禅タロットリーディング講座、格安で個人セッション付きの体験会を行っています。

続・スピリチュアル量子論はインチキか?超一流の物理学者にもわからないミクロの世界。

お名前だけで人やモノのオーラ(波動)がわかる、波動カウンセラーの林 昭裕です(「詳しい自己紹介はこちら」)。

【マジスピ】(真のスピリチュアル・脱お花畑スピリチュアル)をテーマに情報発信しています。

今回は

「スピリチュアル量子論」

について、改めて考えていきます。

前にブログで考えを述べたことがあるので、参考までに掲載しておきますね。

スピリチュアル量子論は仮説や空想に基づいている

「量子」を簡単に言えば、「微小な粒子(素粒子)やエネルギーの最小単位」のこと。

「量子論」とは、「非常に小さなミクロな世界で、物質を構成する粒子や光などがどのように振る舞うかを解き明かす理論」のこと。

これは教科書通りの説明です。

以前のブログでも述べましたが、「今までスピリチュアルはインチキだと言われてきたけど、本当は科学的に説明できるのだ!」というロジックは、これまで非科学性に肩身の狭い思いをしてきたスピ層、合理的説明がないと納得できない層を取り込める点で有効に働いているようです。

ただし、

「スピリチュアル量子論は、あくまで仮説の部分が少なくない」

ということを踏まえ、安易に飛びつかない知性が必要でしょう。

「ガチの量子論」と「スピリチュアル量子論」は似て非なるものと思った方がいい。

もっとも、私はスピリチュアル専門家のはしくれなので「スピリチュアル量子論」を推した方がビジネス的には有利なのかもしれませんが、アホなのでやらないです(笑)

だって、仮説や空想、まだまだ未解明なことをまるで真実であるかのように論じるのは、誠実な態度とは言えないですから。

そもそも「波動」という言葉ですら、本来は安易に使うべきではないのでしょうね・・・それを踏まえた上で私は人やモノのオーラを観る変態として「波動カウンセラー」と名乗っています。

そんな私は最近また「スピリチュアル量子論」の書籍をいくつか読んだのですけど、やはり違和感を拭えないんですよ。

というのも、それらの多くは量子論の簡単な説明から入るので科学的っぽい印象を受けるんですが、後半になるにつれ従来のスピリチュアルや心理学、自己啓発の焼き直しになってしまうからです。

どの書籍でも最初は

・「コペンハーゲン解釈」
・「シュレディンガーの波動関数」
・「電子の二重スリット実験」
・「観測問題または観測者効果(波動関数の収縮)」
・「ハイゼンベルクの不確定性原理」
・「エヴェレットの多世界解釈」

など、量子論の内容が出てきます。

それが後半になるにつれ

・「自己肯定感を高めよう」
・「ありがとうを言おう」
・「他人のために生きよう」
・「あなたには使命があります」
・「すでにあなたは豊かなのです」
・「愛はあなたの中にすでにあります」
・「まだコップに半分も水があるじゃないか」

など、もう何百万回もこすり倒されてきたスピった内容に変わるわけです。

「この落差、なんなの???」って感じるのは私だけでしょうか。

確かに自己肯定感や感謝は大事には違いないけど・・・

おそらく「本当は科学的なんだぞ」って言われると、同じスピった内容でも納得感を持って取り組める人が出てくるのでしょうけど、さっきも述べた通り

「スピリチュアル量子論はあくまで仮説、もっと言えば空想の部分が少なくない」

と、冷静になることです。

素人ながら量子論の一般向けのものを読んでいると、「思考実験」がたくさん出てきます。

これ、つまり「実際に観測機を用いて観測していない」ということなんです。

え、これって本当に「科学」なの???

と、素朴な疑問が湧いてしまうんですね。

もうちょっと調べてみると、どうやら上記の「コペンハーゲン”解釈”」の言葉で表現されている通り、「解釈」なんですよ。

「エヴェレットの多世界”解釈”」も同様に「解釈」なんです。

となると、言葉は悪いけどこれは「空想」「妄想」なのか?とツッコミたくなる。

ただ、頭脳明晰なはずの物理学者が侃々諤々と議論しているわけだから、もちろん一般人の空想とはレベルが違うでしょう。

けれども、ここから言えることは、まだまだわかっていないことがたくさんあり、物理学者によっても考え方が違うということ。

そんな不確定なものを、さもわかったかのように捉えるのは、真に科学的な態度とは言えないのではないでしょうか。

「意識」に科学的な定義がないのに、量子論的に「思考は現実化する」とは?

量子論とスピリチュアルをくっつける概念として、「観測問題または観測者効果(波動関数の収縮)」は必ず引用されます。

これがなければ「スピリチュアル量子論」というジャンルは出てこなかったでしょう。

この「観測問題」を前回もそうでしたがChatGPTに聞いてみると、

量子論の観測問題は、観測者が測定する前には、粒子は確率的な状態にあるとされます。しかし、観測者が測定すると、粒子はある一つの状態に決まります。このことから、量子論では「観測が測定結果に影響を与える」とされています。

ChatGPT

という答えが返ってきました。

これが「波動関数の収縮」と呼ばれる考え方ですが、これを元にスピリチュアル量子論では

「観測者=意識によって素粒子は現象化する」

という結論を導いた上で、おなじみの「引き寄せの法則」や「思考=意識は現実化する」の話が展開されるわけですね。

私のような専門外の人がここに触れると、中には

「おぉ、科学でも『引き寄せの法則』が解明されているのか!すげーっ!」

とテンション上がる人が出てくるはず。

ところが物理学の世界ではこの「観測問題」は難問中の難問とされており、そう単純なものではないようなのです。

私は素人なので、以下にわかりやすいブログを貼っておきます。

ただ、そもそも「わからない」ことを考えているわけですから、私にはこれを読んでも結局わかりませんでしたが(笑)

上のブログにも記載されていますが、人間の「意識」によって「波動関数の収縮」が引き起こされると提唱したのは、「コンピューター」の仕組みを考えた天才フォン・ノイマンと、ユージン・ウィグナーという学者の解釈です。

そう、あくまで解釈(仮説)に過ぎないのであって、他にもいろんな説があるのですよ。

いくら天才ノイマンの提唱だからといって、正しいわけではありません。

有名な科学雑誌『ニュートン』の量子論特集によれば、

・「ノイマンの解釈について、現代の多くの科学者は『人間(の意識)の介在は量子の状態の決定に関係ない』と考えている」

 

・「量子論の観測問題は、量子論の解釈の本質に関わるもので、まだ学者の中で統一された解釈はありません」

 

・「観測に決まった定義はありません」

別冊Newton『みるみる理解できる量子論』

ということであり、つまり「まだホンマのことはわからへん。これからも頑張って研究するわ」と言っているわけです。

これが私の知り合いの物理学者に「スピリチュアル量子論って正直どうなんよ?」と聞いても、歯切れの悪い回答しか返ってこない理由です。

研究者としては「わからんものを、わかったかのように言うわけにはいかない」ということですね。

ただ「スピリチュアル量子論」はノイマン説のような都合の良い仮説だけをピックアップし、あたかも「意識が現象を創り出している、と一流の科学者は言っています」と説明するわけです。

とはいえ「スピリチュアル量子論者さん」はサイエンス好きな方が多く、ゆえに必ずしも「絶対的にノイマン説が正しいわけではない」と知っているはず。

だからこそ、その説明の中にはさり気なく

・「これは仮説です」

・「一般向けにわかりやすく言います」

・「科学的にはわかっていないことが多い」

などの文言が入っています。

これではまるで、サプリの広告の隅っこに小さく「※個人の感想です」と記載しているようなものではないでしょうか。

ひろゆきに「それ、あなたの感想ですよね?」って言われたら、「そ、そうですね・・・(でも有名な科学者だって言ってるもん!)」と言わざるを得ないのでは?

スピリチュアル量子論系の書籍は「あくまで仮説の域を出ない」内容にもかかわらず、「あなたの観測、あなたの意識によって、現実は創られるのです・・・って量子論も言ってますよ」などと、かなりハッキリ主張するものが多いように見受けられます。

そこではノーベル賞受賞者など有名な研究者の言葉を引用した「権威付け」もあるので、これでは一般の人々は素直に信用してしまうのではないでしょうか。

サプリの広告でいえば「優良誤認」を引き起こしてしまう怖れがあるのではないかと。

でも、もしここで「あなたの観測、あなたの意識によって、現実は創られるのです・・・知らんけど」と “謙虚” に書いてしまうとメッセージが刺さりにくくなるでしょうね(笑)

“謙虚” だと「量子論+引き寄せ系」の書籍やコンテンツやセミナーは売れないのです。

でも本当は「・・・知らんけど」「・・・多くの研究者の中で合意された確定論はまだ出ていません」としっかり説明しておくのが科学的に誠実な態度というもの。

スピリチュアル量子論に対する私の「違和感」は、こういうところから来ています。

「なんだかハッキリ言っちゃってますけど、それホンマにホンマにホンマに正しいんですか?」と。

もし「スピリチュアル量子論」に都合の良い言説だけでなく、例えばノーベル物理学賞のリチャード・ファインマンの以下の言葉なども引用すればフェアでしょう。

「もしも量子力学を理解できたと思ったならば、それは量子力学を理解できていない証拠だ」
 

「『こんなことがあっていいのか?』と考え続けるのはやめなさい―やめられるのならば。その問いへの答えは、誰も知らないのだから」

リチャード・ファインマン

あのアインシュタインも、

「この理論のことを考えていると、すばらしく頭の良い偏執症患者が、支離滅裂な考えを寄せ集めて作った妄想体型のように思われる」

アインシュタイン

という言葉を遺しているそうです。

ただ、当然ながらこれらの懐疑的な意見は「スピリチュアル量子論」の中には出てこない。

ちなみに、このアインシュタインの有名な「相対性理論」、今回の内容とは関係ありませんが、実は個人的に最近「相対性理論は本当は間違いだった」という言説を目にするようになってきたのです。

私のような科学ド素人は「相対性理論って絶対に正しいやつなんでしょ」となんとなく思ってきましたが、少し調べたところ、これもどうやらツッコミどころ満載のようなのです。

あの相対性理論ですら後世の科学者によって再検討されるわけですから、ましてまだまだ謎が多い量子論は、なおさら慎重でなくてはならないでしょう。

繰り返しになりますが、スピリチュアル量子論では「観測者=意識によって素粒子は現象化する」と主張しています。

しかし、致命的だと感じるのは、その「意識」とは何かというのは、物理学的にハッキリした定義はないのです。

そりゃそうですよね、「意識は目に見えない=観測できない」のだから。

その「観測できない意識」による “観測” とは、ちょっとなに言ってるかわからないんですけど???

さっぱりわからん・・・

誰か本当のことを教えてくれよ!!

でも、一流だと言われている物理学者にもわからんらしい。

「現在、物理学はまたしても滅茶苦茶だ。ともかくわたしには難し過ぎて、自分が映画の喜劇役者かなにかで、物理学のことなど聞いたこともないというのならよかったのにと思う」

ヴォルフガング・パウリ

「パウリの排他原理」で有名なパウリ先生でもわからへんの???

「スピリチュアル量子論」の後半が

・「肯定的な言葉を唱えよう」
・「感謝日記をつけよう」
・「1日1000回ありがとうを言おう」
・「祈りを習慣にしよう」
・「あなたには生まれた意味がある」
・「お金意識に目覚める呼吸法」
・「あなたは愛であり光です」

と完全にスピってしまうのは、そもそもスピリチュアル量子論の理論的論拠が曖昧だからではないか、と私は思っています。

なので、スピリチュアル業界で有名な小林正観さんにちなんで、スピリチュアル量子論のことを

「科学的なふりかけを少しだけかけた、小林正観スピリチュアル」

と理解すれば、私の中で違和感は消えます。

「これ、科学っぽい衣装をまとった小林正観やん!」って最初から踏んでおけば、大きくは外れない。

なんだか科学的っぽく言ってるけど、結局『ありがとうの魔法』ってことね。

じゃあ正観さんを読めば済む話じゃねーか。

(なお、私は何年も前から「無料メルマガ」の登録特典『おすすめ本』の中で小林正観さんをおすすめしています)

もちろん「『科学』という地球世界で最も権威ある印籠」を見せられなければ信じることができない人もいるでしょうから、そういう人向けの「きっかけ」としてスピリチュアル量子論は有効なのだと思います。

でも、これも素朴な考えだけども、

・「意識(心)」が現実を創っている

 

・「意識(心)」が変われば、現実は変わる

これらは別に科学が難しく説明しなくても、私たちの日常的体験や常識的感覚として、本当は知っていることではありませんか?

それとも「科学のお墨付き」がなければ信じられないほど、「常識」は揺らいでいるのでしょうか?

「目に見えない世界」が存在していることは、もちろん厳密なことはわからないけど、感性としては誰に教えられなくとも知っているはず。

もうすぐお盆の季節だけど、多くの人はご先祖さまの霊魂の存在を信じて、墓参りに行くでしょ?

科学的にご先祖の霊魂の存在が証明されましたか?

そんな「良識」が揺らいでいるからこそ、「スピリチュアル量子論」が流行しているのかもしれません。

ま、その量子論自身、本当に信頼に足りるかどうかは慎重に考えるべきですけど。

いずれにしても、スピリチュアル量子論は「あくまで現段階では仮説に過ぎない」と理解した上で、冷静に接していくことが大切だと思います。

「科学的に証明されていないスピリチュアルは信じない!」という人が、「科学的に証明されているっぽいスピリチュアル量子論」からスピリチュアルを信じるようになるとしたら、上記の理由から、その人は本当に科学的精神、合理的精神の持ち主なんだろうか?

という疑問を私なら抱いてしまいますが、あなたはいかがでしょうか。

******************

週に1回、メールマガジンを発行しています。

無料メルマガに登録いただいた方には、「ブログでは話しにくい内容」だけでなく

 

・「波動の良い本」のご紹介(約12,000字)

・「波動を高めるモノ・コト」のご紹介(約17,000字)

・「波動を高める食事」のご紹介(約21,000字)

・「グループヒーリング」を受けられる権利(週1回)

・キャンペーンや、無料 or 格安モニターを先行でご案内

というボリューム多めのプレゼントがあるので、ご希望であれば以下からご登録ください(解除はカンタンにできますのでご安心を)

※最近、メルマガが迷惑メールに入ったり届かなったりすることがあるので、その対策として【LINE公式アカウント】でも購読できるようにしています。

※iCloud系とHotmail系のアドレスは届かないようです

【メルマガ】【LINE公式アカウント】か、お好きな方をご選択ください。

(ただしLINEは情報漏えいのハイリスクが指摘されているため「サブ扱い」で、なるべくならメールでのご登録をおすすめしています)

※「iCloud系」「Hotmail系」のアドレスは高確率でメルマガをブロックしますのでご注意ください

ちゃんと登録できていれば、自動返信メールが届きます。

無料メルマガ 登録フォーム

【LINE公式アカウント】はスマホから以下を指でタップし、確認ボタンを押すだけで登録完了です。

友だち追加

またLINEの「お友だち追加機能」からQRコードを読み込んで登録することもできます。