

顔の筋肉がゆるんでくる感じがするでしょうか?

尾てい骨から背骨にかけて、エネルギーが昇ってくる感じがするでしょうか?

全身がなんとなく軽くなったような感じがするでしょうか?

・・・感じ方は人それぞれですけど、ともかく何かに感謝をしたとき、「心地良いエネルギー」や「軽やかなエネルギー」を体で感じることは共通しているはずです。

(もし「興奮する」ような感情を伴うなら、きっと何らかの欲望が絡んでますよ)

その上で、さらに観察してみましょう。

いま感謝を念じた対象が、人でもモノでも結構です。

アニメのキャラクターでもいいですよ。

それに対して感謝しているとき、あなたはそれとの「一体感」を得ているはずです。

両親に感謝しているときは、両親との一体感。

パートナーに感謝しているときは、パートナーとの一体感。

ファンのアーティストに感謝しているときは、そのアーティストとの一体感(生のライブで感じられる一体感をイメージすればわかりやすいですね)。

水や食べ物に感謝しているときは、それとの一体感。

マンガのキャラに感謝しているときは、それとの一体感。

感謝が深ければ深いほど、その一体感は深くなっていきます。

なので、一般的な社会生活においても誰かに「感謝を言葉にする」「お礼をする」というのは、その相手との一体感を深くするためのコミュニケーションツールなわけです(もちろん表面的な社交辞令の場合もありますが、何もしないよりはマシ)。

これは逆を考えればよりわかりやすい。

嫌いな人や価値観が全く違う人、あるいは苦手なモノとは、間違いなく心理的距離が遠い、一体感とは正反対の状態。

考えなくともわかることですよね。

以上から、

「感謝とは、自他の一体感が深まるときに自ずと湧いてくる感情」

と言うことができます。

あるいは、さっきと同様、

「自他の一体感を深めようと思うなら、深い感謝すること」

という実践知として理解しておくのも良いですね。

私たちは理屈抜きで、自他の一体感が深まれば深まるほど歓びが深まるように「創られている」わけです。

なんでかまでは知らんけど。

感謝の実践が宇宙との一体感(ワンネス)につながる

スピリチュアル業界では今後のスローガン的に

「分離から統合へ」

と言われることがあります。

分離すればするほど苦しみが増え、統合すればするほど歓びが深まる。

分離感が深刻なものは「統合失調(以前は「精神分裂」)」と言われる通り。

ここまでの文脈から言えば、不平不満、愚痴、泣き言、誹謗や中傷をすればするほど分離感は深まり、感謝や歓びを感じたり言葉にしたりするほど統合感(一体感)が深まる、ということですね。

なので、冒頭に掲げた質問である

「なんで人生に感謝しないといけないんでしょうか?」

「どうして神社は感謝する(すべき)場所なんでしょうか?」

に答えると、

「別にしたくないんやったら、しなくてもええで」

という回答になります(笑)

「でも、歓びを深めて生きていきたいなら、感謝した方がええで」

という言葉も付け加えておきましょう。

もし、この時点で、もしあなたが

「いや、自分はこの世界が本当に感謝するに値するものかどうか知りたいんだ」

という問いをお持ちであれば、とことん考えるといい。

難しい哲学書や宗教書を紐解き、心の底から納得できるまで真理を考え抜けばいいでしょう。

たた、きっとかなりの時間がかかるでしょうし、もしかしたら死ぬまでわからないかもよ。

それでもガチで哲学者タイプの人は考えちゃうのよね・・・それは誰にも止められない。

そう言う私もかなり理屈っぽい方だと思うし、サラリーマン時代にもある上司からそう指摘されたこともあります。

けれども、私はいつしか「なぜこの世界が、この宇宙が、真に感謝に値するのか」について、論理的に考えることをほとんど放棄してしまいました。

だって、考えても考えても、全然わからへんもん(笑)

それよりも、「宇宙の不思議」について思いを馳せているうちに、理性を降参させて「なんか知らんけど、宇宙の仕組みってめっちゃスゴいな~」って素直に感じた方がいいなと思うようになりました。

いのちが誕生するプロセスとか、朝が来て昼が来て夜が来てまた日が明ける時季の移ろいとか、いま例の流行病によって知られるようになった自然免疫機能の絶妙さとか、そういうものを見つめていると、「考えてもよくわからんです。神様、参りました」という気分に私はなるんですが、あなたはいかがでしょうか。

考えることで宇宙の真相を究明するより、宇宙に感謝する実践を続けることによって宇宙との一体感を深めていった方がラクじゃないですかね?

どのスピリチュアルも宗教も、教え方や考え方は多少の違いはあっても、結局は「感謝」の一字に極まるんです。

それは結局、感謝を深めていくことが神仏や宇宙との一体感、つまりワンネスの自覚へとつながっていくからですね。

ブログの更新はめんどくさいなー、今週はやめようかなーと思うときが多々ありますが、それでも先に感謝から入って「こうして発信できて、ときどき仕事にもつながることが有り難い」と、無理にでも感謝する次第です(笑)

ちょっと無理にでも意志を働かせて感謝を抱けば、ちょっとは力が出てくるもの。

さっきも言いましたけど、「感謝をすれば歓びが出てくる」という原理原則を実践していくと、面倒なことの多いこの世でも、多少はラクに生きていけますよ。

もしもっと感謝が深まってきたら、おそらく「めんどくせえ」という思いは消え去って、ただただ感謝一念に生きる聖人になれるんでしょうけど、道は遠いですわな。

形から入って、仏に至る。

こんな要領で「感謝を使う」ということ、意識してみてください。

でも、例えばブラック企業でコキ使われているのに、「働けるだけでも有り難い!」なんて無理する必要はないですよ。

そうやって「やりがい搾取」にハメられないようにね。

そうなりゃもう感謝より転職がもっと先ですから、しょっちゅう言っている通り、あくまで現実的に考えてくださいな。

今回も読んでいただいて、感謝感謝!

******************

週に1回、メールマガジンを発行しています。

無料メルマガに登録いただいた方には、「ブログでは話しにくい内容」だけでなく

 

・「波動の良い本」のご紹介(約12,000字)

・「波動を高めるモノ・コト」のご紹介(約17,000字)

・「波動を高める食事」のご紹介(約21,000字)

・「無料グループヒーリング」を受けられる権利(週1回)

・キャンペーンや、無料 or 格安モニターを先行でご案内

というボリューム多めのプレゼントがあるので、ご希望であれば以下からご登録ください(解除はカンタンにできますのでご安心を)

※最近、メルマガが迷惑メールに入ったり届かなったりすることがあるので、その対策として【LINE公式アカウント】でも購読できるようにしています。

※iCloud系とHotmail系のアドレスは届かないようです

【メルマガ】【LINE公式アカウント】か、お好きな方をご選択ください。

(ただしLINEは情報漏えいのハイリスクが指摘されているため「サブ扱い」で、なるべくならメールでのご登録をおすすめしています)

※「iCloud系」「Hotmail系」のアドレスは高確率でメルマガをブロックしますのでご注意ください

ちゃんと登録できていれば、自動返信メールが届きます。

無料メルマガ 登録フォーム

 

【LINE公式アカウント】はスマホから以下を指でタップし、確認ボタンを押すだけで登録完了です。

友だち追加

またLINEの「お友だち追加機能」からQRコードを読み込んで登録することもできます。